<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

森様 ロックウォール、バックパッキング6日間 その3 【14.8.10】

d0112928_23383515.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
いよいよ森さんのロックウォール最終回。

5日目はヌマパスを越えてフローレイクを目指します。

このフローレイクは私が知っている中ではロッキーで一番美しい湖です。
なかなか来れないこそ綺麗なのかもしれませんが、来る価値は間違いなくあります。
ここに1泊2日のバックパッキングのプランを作れたら素敵ですね。
さてそんな話はさておき、ロックウォールグランドフィナーレをとくとご覧あれ!!

d0112928_23182562.jpg

ヌマパスはこのロックウォールのなかで一番高い標高に位置する峠です。
なのでゆっくりゆっくり歩いていきましょう。
振り返れば今まで歩いてきた道が見える。まるで人生のようです。
d0112928_23203940.jpg

ヌマパスにて。
フローレイクが見えた。そしてあとは下っていくのみ。
そしてキャンプサイトは湖の湖畔にあります。
d0112928_23212840.jpg

フローレイクまでのお花畑。盛夏の花、インディアンペイントブラシと。
d0112928_23241883.jpg

テントを張った後は雨が降ってきましたが、その後綺麗な月夜になりました。
美しすぎて夜も寝かせてくれません(笑)
この浮き上がるような夜の幻想、たまりませんね。
d0112928_23301810.jpg

フォローレイクの湖面に写るロックウォール。
この完璧なリフレクション。是非肉眼で見てもらいたいです。
近すぎ!!デカ過ぎ!!で写真にはおさまりません。
d0112928_23332798.jpg

最終日は、この紫の中を颯爽と降りていきます。
このヤナギランのお花畑は数キロにわたって続きます。
山火事とロッキーの自然の関わり、ぜひ堪能してください。
d0112928_23534884.jpg

このお花畑を抜けると笑顔と涙のフィナーレです。
d0112928_2335135.jpg

森さん、本当におめでとうございます。私もとても楽しかったです。
見てくださいこの笑顔!!
想像を超えた感動がここカナディアンロッキーにはあります。
次の行く場所はもう決まってますよね。
登るたびに発見があり、そして次に行きたいところがある。
これもカナディアンロッキーの魅力です。

自分の足で歩き、自分の肩で背負い、だからこそ感じることできる景色。
ヤムナスカは全力でガイド、そしてサポートさせていただきます。

このブログを読んで少しでも興味がある方。
是非皆さん、カナダでテント泊縦走に来てください!!

では森さん、そしてブログを読んできる皆さん。
カナディアンロッキーでお逢いすることを楽しみにしています。では!!





追記

今回の歩行距離は約78キロ、どのキャンプサイトでも豊富な水があり、
体を洗うこと、洗濯(水洗いのみ洗剤は使えません)が出来ます。
また今回森さんが持った共同装備品はコッフェル 2。5日分共同食料と燃料のみです。
なのでご自身の装備品をうまく調整すれば12キロには抑えられます。
ヤムナスカのテント泊縦走は、快適を常に目指しています。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2014-08-26 23:11 | その他 | Comments(2)

森様 ロックウォール、バックパッキング6日間 その2 【14.8.10】

d0112928_7384742.jpg


ヤムナスカガイド 谷です。
さて続編を楽しみにしていた皆さま!!
今日は3日目と4日目をお届けします。さあいよいよ縦走開始ですよ。
まずはライムストーンピークを越え、ロックウォールパスを目指します。


この山を越えていく感覚、まるで古の旅人になったかのような太古のままの景色がここにはあります。

d0112928_850177.jpg



まず手始めにライムストーンピークの懐を越えていきます。
目の前には大岩壁、このド迫力。まさにロックウォールです!!
d0112928_851635.jpg



今日の難所、ロックウォールパスを目指します。
荷物はまだまだ重みがありますので、この日はゆっくりゆっくりです。
d0112928_91203.jpg



ロックウォールパスからのタンブリング氷河。
明日にはそこに行くぞという気持ちで眺めていたんですかね、森さん。
d0112928_9285335.jpg



さて日を改めて4日目です。早いものですね(笑)
今日はタンブリングパスを越え、ヌマクリークのキャンプサイトを目指します。

この日は朝から曇り空でしたがこの先どうなることやら…と思いきや。
ブログ冒頭の写真とともに曇り空でもこの氷河群が楽しませてくれます。
d0112928_9312391.jpg



おや~、晴れ間が出てきましたよ。天気の変わり目が一番空がきれいです。
d0112928_9343592.jpg

そうなると笑顔になるのは当たり前!!
何日も山に入っているからこそ、天気が悪い日でも楽しめるのです。
一日だけだとやっぱり晴れてほしいものですよね。
でも山の色々な表情を見れる、昨日遠くに見た景色を目の前にする。
これこそバックパッキングの醍醐味です。

d0112928_12656.jpg

そのあとは、もちろん快適テント生活。
キャンプサイトは予約制なので込み合うこともなく本当に静か。
足を沢につけて、ほっと一息…
これはもう五つ星のホテルロックウォール(笑)って命名していいですよね。
d0112928_126446.jpg

テントに入った後も地図で今日歩いたところの確認…幸せなひと時です。

さてさて次回は5、6日をお届けしてグランドフィナーレを迎えます!!どんな終わりが待っているのか。
こうご期待です。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2014-08-20 09:34 | その他 | Comments(2)

森様 ロックウォール、バックパッキング6日間 その1 【14.8.10】

d0112928_23491783.jpg
ヤムナスカガイド谷です。

今年も帰ってきてくれました。ロッキー大好き森さん!!ということはロッキーはバックパッキングの季節。
さあ始まりますよ。一年に一回の祭りの季節が!!

今回、森さんが歩く,ロックウォールはカナディアンロッキーで
一番有名なバックパッキングルートの一つなのです。
私たちヤムナスカ社のトップガイド、石塚体一氏が提案するグレート7トレイルの一つでもあります。
つまり、カナダ人、そして世界中の登山者が一度は行ってみたいと思っている場所なんですね。
そして全行程を通して氷河を抱いた3000m級の巨大な岩壁が続く大迫力のトレイルなのです。

ちなみにヤムナスカガイドは基本的に全員ACMGハイキングガイドを所有しています。

これは山の中に泊まりながら、ガイド登山が出来る資格なんですね。
つまり、日本人ガイドでテント泊縦走はヤムナスカ社以外は一社のみしか基本的に出来ないのが実情です。
しかもヤムナスカは会社として行動しているのでバックパップ体制が充実。
万が一の時にも安心安全です。

なんてこちら側の事情ははさておき、森さんのロックウォールのはじまりはじまり~。

d0112928_8541883.jpg

まずは初日はヘルメットフォールというキャンプサイトへ向かいます。
今年は、橋の改修で出発地が少し異なりましたが、このヤナギランの群生。
紫の中を歩いていく早朝のロッキー。たまりませんね。
d0112928_72172.jpg

道中、ライチョウの親子に逢いました。
こうして身近に野生動物と会えるのもロッキーならでは。
しかし子供が可愛い~。
d0112928_859547.jpg

その後、山の話をしていたらあっという間に到着です。
レンジャーの管理小屋をぬけると…
d0112928_9314368.jpg

見てください。このド迫力の滝。この大自然の中でキャンプです。
キャンプサイトは予約でないと泊まれないので、混み合うということは皆無!!
そして登らないと見ることが出来きない風景。このすべてバランスがロッキーの魅力です。
ここに登山列車なくてよかった!!
d0112928_965936.jpg

2日目はグットサーパスへ。
ここはロッキーの名峰マウントグットサーとその氷河がまじかで眺められる絶好のポイント。
d0112928_1003591.jpg

こんな夢の場所に人ひとりいない、特別な空間を味わえるのもバックパッキングの素晴らしさ。
何一つ汚さず、持ち込まず、残さず。究極のエコです!!消費しているのは自分の体力のみ!!


d0112928_1033382.jpg

この景色、カナディアンロッキーは最初からクライマックスです!!

d0112928_9381270.jpg

ちょうど満月と重なりました。ロックウォールを浮き上がらせる満月。何とも言えないですね。

いやー素晴らしすぎて一回でまとめられないですね。
なので第2回ロックウォールのブログを投稿します。さて何が待っているんでしょうか?こうご期待!!

【関連ページ】

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2014-08-19 00:03 | その他 | Comments(3)

N澤様、A野様コロンビアアイルフィールド観光【14.08.08】

こんにちはヤムナスカガイドの堀口です。

この度は長野県からお越しのN澤様、A野様の仲良しお二人をカナディアンロッキーのメインディッシュ、コロンビアアイスフィールド観光へご案内させていただきました。


d0112928_844243.jpg

まずはキャッスルマウンテン。その名の通りお城のようなたたずまい。



d0112928_862661.jpg

ロッキーの宝石と呼ばれる、レイクルイーズ。霧がかかっていて神秘的でした。



d0112928_892322.jpg

湖畔に立つお城?ではなく高級ホテルシャトーレイクルイーズの内部。



d0112928_8112441.jpg

クロウフット氷河、氷河は末端から少しずつ崩れるのが常。名前の通り数十年前はカラスの足の様に3本ありました。



d0112928_8124116.jpg

ボウレイクとヤナギラン。ロッキーを代表する氷河湖の一つ。氷河が解け、湖に、それがやがて大西洋に流れるのです。日本の常識では測れないスケールの大きさですね。



d0112928_8145483.jpg

この日のハイライト、アサバスカ氷河が溶けて流れた瞬間のまさにここでしか飲めない水で乾杯!



お二人は完全にロッキーを満喫し、すっかり虜になってしまったかもしれないですね。
しかし、まだまだカナダはこんなものじゃありません(笑)
また、ご案内できることをスタッフ、ガイド一同楽しみにしています。
この度はヤムナスカをご利用いただき誠にありがとうございました。

堀口慎太郎ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-08-17 08:19 | カナダの山旅 | Comments(2)

K原様、N澤様御一行ラーチバレーハイキング【14.08.06】

こんにちはヤムナスカガイドの堀口です。

先日はK原様ご夫婦、N澤様、A井様4名をラーチバレーハイキングにご案内させていただきました。
カナディアンロッキーでも最も美しい氷河湖の一つモレーンレイク湖畔から出発するこのコースは、とても人気があり私もシーズンに何度か訪れる機会がありますが、ここは何度来ても良い!
季節によって見られる花も違い、湖の色も変わります。そして迫力あるテンピークスはずっと見ていても飽きることはありません。

d0112928_7383490.jpg

絶好のハイキング日和!写真を撮るのが忙しい(笑)



d0112928_7412925.jpg

さぁ、テンピークスのあの山の名前は?高さは?



d0112928_7425484.jpg

この時期はアーニカが絶好調です。


d0112928_7441826.jpg

目的地、ミネスティマレイクでゆっくりランチタイム。


d0112928_746105.jpg

こんな景色を見ながらランチなんてなんという贅沢。。


d0112928_7474152.jpg

下山は樹林他をスイッチバック、途中モレーンレイクが。このチラリズムが疲れを癒してくれます。



変化に富んだラーチバレーハイキングを最高の天気が迎えてくれ、大変満足していただきました。
ラーチ(Larch)は日本語でカラマツです。
そうです、針葉樹では唯一黄葉する種類です。後一ヶ月ほどでカラマツ林は黄金に輝く紅葉を見せてくれます。是非、違う季節にも訪れてみてください。

この度はありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

堀口慎太郎ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-08-17 07:54 | カナダの山旅 | Comments(2)

カナディアンロッキー縦断の旅 [14.08.02]

ヤムナスカガイドの難波です。
母のご友人がお友達を誘ってお越し頂きました。
よって私は「ひろしくん」と呼ばれます。

実は、みなさまを前回ガイドしたのは10年前と13年前。。。
みなさん、まだまだお元気ですね。

私もおかげさまで、この仕事を続けられてます。。

皆様は、横浜の某保育園の関係者です。
既にご定年された方から、現役の園長先生までの仲良しグループです。

コンソレーションレイクへ。

d0112928_8142418.jpg


花畑のボウ・レイクは感動しましたね。

d0112928_8153236.jpg


ピートゥ・レイクでは散策もしました。
ちょっと歩くと、こんな景色が。。。。

d0112928_8165888.jpg


アサバスカ(朝風呂ではありませんよ。)滝。
朝早く行ったので、光が素晴らしかったです。
このツアーの合い言葉、「六、七、八」です。
こんなんでゲラゲラ笑える仲間とハイキングは楽しいものです。

d0112928_8192724.jpg


メイン・イベント!
そう、カナディアンロッキー最高峰のマウント・ロブソンです。

d0112928_8203874.jpg


歩く寸前まで、頂上まで行くと思っていた方?
そんな方はいませんよね。(笑)
素晴らしい湖が我々を待ってくれました。

湖畔で涌かしたコーヒー。。
美味しいサンドイッチ。。。
静寂。。。。
私の中ではネスカフェの「ダバダー〜♬」が流れてましたよ。
いつか違いのわかる男になってみたいものです。

d0112928_8215295.jpg


下山中に素敵な出会いが。
この青年、花嫁募集中でありながら、
仕事を辞めて、
6月に、なんと我が社の支店のあるホワイトホースから
自転車でここまで下ってきました。

それだけではありません!

旅の目的地はアルゼンチンだそうです。(スゴすぎる)

d0112928_8254181.jpg


良い旅=良い出会い
とはよく言ったものです。

この青年との出会いは、私たちの旅にスパイスを与えてくれましたね。

この度は当社のサービスをご利用いただき有難うございました。
by ymtours | 2014-08-15 08:33 | カナダの山旅 | Comments(0)

森様、浅井様、大倉様 ラーチバレー ハイキング【14.08.13】

d0112928_4435372.jpg

ヤムナスカ ガイド の 本山 です。

本日は、ラーチバレーからセンチネルパスまでのハイキングに行ってまいりましたので、ご報告です。

なんと、本日は、ハイキングというか登山初体験の浅井様と先日の森様、大倉様 3名様をご案内させていただきました。

d0112928_4461060.jpg

まずは、モレインレイクへ、この湖はロッキーに来たら見ておきたい湖ですね。
この日は、早く出発したので、まだ人の多くない静かなモレインレイクでした。

d0112928_447560.jpg

前日に少し雨が降ったのか、お花も綺麗にみずみずしくなっていました。
ツインフラワーは、日陰で、静かに咲くかわいいお花です。

d0112928_4475998.jpg

森林限界にでました。この日は雲が激しく動く天気、この後、どうなるか?

d0112928_4484181.jpg

テンピークスの中でも一際目を引く山、フェイ山、なかなか雲が取れません。

d0112928_4493210.jpg

登山初体験の浅井様も体力はまだまだある様子!センチネルパスを目指すことにしました!

d0112928_4501725.jpg

センチネルパスとテンプル山を見上げる

d0112928_4504328.jpg

非常に人気のこのコースですが、この日は、あまり混雑は見られませんでした。
見事なスイッチバック!急斜面ですが、このトレイルは本当によくできております。

d0112928_452149.jpg

あっという間に峠に到着、やはりこの景観は見事です。

d0112928_4533442.jpg

反対側のパラダイスバレーサイドも見事な景観でした。
こうやって両方のサイドを見れるのも峠に来たからこそ!

d0112928_454730.jpg

登山初体験の浅井様、自分達の歩いてきた急斜面を振り返ります。
しかし、浅井様は登山初体験とは思えない快調ぶりでした。

d0112928_4545964.jpg

最終的に雲は見る見るうちに取れてきて、最高の天気になってきました。
センチネルパスとテンプル山

d0112928_455412.jpg

さぁー、ここからはロッキーでも屈指の風景の下山道です。
テンピークスを眺めながら歩きます。

d0112928_4563040.jpg

後少しで冬眠の準備、どんどん肉付のよくなった地リス君がたくさん見られました。
少し秋の気配を感じるロッキーです。

天気が心配されたハイキングでしたが、結局は晴れ!
1週間ほど同行させていただいた森様は結局雨ナシ!

登山初体験の浅井様も見事な足取りでした。(翌日の筋肉通はありましたか?)

ツアーにご参加いただきまして、ありがとうございました。

ヤムナスカ ガイド の 本山
by ymtours | 2014-08-15 04:58 | その他 | Comments(2)

森様、堀川様、大倉様 レイクオハラハイキング【14.08.12】

d0112928_4265496.jpg

ヤムナスカ ガイド の 本山 です。

レイクオハラのハイキングに行ってまいりました。

すでにエスプラナーデで3泊と共にした 森様
地元にお住まいの 堀川様
本日よりご参加の大蔵様
の3名様で、ハイキングを楽しました。

森様は念願のレイクオハラ、マッカーサーレイクに行きたい!というご要望もありましたので、ロッキーでも屈指の美しさを誇るマッカーサーレイク と 皆様健脚なので、オハラレイクを一周もしてきました。

d0112928_4305926.jpg

念願のオハラとマッカーサーレイク、静かにその景観を楽しまれていました。

d0112928_4313111.jpg

あれっ!なんか似ている色だなぁー、
しかし、この色、なんと表現したらよいのでしょうか?
いつ来ても美しい青です。

d0112928_4322460.jpg

もう少し場所によっては秋の気配が少し感じられましたが、夏のお花も私達を楽しませてくれました。
見事なうさぎ菊の群生

d0112928_4331528.jpg

マッカーサーレイクの後は、時間があったので、湖畔を一周!
いつかは泊まってみたいレイクオハラロッジ、

d0112928_4335278.jpg

大陸分水嶺はすごそこ!3000m以上の大きな氷河を抱いた山々を見ることができます。

d0112928_4343336.jpg

この日は、カヌーや、カヤックなども湖にくりだしていました。

私も久しぶりのレイクオハラ、やはり、美しいところです。

ヤムナスカ ガイド 本山
by ymtours | 2014-08-15 04:35 | その他 | Comments(0)

森様とフェアビューマウンテンへ【2014.08.14】

d0112928_22833.jpg


こんにちは、ヤムナスカガイドの棚川です。
本日はエスプラナーデ、ラーチバレーハイキングを終えられた森様とフェアビューマウンテンに日帰りハイキングへ行ってきました。森様にとって今日がカナダのハイキング最終日。連日のハイキングの疲れも感じさせない好調な歩きで、標高差1000mをかるーく登ってしまいました。

8:50 レイクルイーズ駐車場出発
10:25 The Saddle back 分岐
11:25 フェアビューマウンテン登頂
12:20 下山開始
13:05 The saddle back 分岐
14:15 Fairview Lookout 分岐
15:02 駐車場へ到着


d0112928_2282044.jpg

下りも軽快です。下に見えているのが、The saddle back の分岐ポイント。

d0112928_2283281.jpg

The saddle back にて小休止。あのてっぺんまで行ったのか~。

d0112928_2284329.jpg

まだまだ時間に余裕があったので、Fairview Lookout(レイクルイーズを望む展望地)へ足を延ばしました。シャトーレイクルイーズと湖が綺麗でした。

d0112928_2285446.jpg

森様にとって、21年ぶりのカナディアンロッキー。久しぶりに見たレイクルイーズは如何でしたか?
人の多さは相変わらず・・・とのことでした。今日も観光客で賑わっていましたね。

この度はヤムナスカをご利用いただきありがとうございました。
また、世界のどこかでお会いできることを楽しみにしています!

ヤムナスカ・ガイド棚川 幸子 (たながわ ゆきこ)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-08-14 22:26 | その他 | Comments(0)

清水様・近藤様ご家族とレイクオハラへ【2014.08.12】

d0112928_25294.jpg

こんにちは、ヤムナスカガイドの棚川です。
本日はアメリカ在住の近藤様夫妻、近藤様の奥様のご家族の清水様一家、計5名様をレイクオハラエリアへご案内しました。


d0112928_263145.jpg

レイクマッカーサーの展望ポイントでランチ
d0112928_261868.jpg

なんとアメリカから炊飯器を持参!お母さんお手製のおにぎり弁当です

天気もばっちりのこの日は、みんなで湖でスイミング!
とまでは行かず、足だけ浸ってリフレッシュしました。長くは浸けていられない冷たさでした。
d0112928_2654.jpg
d0112928_255456.jpg


帰路は「ビックラーチルート」を通り、レイクオハラ湖岸へ戻りました。
d0112928_254085.jpg

レイクオハラをバックに一枚。

カナディアンロッキーのハイキング楽しんで頂けたでしょうか?
この後みなさんは車でロッキーエリアを回られるとのこと、楽しんで下さいね!

この度はヤムナスカをご利用頂きありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド棚川 幸子 (たながわ ゆきこ)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2014-08-12 02:04 | 家族の山旅 | Comments(0)