<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

女友達4人旅・レイクオハラハイキング 【14.09.12】

d0112928_104283.jpg


ヤムナスカガイドの棚川です。
本日は関西からお越しの仲良し旅仲間4名様を、雪の散らつくレイクオハラへご案内しました。

この時期には異例の大雪がバンフ~カルガリーエリアに降った翌日のハイキングでした。
ところどころトレイルは凍っており、ゆっくり慎重に本日の目的地「レイクマッカーサー」を目指します。

d0112928_1041696.jpg

待っていたのはこの景色!湖の青と白い雪の神秘的な世界。

d0112928_1043078.jpg

幸いにも風がほとんどなく、湖を見下ろす展望地でランチとなりました。みなさん関西の方らしくお話しが面白く、止まらないです!
d0112928_1044326.jpg

登山者が作った雪だるまとつららの作品。
d0112928_1045668.jpg

まさに冬山を歩いている気分でした。みなさん足取りは軽快です。

d0112928_1051050.jpg

雪の上をざくざく歩いて、つららをかじってみたり、凍ってきらめくカラマツの木を眺めたり。
貴重な体験をしました。

d0112928_1052266.jpg

大雪あってこその、素晴らしい景色を見て頂くことができました。
寒さにも負けず、すべてプラスに変える、たくましい4人組!この後の旅程も全て自分たちで組んでいるそう、楽しんで行って下さい!



ヤムナスカ・ガイド棚川 幸子 (たながわ ゆきこ)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-24 00:09 | グループの山旅 | Comments(0)

大塚様 秋のユーコン・キャンプツアー 【14.09.02】

d0112928_1864573.jpg


ヤムナスカ・ガイドの小泉です。
ユーコン大好きの大塚様グループを秋のキャンプツアーへご案内いたしました。
大塚様はじめ、今尾様、島袋様、大城様は、原生の大自然が広がるユーコンに魅了され、
何度もユーコンを訪れているリピーターの皆様です。
そこに昨年、エスプラナーデで知り合った小口様が加わり、今年からグループは5名体制に。
初めてのVANキャンプでトゥームストーン準州立公園を満喫しました。

d0112928_1963840.jpg

山には雪が降り積もり、冬がすぐそこまで来ているようです。赤いツンドラ紅葉はピークが過ぎていましたが、連日天気もよく、トゥームストーンの山々もバッチリでした。

d0112928_18262142.jpg

ユーコンらしい雄大な広がりのある風景とツンドラ紅葉で有名な公園です。
公園内のキャンプ場を拠点に毎日さまざまなハイキングトレイルを楽しみます。

d0112928_18484159.jpg

初日はトゥームストーンの谷を望みながら、定番のゴールデンサイズを歩く。

d0112928_18502859.jpg

毎日、早めにキャンプ場へ戻り、のんびりと・・・至福の時間です。

d0112928_18532227.jpg

キャンプ料理は手分けして皆で作ります。今日の出来栄えは?

d0112928_18541156.jpg

サーモンの炊き込みご飯と石狩汁。サーモン尽くしのディナーです。

d0112928_185571.jpg

夜には天空を彩るオーロラも出現。氷点下に下がる寒さの中、オーロラ鑑賞を楽しみました。

d0112928_18575414.jpg

漆黒の闇の中、オーロラのカーテンがひらひらと揺れていました。感動。

d0112928_18584782.jpg

カリブーの群れにも遭遇!目の前を走り去り、一瞬の出来事でした。

d0112928_1904322.jpg

北極圏へ通じるデンプスター・ハイウェイでの一コマ。いつかは行きたいイヌビック!

d0112928_1922815.jpg

道のないツンドラの大地を踏みしめながら、オフトレイルのハイキングを楽しみました。

d0112928_1934190.jpg

頂上からは360度の大パノラマが広がります。

d0112928_1965516.jpg

最終日はグリズリー・ビューポイントへ。
4年前のバックパッキングに参加した大塚様、今尾様、大城様にとっては、思い出の場所です。
その模様はこちら

d0112928_1993531.jpg

キャンプといえばバーベキュー。最終日は直火のBBQに舌鼓。大いに盛り上がりました。

皆様へ。
この度はまたまたユーコンへお越しくださいまして、誠にありがとうございました。
初めてのVANキャンプはいかがでしたか?
気温が低く少し寒かったですが、天気にも恵まれ、新しい楽しみ方を見つけていただけたかと思います。
来年、再来年までのプランも決まりましたね。
年一回の再会を楽しみに、お元気にお過ごしください。
またお会いしましょう!

ヤムナスカ・ガイド
小泉 優(こいずみ ゆう)
ガイドプロフィールはこちら

by ymtours | 2014-09-16 02:48 | グループの山旅 | Comments(4)

カナダ山岳ガイド協会公認ロックガイド試験

d0112928_1053463.jpg

ヤムナスカガイド谷です。

先週、ロックガイド試験が7日間バンフ、キャンモアであり、受験してきました。
前半は雪の降る転機でしたが、後半は晴天で7日間みっちり外に出て、
ロックガイドになるための資質と技術を試されます。

6月に受けたコースと違って教えてくれることはありません。
正に試験という形で試験官が受験生を評価していきます。

ちなみに冒頭の写真は世界を代表するクライマー、バリー.ブランチャードが僕の
試験官でした。彼とザイルをつなげるなんて、僕は幸せ者に違いありません。
ですが、これは試験…いまいち楽しめなかったのも事実です(苦笑)

d0112928_1145455.jpg

実際、試験官をお客さんとして実際の岩場でガイドします。
こんな最高のロケーションで試験ってホントありがたいです。

色々な評価の基準があり、そのどれか一つでも落とすと再試験か不合格になります。
400mを超える岩壁をガイドできる資格ですから、試験官も真剣です。

d0112928_11512959.jpg

結果は2週間後送られてきます。
それまで、気が気ではないですが、受かっていても、落ちていても
試験を受けることによって勉強できた自分がいて、きっとガイドとして成長させてもらったと
考えています。

ではまた2週間後、合否の発表で!!

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2014-09-15 10:34 | 「マウンテンガイド」への道 | Comments(0)

晴々サークル様御一行・ロッキー縦断の旅 【14.09.13】

d0112928_13572565.jpg


岡山の登山グループの有志で結成された"晴々サークル"の皆様8名を、棚川と平木がご案内させて頂きました。

9月13~18日 ロッキーを南北に縦断して、さまざまなハイキングを楽しみました。(ガイド・棚川)
9月19~21日 シャドウレイクロッジに滞在し、周辺のハイキングを楽しみました。(ガイド・平木)
”晴々サークル”の名の通り、素晴らしい山行になりました!

13日:カナダ到着初日はカルガリーからレイクルイーズへVANで移動。レイクルイーズ湖畔を散策しました。

14日:翌日からは、アイスフィールドパークウェイを北上し、ジャスパーを目指しました。
途中で「ボウサミットルックアウト」のハイキングへご案内。数日前の雪がトレイルにも残っており、景色も一段と綺麗でした。
d0112928_13575945.jpg

ボウレイクをバックにポーズ!みなさん決まってますね。

15日:ジャスパー到着翌日も歩きます!
この日は車を1時間ほど走らせ、Mount Robson Provincial Park へ。
d0112928_13582145.jpg

この通り、カナディアンロッキーの最高峰ロブソン山(3954m)もばっちり見えました!
ここでは、「キニーレイク」まで往復14kmのハイキングへ行きました。

16日:ジャスパー中日。この日はジャスパーの町からもひと際目立つ山、エディスキャベル山の山腹にあるエンジェル氷河を展望するハイキングへご案内。
d0112928_13583565.jpg

高低差520mもなんのその!このカナダ旅行のためにトレーニングしてきた甲斐がありますね。

d0112928_15275797.jpg

尾根上の展望地まで足を延ばし、みんなでエンジェルのポーズ!


17日:ジャスパーから再びバンフまで南下します。途中「パーカーリッジ」へハイキング。
d0112928_1358471.jpg

稜線上は風が強かったのですが、みんなで固まってランチタイム。この旅では自分たちでパン屋さんでパンを買ったり、スーパーで果物を量り売りで買ってみたり、食料調達もいい経験になりましたね。
d0112928_13585940.jpg

サスカチュワン氷河を一望して一枚。

18日:バンフに宿泊し、レイクルイーズ近くのモレーンレイクから「ラーチバレー」ハイキングへ。
d0112928_13591190.jpg

健脚のメンバー。全員でセンチネルパスまで無事到達!当日は小雨がふったり、風も強かったりですが、みなさん余裕のこの笑顔。

d0112928_9425247.jpg
20日:舞台はシャドーレイクロッジに移ります。快適なロッジで2泊しました。ロッジから見られる秀峰、Mt Ball (3311m)をバックに。
d0112928_9434594.jpg

21日:翌日の日帰りハイキングはマウントボール・アンフィシアターのハイキングを行いました。皆さん、後半になるにつれて益々調子が良くなっていきました。

d0112928_944166.jpg
22日:ツアーのハイライトの一つ、ツインレイクス・トレイルを使って縦走しました。ギボンパスのカラマツの黄葉もピークを迎えていました。
d0112928_9441844.jpg
ラーチバレーと勝負!のギボンパス周辺。
d0112928_9443145.jpg
ギボンパスの標識を囲んで絶好調の晴々サークルの皆さん

カナディアンロッキー縦断の旅。みなさんの力で素晴らしい山行になりました。私たちガイドもとても楽しい旅でした。
今回はヤムナスカをご利用頂き、ありがとうございました。
またロッキーで、ユーコンでお待ちしています!

ヤムナスカガイド
平木裕実子(ひらき ゆみこ)

棚川 幸子 (たながわ ゆきこ)
ガイドプロフィールはこちらから

**** 本日、グループのリーダー様からメッセージをいただきました。 ****

カナダでは今週の始めに積雪があり、美しい雪景色のカナディアンロッキーを各所で見ることができました。
しかも、晴々サークルが到着する日に合わせたように天気が回復したのはとてもラッキーでした。

初日はレイクルイーズに宿泊。Mt.テンプルと美しい湖に興奮しながら散策を楽しみました。

2日目はアイスフィールドパークウェイを北上し、次々に目に飛び込んでくる雄大な山々と美しい湖・
川を目の当たりにしてカナディアンロッキーの真っ只中にいることを実感することができました。
途中で雪道のボウ・サミット・ルックアウトハイキング。初冬の雰囲気を味わうことができました。
神秘的なボウレイク、氷河湖独特の青白く美しいペイトーレイク。シマリス、ジリス、ピカ、
マーモット、スノーシューヘアーにも次々に出会えました。カナダの自然の豊かさを感じ、
明日から始まる本格的なハイキングに胸が高鳴りました。 

3日目からはジャスパーを拠点にしてのハイキング。快晴に恵まれたため、キニーレイクハイキングを選択し、
マウント・ロブソン州立公園へのロングドライブ。カナディアンロッキー最高峰Mt.ロブソンの雄姿をはっきりと
目に焼き付けることができました。そして、風も無く鏡面のようなキニーレイクにホワイトホーンなどの山々が
映る光景に息をのみました。湖畔では美しい絵葉書や写真では感じられない、大自然に包み込まれたように
感じられる素敵な時間を過ごしました。 

4日目はキャベル・メドウズハイキング。ジャスパーの街から朝日に白く輝くMt.エディスキャベルを見ながら
車でトレイルヘッドへ。モレーンの岩上では日向ぼっこをしているのか、岩と同化したようなマーモットと
小さくて敏捷なピカに挨拶をした後、高度を上げながらエンジェル氷河を見る。氷河の姿が徐々に変化する度に
写真撮影。キャベル・メドウズを越えた尾根上の展望地の絶景に、子供のようにはしゃぎ、様々なポーズで
またまた写真を撮りまくっていました。 

5日目はアイスフィールドパークウェイを南下。途中でパーカー・リッジハイキング。尾根上での周囲の
山並みやサスカチュワン氷河も素晴らしかったのですが、個人的には、トレイル周辺に見られる石灰岩に興奮。
フズリナと思われる化石や網目状の様々な形をした正体不明の化石(古生代オルドビス紀の貝形虫と思われる)、
ゴカイのような生物が住み跡を残した化石。地元にある博物館に是非行きたいと思った瞬間でした。

6日目は小雨の中をラーチ・バレー&センチネル・パスハイキング。始めて見る黄葉したカラマツの群生と
その前のメドウ。配石された岩が自然にできた大規模な庭園のようでした。風の強いセンチネル・パスも
晴天続きの旅行にアクセントをつけてくれたように思われて楽しめました。持ってきた雨具が使えて喜ぶ人も。

7日目はレッドアース・クリーク・トレイルを通ってシャドウレイクロッジ入山。この日は小雨が降ったり
止んだりの繰り返し。雨の多かった入門講座での実習登山を思い出しました。山ではこのような天気が当たり前。
明日からの晴天とロッジでの生活に期待しながらのハイキングでした。

8日目はMt.ボールが間近に見えるU字谷(Mt.ボールアンフィシアター)までのハイキング。途中で急流の中に
素早く潜っては出てくるカワガラスを発見。また、ドンドンと木をつつきながら幹をらせん状に移動していく
黒いキツツキも発見。夕食はクイズで最も近い数値を当て、メインディッシュを真っ先に食べることができました。
昨日のリベンジを達成。夕食後は、星空ウオッチング。9時過ぎでもまだ薄明るく、10時頃から満天の星空となりました。
寒いが星空写真も撮ることができ大満足。

9日目はハイキング旅行の最終を飾るロングトレイル。2泊分の重い荷物をかつぎ、ロッジからギボンパスを越え、
ツインレイク、アーニカレイク、ビスタレイクを通過し、93号線に出るアップダウンのある13.9km。
レジェンドガイド平木さんが絶妙のタイミングでレクチャー休憩、体力に合ったペース配分のおかげで8名全員が
完歩できました。カラマツの黄葉はラーチ・バレー以上との声もありました。国道の駐車場に出るとヤムナスカ代表の
難波さんがビールで迎えてくれるというサプライズ。普段はお酒を飲まないメンバーまでもが一気に
のどをうるおすことができました。うまい!

最終日には更に2つのサプライズがありました。カナダ出国の朝、ホテルまで平木さんが見送りに来てくださったこと、
会えないとあきらめていた栗原純子さんとキャンモアでお話ができたことです。心残りは窓越しでも握手すればよかったと
後悔していることです。どんなカナダ旅行になるのか分かりませんが是非再訪したいと思っています。
その際はよろしくお願いいたします

今回の旅行では、計画で期待していた何倍もの喜びを晴々サークルに与えてくれました。
初々しいガイドの棚川幸子さん、ベテランの平木裕実子さん、違った持ち味で旅に変化を加味してくれたと思っています。
9ヶ月前から、我々の旅行計画の要望や変更に丁寧に答えてくださった栗原さんには本当に感謝しています。

スーパーやベーカリーでの購入も街の住人に加えていただいたようで楽しかったです。出国前夜には、わざわざバンフの
スーパーで様々な買い物をしたメンバーも。夕食は各国の名物料理を食べることができ、グルメ旅に来たようで
おおむね好評でした。驚いたことはメインディッシュの選択で必ずビーフを選択し、しかもほぼ完食していたことです。


by ymtours | 2014-09-13 03:16 | グループの山旅(特選) | Comments(0)

巽様 レイクオハラ+グラッシーレイクス・ハイキング【2014.9.9/10】

d0112928_14002.jpg

前日から降り続いた雪が、レイクオハラをより一層幻想的な世界にしてくれました。
ヤムナスカガイドの川嶋です。
この度は東京からお越しの巽様ご夫妻を2日間に渡って、レイクオハラとグラッシーレイクスにご案内させて頂きました。カナディアンロッキーの秋は時折雪が降る事もありますが、今回は結構雪が積もり、深い所では30cm程積もりました。巽様もこの雪の量は想像されていなかったそうですが、とても貴重な体験ができ雪景色の中をハイキングできることをとても楽しまれているご様子でした。

d0112928_140407.jpg

針葉樹林に付いた雪と氷河湖のコントラストがとても奇麗でした。

d0112928_141852.jpg

レイクオハラはハイカーの人数制限をしているので、とても静かに自然の音を聞きながらハイキングをする事ができます。
五感を活かし、自然からのメッセージを受けとめます。

d0112928_148214.jpg

レイクマッカーサーに到着!周りには誰もいません。何度来ても心が癒される場所ですね。

d0112928_1415854.jpg

2日目は更に雪が降っていたので、道路状況やコースコンディションを考慮してクラッシーレイクスへ。
まるで冬期登山のようですが、雪はドライで軽く思っていたより歩きやすかったです。巽さんも雪の中のグラッシーレイクスへのハイキング頑張りましたね!

d0112928_1422726.jpg

グラッシーレイクスに到着!

d0112928_1425188.jpg

この時期にこれだけの雪の中を歩く事はとても貴重な体験でしたね。

d0112928_143221.jpg

最後は美味しいおにぎり弁当。雪景色の中で食べるおにぎりの味はいかがでしたか?
この度は色々な天候を体験する事になりましたが、巽さんにとって貴重なカナディアンロッキーでの体験になって頂けたら幸いです。
次回は快晴のカナディアンロッキーもご案内させて頂きますね。

ヤムナスカ・ガイド川嶋 亮 (かわしま りょう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-12 15:03 | ふたりの山旅 | Comments(0)

武田様 レイクオハラ・ハイキング【2014.9.8】

ヤムナスカガイドの川嶋です。
この度は愛知県からお越しの武田様ファミリーをレイクオハラ・エリアのハイキングにご案内させて頂きました。
レイクオハラ周辺にはたくさんのハイキングコースがありますが、今回お選び頂いたのはレイクマッカーサーへ行くコース。朝から冷たい雨が降っていましたが、皆様防寒具もばっちりで雨なんかへっちゃらです。気持ちの良い森林浴をしながらいざレイクマッカーサーへ!

d0112928_1482392.jpg

見えました!この天候の中、霧で見えない可能性もありましたがレイクマッカーサーは私たちを迎えてくれました。歩いて行った人にしかわからない素晴らしい風景が目の前に広がり、自然と笑みがこぼれます。

d0112928_1485785.jpg

午後からは雪も降ってきました。サマースノーに感動です!

d0112928_1494262.jpg


d0112928_14101815.jpg

バスが出発するまでレイクオハラロッジでアフタヌーンティー。

d0112928_14104851.jpg

冷えた体に染み渡る温かい紅茶は最高ですね!

d0112928_14112135.jpg

気付くと外はもう冬景色。紅茶を飲みながらとても幻想的な雰囲気に浸る事ができました。

武田様、この度はヤムナスカのツアーに参加して頂きましてありがとうございました。カナダにはまだまだたくさんのハイキングコースがありますので、是非また皆様でお越しください。
その時はまた素晴らしいコースをご案内させて頂きます!

ヤムナスカ・ガイド川嶋 亮 (かわしま りょう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-11 21:38 | 家族の山旅 | Comments(2)

佐藤様、八田様、中村様 6名様 ユーコン フィッシュレイク ハイキング【14.09.10】

d0112928_12435979.jpg

ヤムナスカガイド 本山 です。

今回は、ユーコンにオーロラの旅に来られた皆様をユーコンの高山ツンドラ帯の定番ハイキング、フィッシュレイクにご案内してきました。

オーロラの旅の中に、大自然ユーコンを感じるハイキングの行程を追加された皆様!
ここは、秋のホワイトホースに来たらハイキングしたい場所、
最高の展望とツンドラ紅葉を楽しみました。

d0112928_1246722.jpg

ホワイトホース近郊の森林限界線は、なんと1200m程度!
すぐにアルパインエリア(森林限界以上)に出ることができ、素晴らしい景観を得ることができます。

d0112928_1247266.jpg

赤い紅葉の中を歩きます。
笑顔が自然にこぼれてしまいます。

d0112928_1247397.jpg

本当に、自然に記念撮影したくなりますね。

d0112928_1248913.jpg

赤のツンドラ紅葉の主役は、北極カバ!

d0112928_12484292.jpg

ハネムーンの八田様は、前日に参加を決意!
私がいいところなので、無理やりお連れました。それほどガイドとしてもお連れしたい場所です。

d0112928_12493050.jpg

佐藤様ご夫妻も、ご主人は久しぶりのハイキングということでしたが、軽くこなされていました。

d0112928_12502448.jpg

尾根歩きを満喫し、反対側が見えてくると、うっとりの!これぞユーコンというツンドラ風景
佐藤様奥様は植物にも詳しく、私もいろいろと勉強させていただきました。

d0112928_12512026.jpg

中村様は、なんと私が以前ガイドさせていただいたことがあるお客様!
7年ぶりの再会でした。

d0112928_1252066.jpg

新婚さんも、楽しんでいただけたようで、なによりでございます。
素敵な思い出になればと思います。末永くお幸せに!

d0112928_12534837.jpg

素晴らしい風景と、楽しい旅での出会い、笑顔と笑い声が絶えない一日でした。

d0112928_1372100.jpg

オーロラの旅とは言え、大自然があるユーコン、まだまだ日本では知られざる存在ですが、ヤムナスカガイドにお任せください。

その魅力をしっかりとお伝えいたします。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-11 12:55 | オーロラの旅 | Comments(0)

森田様 レイクオハラ + エメラルドレイク・ハイキング 【2014.9.4/5】

d0112928_7253548.jpg

ヤムナスカガイドの川嶋です。
この度は東京からお越しの森田様ご夫妻を2日間に渡ってレイクオハラとエメラルドレイクにご案内させて頂きました。今回なんとお二人は新婚旅行でカナディアンロッキーにお越し頂きました。9月に入り秋の気配を感じさせる季節になってきましたが、まだまだハイキングをするのにはとても良い季節です。
ロッキーでも特に神秘的なレイクオハラエリア、それに氷河湖が美しエメラルドレイク、お二人にとって思い出に残る素敵な新婚旅行になって頂けたら幸いです。

d0112928_7272773.jpg

ピカ(ナキウサギ)もチューチューとお二人を祝福してくれました。 雄介さんも初めてナキウサギが見れて感動!

d0112928_728631.jpg

標高を上げて、谷の奥に進んで行くとそこにはレイクマッカーサーがあります。人が少なく静粛な雰囲気の中この景色を独り占めすることができます。

d0112928_72979.jpg

Very Nice Couple001.gif

d0112928_7284394.jpg

たくさん思い出の写真が撮れましたね。

d0112928_736614.jpg

マーモットもひょっこり現れ、

d0112928_7365840.jpg

グレイジェイも現れ、色んな動物や鳥が祝福してくれました。

d0112928_7383161.jpg



d0112928_739181.jpg

2日目はお二人のご希望をお聞きして、数あるロッキーのハイキングエリアからエメラルドレイクにご案内。
森田さんはバージェス頁岩(約5億年前(古生代カンブリア紀)の海棲動物群の化石)にもご興味があり、Mt.バージェスや発掘現場もパネルを使ってご案内させて頂きました。

d0112928_742596.jpg

ゴゼンタチバナも実になり秋の訪れを感じさせます。

d0112928_7425947.jpg

美しい森を抜けて行くと、、

d0112928_7451289.jpg

エメラルドベースンに到着です! ここでは雄大の景色の中プレジデント山と氷河、滝に囲まれながら至福のお昼寝をしました。

森田様、この度はヤムナスカのツアーをお選び頂きましてありがとうございました。カナダは本当にたくさんの素晴らしいハイキングエリアがありますので、是非またお二人またはご家族でお越しください。トレールランニングやトライアスロンの参加もいいかもしれませんよ!
この度はありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド川嶋 亮 (かわしま りょう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-08 09:13 | ふたりの山旅 | Comments(0)

寺谷ファミリー御一行秋のユーコンハイキング 【2014.09.08】

こんにちはヤムナスカガイドの堀口です。


去年もユーコンに来てとても気に入っていただき、今年も是非ということで寺谷様御一行をトゥームストーン準州立公園にてキャンプの旅にご案内させていただきました。

旅の初日はホワイトホースから約300Kmほど離れたムースクリークのロッジにて一泊。


d0112928_8202420.jpg

ユーコンらしいラスティックな雰囲気がいいムースクリークロッジ


d0112928_8224896.jpg

この日はオーロラは出現しませんでした




2日目

ムースクリークからトゥームストーン準州立公園のキャンプ場へ移動しその後はゴールデンサイズハイキングへ。


d0112928_8251554.jpg

どこまでも続くツンドラ地帯


d0112928_8284354.jpg

キャンプに帰ってから夕食の支度
まき割りは大事な仕事です
いいフォームですねー!腰が入っています!


d0112928_8301019.jpg

のんびりとした時間を過ごします




3日目

この日はグリズリークリークへ一日ハイキング。
天気も良く気持ちいい日でしたね。


d0112928_832629.jpg

雪を被った頂きと視界いっぱいに広がるツンドラ紅葉


d0112928_8413417.jpg

この日の夜も昨晩に引き続きオーロラが出現!
バッチリ撮れましたー!




4日目

この日はエンジェルコームのピークを目指すオフトレイルハイキング。


d0112928_8362289.jpg

尾根を歩きピークを目指します


d0112928_838458.jpg

見事サミット!
もしかすると日本人初登頂??だったりして


d0112928_8394175.jpg

この日はキャンプ最終日
やっと慣れてきた生活もこの日が最後
バーベキュー料理で乾杯!



5日目

この日はキャンプを撤収してドーソンシティーへの移動日。
19世紀末にゴールドラッシュがあった町です。



d0112928_8474252.jpg

ボナンザクリークで砂金採り体験
残念ながら金脈は見つからず



6日目
ドーソンシティーから西へと続くトップオブザハイウェーのオフトレイルハイキング。


d0112928_8493176.jpg

フカフカのツンドラのオフトレイルを歩いているとなんとカリブー(トナカイ)の角発見!


d0112928_851472.jpg

ブルーベリーを積みながら歩けます


d0112928_8522572.jpg

これだけでは物足りずなんとアメリカ、アラスカ州との国境まで来ちゃいました



6日目
楽しかった日々もこの日が最終日。
ドーソンシティーからホワイトホースまでの約500㎞の道のりを一日かけて戻ります。


d0112928_8541927.jpg

ランチタイムはアスペンの紅葉が真っ盛り


d0112928_8552794.jpg

ハクトウワシが見送りに来てくれました




本当に仲の良いご家族で私も楽しくガイドさせていただきました!
また、是非遊びにいらしてくださいね!
今回もヤムナスカをご利用いただきありがとうございました。


d0112928_8564716.jpg

ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-08 00:50 | 家族の山旅(特選) | Comments(2)

レイクオハラ日帰りハイキング。塚田様、立岡様とレイクオエサへ【2014.8.30】

d0112928_10144996.jpg


ヤムナスカガイド谷です。

今回はカナダにも何回もいらしている立岡ご夫婦と
カナダ初めての塚田さん。
この3名様でレイクオハラの中でも一番景観がよく、数種類の湖も見れるという
レイクオエサをガイドしてきました。

何回来ても感動する風景がここにはある。
人間が作ったものはどれだけ歴史のある建物も崩れゆくものです。
ですが自然は変わりゆく中での美しさがある。5億年前の建物なんてないでしょう!!
ヨーロッパでは失われてしまったもの、それがここにはあります。

そして山ガール、ミーハーいいじゃないですか!!
そういう初心者大歓迎です。カナダの登山道、自然、野生動物は
すべてのレベルの登山者にやさしいんですよ。
日本の若者の皆さん、登山初心者の方こそ、是非カナダへいらしてください。
日本の山、世界の山がもっと好きになります。絶対×絶対!!

d0112928_107204.jpg

どうですか?このレイクオハラの湖の色。
バスツアーとは違う、自分たちの足で歩くからこそ出逢う風景がここにはあります。
d0112928_1092412.jpg

天気の変わり目は、本当に雲がいい!!
空の青、雲の白、幻想的な風景です。
d0112928_10162852.jpg

レフロイレイク、ビクトリアレイクと二つの色の異なる湖を超えていきます。
これがマッカーサーとの違いですね。色の違いがたまらない。

d0112928_10372591.jpg

空を仰げば…
天空の城がすぐそこに…名峰Mtビクトリアも顔出してくれました。
雲がそして新雪がかっこいい!!
天候が目まぐるしく変わるこの日。絶対神秘的な風景に出会えると確信してました。
d0112928_1029485.jpg

レイクオエサに到着です。あいにくの雨…って雪じゃないすか。
それは突っ込みたくなりますよね。8月に雪。それもカナダです。
welcome to Canada!!
d0112928_10323352.jpg

最後に展望地にて。これもマッカーサーだと味わえないんですよね~
レイクオハラと三人でパシャリ!!
塚田さん、カナダを好きになってくださいね。
立岡さん、次はアシニボインロッジなんていかかですか?

またカナダでお逢い出来ること楽しみにしています!!


今回はヤムナスカを選んでいただき本当にありがとうございました!!


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-09-05 09:49 | ふたりの山旅 | Comments(3)