<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『極寒 マイナス30度 以下とは?』防寒対策は?


d0112928_07522142.jpg
寒いです。極寒の気温になってます!ヤムナスカガイド 本山 です。
ここホワイトホースは、極北エリアになり、まぁーカナダでも寒い方になりますが、ずっと極寒なわけではありません。
非常に気温差が激しく寒気が入ってくるかどうかで、かなり気温差があります。
d0112928_08052561.jpg
これがこの日の天気予報、寒いですな・・・・しかしブログを書いているこの数日後の現在はマイナス2度、ポカポカに感じます。
皆さんが訪れる時も、おおよそマイナス5度程度からマイナス30度以下程度までの気温になることが想定されます。
おおむねマイナス15度程度が一般的な気温かと思います。

スマホで見てみると、、、、
極寒!まさしくその表現がふさわしい
d0112928_08111364.jpg
まさしく極寒という表現がぴったり
ユーコン人には、この極寒というのは、マイナス30度を境に使われる言葉です。

すべてが凍てつく気温!
d0112928_09152461.jpg
日本の感覚で例えるなら、マイナス30度程度は、大雨が来たような感じでしょうか?
遊園地に行こうと思っていたが、予定を変更した、草野球やる予定だったが間違いなく中止になる、通勤は、まぁー交通機関に問題はないが路線によっては多少の遅れがでる、などという感じでしょう。


これがマイナス35度より下回ってくると、かなりのサイズの台風が来て、学校が休みになる、交通機関にもかなり影響が出るなどという緊急レベルになってきます。

どんな感じかというと『痛い』です。

よく耳にする『私は寒いのが苦手だから・・・・』という言葉!なにをおっしゃる!まぁー、ホワイトホース程度の寒さになると『得意な人などいるわけもなく、準備しないと誰でも寒い』気温になります。実際、家の中はすべてセントラルヒーティングなので20度前後、むしろ日本の家よりも暖かいといえるでしょう。

さーーて、そんなマイナス30度に10分以上いる外出をする場合、いったいどんな格好で出かければいいのでしょうか?

以下がこの日の私の服装(下着のパンツ、靴下は除くすべてです。)
d0112928_08224981.jpg
ニット帽子(必ず耳まで隠れるもの、場合によっては二重でもいいです。)
ネックウォーマー(目だし帽子もいいですよ)
ウールTシャツ(肌につくものは綿は避けましょう、微妙な汗などで
ウールの長袖
中厚のフリース
薄手のダウンジャケット
厚手の化繊の綿入りジャケット(厚手のダウンが理想的)
ウールの股引
普通のズボン
綿入りの登山用パンツ(右上の黒パンツ)
薄手のウールの手袋
厚手の手袋(ミットは非常にお勧めです。)
*ウールの靴下(写真には写っていません、これも綿は避けたいです。)

になります。

そして重要なのは、ブーツ!
d0112928_08301468.jpg
これはソレルのいうメーカーのグレイシャーというタイプ、対応温度はマイナス70度!
この手のブーツには色々種類がありますが、最低でもマイナス50度対応のベアーというタイプがお勧めです。
はっきり言って、重く、歩きにくいです!歩きやすさを求めている気温ではないということですね。

日本ではグレイシャーは、登山専門店などの行かないと売っているのをあまり見かけたことがありませんね・・・

中にはかなり厚めのフェルトが入っています。これが非常に重要なポイントですね。
このフェルトの厚さが暖かさにつながっていきます。
d0112928_08454172.jpg

よく日本からブーツを持って来られる方で見かけるのが、マイナス30度程度まで対応のブーツ
d0112928_08405389.jpg
こんな感じのタイプですね。
これでもマイナス30度対応ですが、マイナス30度でこのブーツは30分程度外にいると足先など寒くなってくるでしょう。
特にオーロラ鑑賞の場合は、『動かない』ので、その実際の気温よりも低い気温に対応しているブーツがお勧めです。
このブーツでマイナス30度の場合は、車でちょっと出かける、すぐに戻るとわかっている用事の場合には私もマイナス30度でも利用することがありますが、マイナス30度で長く外にいる場合は歯が立たなくなってくることでしょう。私も何度も痛い思いしています。

ツアーに参加される方は、レンタル防寒具が必ずありますので、私としては、レンタルされることをお勧めします。
ヤムナスカのレンタル情報はこちらより

さーて、マイナス30度の世界にこれらを装着して飛び出してみましょう。
d0112928_08482766.jpg
かなりモコモコです。自分でも少し太ったかなと思うような写真(実際に少し太った)。そうそう!やはりフード付きのジャケットは私は好きですし、非常に役に立ちますよ、フードを被るとかなり違います。露出しているのは、顔の一部のみです。

d0112928_08571050.jpg
極寒の世界では、露出はこのように顔の一部だけにしたいものです、してはいけないことに、素手で金属を触ることが上げられます。
代表的なのは、ドアノブ!これを素手で触ると、氷を触ったときのように『ぺタ』っと手に張り付くのがわかります、本当にひどいときは皮がむける、軽いやけどのようになるなど困ったものです。ドアノブは必ず手袋で触りましょう!ということで私も厚手の手袋の下に薄手の手袋をしています。これは、厚手の手袋では細かい操作がしにくい場合に非常に重宝します。


キーンの張り詰める澄んだ空気、白銀の世界は格別です。
d0112928_08593666.jpg
木々の先端まで空気中のすべてが凍っていきます。

d0112928_09042309.jpg
なかなか美しいですね、是非カメラを持って楽しんでください。

d0112928_09065673.jpg
自然美だけでなく、普段ではなかなか観ることのできない景色

d0112928_09082172.jpg
これはパーキングメーター

d0112928_09184111.jpg
ロバート・サービスという詩人の銅像も凍てついてますねぇー

d0112928_09200664.jpg
そして私も凍てついてます。散歩に出て一時間程度、さすがにかなり防寒したので、あまり寒くは感じませんでした、が、ちょっと手袋を取ってカメラなどいじると、ひぇー、冷たい、というか痛い、、、足元も極寒対応ブーツのおかげで終始ポカポカでした。私はまつ毛がほとんどないので凍らないのですが、女の方などは、フェイスマスクから漏れてくる自分の息の上記が瞬間に凍りまつ毛が真っ白になります。

d0112928_09261895.jpg
ホワイトホースのダウンタウンから少し足を伸ばすと極北の原生林が凍てつく中でしっかり生きています。
しかしよくこの気温で生きていられるものですね。いつも圧倒されます。

ということで、しっかり準備すればマイナス30度以下でも問題はありません。

マイナス30度になると、バナナで釘は打てるし、濡れタオルはすぐに凍る、、まだまだ面白話はあるのですが、今日はこの辺で、

しかし、暖かい家に入ると、やはりほっとするのもです。

皆さんがお越しになるときはいったい気温は何度になるでしょうか?

ヤムナスカガイド 本山 でした。

ヤムナスカのツアーはこちらより


by ymtours | 2016-12-28 08:33 | ホワイトホース情報 住む | Comments(0)

Shinetsu Trail Tour 2016 Oct 13 to Oct 23 [Part 4]

++Back to Part 3!!++
d0112928_07580962.jpg

It is our last day on the Shinetsu Trail. It is very sad to leave this place,,,.
d0112928_07571173.jpg

The art of the color

d0112928_07571581.jpg

Walking through the tunnel

d0112928_07575803.jpg

No editing this one,,, It is so colorful

d0112928_07580431.jpg

Cool spot for a break

d0112928_07573920.jpg

No word needed,,

d0112928_07572383.jpg

Lookout points along the way

d0112928_07571944.jpg

Our lunch spot. Not too bad!

d0112928_07574437.jpg

We have bear in the mountains. Yes, bear. No surprise for Canadian hikers eh?

d0112928_07565726.jpg

The last climb to the end of the trail

d0112928_08053191.jpg
Happy faces!

d0112928_07570239.jpg
Good job friends!

d0112928_07570783.jpg
We celebrate our accomplishment!

d0112928_07583302.jpg
We enjoyed the trip! and Sake!


d0112928_09101333.jpg

A certificate for the accomplishment of walking through the trail! Well done!
d0112928_01492191.jpg

Before catching a bullet train to Tokyo, we made a stop at farmer's market

d0112928_01495587.jpg

There, we had a wonderful breakfast.

d0112928_01524514.jpg

Next day, our guests made their way to the Airport to catch a flight to their
home.. Thank you very much everyone! Hope you had a wonderful time in

ヤムナスカ・ガイド / 篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)ガイドプロフィールはこちらから
Yamnuska Guide / HIROAKI SHINOZAKIGuide Profile Click Here

信越トレイル特別ウェブサイトはこちらから
Special website of the Shinetsu Trail Tour Click Here

by ymtours | 2016-12-21 09:06 | 日本の山旅 | Comments(0)

Shinetsu Trail Tour 2016 Oct 13 to Oct 23 [Part 3]

++Back to Part 2!!++
d0112928_7131763.jpg


Here are 2 more parts of Shinetsu Trail, having a rest day in between for meeting famous snow monkeys. One of the highlights of the tour is to stay in Nozawa Onsen Village, a village that is renowned for its hotsprings. It is such a unique place, in this village, you are able to walk outside in Yukata for shopping, eating at one of food stalls along the narrow street, often covered with the steam from hotsprings water running through town's drainage.

d0112928_7132760.jpg

Ooyu, one of public baths you can enjoy in Nozawa Village.

d0112928_7133424.jpg

Yamnuska in Japan!

d0112928_7133612.jpg

Green tea pot.

d0112928_7134532.jpg

Amazing dinner with happy folks.

d0112928_7134761.jpg

Yeah, it is your holiday,

d0112928_7135097.jpg

A must visit place, snow monkey park in Nagano.

d0112928_7142691.jpg

A good mix of evergreen leaves and deciduous leaves.

d0112928_7141544.jpg

A biiiig leaf of magnolia.

d0112928_714068.jpg

Stunning

d0112928_7134232.jpg

Sign post

d0112928_7131991.jpg

A little spot for a break

d0112928_7132455.jpg

We enjoy lunch along the trail

d0112928_714269.jpg

We were lucky to be able to see local's harvesting rice.

d0112928_7141120.jpg

Fresh vegetables, meat, seafood. Can you ask more?


by ymtours | 2016-12-21 08:33 | 日本の山旅 | Comments(0)

Shinetsu Trail Tour 2016 Oct 13 to Oct 23 [Part 2]

++ Back to Part 1 ++
d0112928_4331910.jpg

Game time! Staring our journey from Mt.Madarao, the highest point of Shinetsu Trail.

d0112928_4332766.jpg

Mountains in Silhouette

d0112928_433218.jpg

Yama-san, our local guide provides a level of local knowledge and gives additional flexibility and ensures safety on the trail.

d0112928_4331532.jpg

My favorite tree.

d0112928_433453.jpg

Kaiseki meal, a first class Japanese course meal

d0112928_4334814.jpg

I am so happy to see everyone came to dinner in a traditional bath robe, Yukata.

d0112928_4335293.jpg

You look great!

d0112928_4335111.jpg

Walking across vegetable farms,

d0112928_4335863.jpg

Walking through a mountain village

d0112928_4342233.jpg

Stretch your legs

d0112928_434922.jpg

Listen to your guide at all times,,,

d0112928_4343362.jpg

Not a bad ad of our company.

d0112928_4344812.jpg

Gorgeous beech forest

d0112928_4393294.jpg

On the way to our overnight accommodation.


by ymtours | 2016-12-21 08:23 | 日本の山旅 | Comments(0)

Shinetsu Trail Tour 2016 Oct 13 to Oct 23 [Part 1]

d0112928_3483025.jpg


Shinetsu Trail Tour in 2016 was very successful again! Same as last year's, Everyone walked through the entire trail over 5 days, experienced local culture in the area, enjoyed meeting with people in Japan.
Some of the guests had been to Japan before but never been to these places we'd visit during the tour. I personally love this trip, not only to enjoy the adventure, but sharing and learning new things about my own country with the guests.
We always do the best to offer the guests the opportunity of the cultural experience on top of hiking experience to make this tour unique and special.
Hope to have more hikers from North America joining our Japan tour in the future.

Please enjoy it!

d0112928_348937.jpg

We took a train from Shinjuku to Mt.Takao for hike.

d0112928_3482013.jpg

The trail is well-maintained and signed, and we noticed how clean the trail was. Basically no trash on the trail that welcome hundreds of hikers everyday. Later in our hike, we found it out why it is kept so clean because there are hikers voluntarily clean the trail as they hike!

d0112928_3482766.jpg

We had to do it,,.

d0112928_3484262.jpg

Omikuji, an Oracle. How lucky today are you?

d0112928_3484882.jpg

Eto, Japanese Zodiac. 2015 is the year of the sheep in Japanese Zodiac.

d0112928_3485675.jpg

Dango, Japanese dumpling and sweet.

d0112928_349396.jpg

I took them to Sushi Train in Shinjuku. It was a whole new experience for everyone!

d0112928_3494262.jpg

I wore a hut, a big hut with Canada flag on it so everyone can see me in a commute rush in Tokyo,,.

d0112928_3491033.jpg

Next day, headed to Nagano.

d0112928_3491467.jpg

The main street that leads you to the main temple, Zenkoji, Nagano.

d0112928_349501.jpg

Mitaraiba, a place to purify your body and mind.

d0112928_3492123.jpg

Impressive building.

d0112928_3493736.jpg

Soba noodle shop! and beer of course!

d0112928_3492910.jpg

Washi, a Japanese paper making session at Morinoie.


by ymtours | 2016-12-21 07:38 | 日本の山旅 | Comments(0)

カナダ旅行者へお知らせ - 「カナダの渡航には eTA(電子渡航認証)」




2016年9月30日から、カナダ渡航の際に空路をご利用の場合、全ての渡航者に義務づけとなりましたeTA(電子渡航認証)の最新情報をご案内いたします。
日本語の解説ページも公式に公開されましたのでこちらをご覧下さい。

現在日本語案内のPDFファイルもあり、以前よりも理解しやすくなりました。
時間も15分ほどで終了し、即日発行されるとのことを確かめるために私たちは実際に申請してみました。
結果、申請画面自体は「英語」のままなので、日本語の案内を照らし合わせながら記入する必要がございます。

そこで、当社スタッフが政府公式サイトだけでは分かりづらい点もありますので、
カナダの渡航にたいしてハードルがあがらないように、少しでも申請のお手伝いができたらという想いでご案内しました。

■ eTA(電子渡航認証)の申請方法⇒ここをクリック

皆さん、カナダで素晴らしいご旅行になることを心から願っております!

ヤムナスカマウンテンツアーズ スタッフ一同より

by ymtours | 2016-12-17 01:39 | お知らせ | Comments(0)