<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

千山会 様 カナディアンロッキー縦断 いいとこどりハイキング9日間

 ヤムナスカ ガイドの 本山 です。
カナディアンロッキーは、6月の洪水から回復し、いくつかの登山道を除き、ほとんど正常になっております。

本日は、千葉の山岳会様 『千山会』様をヤムナスカガイドがご案内させていただきましたので、ご報告です。

総勢18名様をヤムナスカガイド2名でご案内させていただきました。

その名も 『カナディアンロッキー大縦断いいとこどりハイキング 9日間』

ずっと長い間 オーガナイザーの方には、当社オフィススタッフと山岳会会員の多くの皆様に喜んでいただける行程をメールでやり取りさせていただきました。
本当にありがとうございました。

d0112928_1281265.jpg


18名様ということで、カナダの国立公園の規制、安全性、などをふまえ、ヤムナスカガイドは2名体制でのぞませていただきました。

まずは、レイクルイーズ周辺のラーチバレーへ!
モレインレイクで集合写真
d0112928_1302341.jpg


樹林帯へ、皆様体調もいいようです。
d0112928_131316.jpg


おなじみのヤムナスカ おにぎり弁当も大変好評でした。
d0112928_1313467.jpg


非常にまとまりのあるグループ様で、皆さん仲良し!
常に笑いが絶えません。
d0112928_13229100.jpg


下山はテンピークスを眺めながらのハイキング
d0112928_1331547.jpg


翌日は、プレイン オブ シックス グレイシャーへ
d0112928_1342567.jpg

観光ポイントから見える Mt ヴィクトリアと氷河が目の前にどんどん迫ってきます。

カナディアンロッキーの名峰 Mt ヴィクトリアを眺めながら最高のライチタイムでした。
d0112928_1362940.jpg


縦断ですので、ジャスパーまで北上しました!
ジャスパーでののんびりの3泊、これも特別ツアーならではの行程

移動中は、カナディアンロッキーの名所を訪れながらジャスパーへ、ちょうどいい休養にもなりました。
d0112928_1384011.jpg

ボウレイクでも、集合写真!

朝早く、午後には観光客が多いここも、静かで、湖面は美しい鏡のようでした。
d0112928_1394635.jpg


カナダの風景を満喫、この日の移動は、山、湖、そして氷河・氷原、
私もいろいろと自然に関してのお話をさせていただきました。
d0112928_140496.jpg


マウントロブソン州立公園では、今までと違った植生を堪能、、、、
d0112928_1412059.jpg


大きな木々に囲まれた森です。
d0112928_142831.jpg


ジャスパーのオパールヒルのハイキングでは一面のお花畑!
見事でした。私も初めて見るほどの素晴らしい花々でした。
d0112928_145318.jpg


思わずこぼれ出す笑顔を奇声!大盛り上がりになりました。
d0112928_1454566.jpg


もちろん、ホテル、食事などもヤムナスカですべて取りまとめて準備させていただきました。
おいしい食事と快適な滞在も旅の大きな要素の一つです。
d0112928_155290.jpg


食事も毎回、盛り上がりました!
私共ヤムナスカガイドも食事に同席させていただき、ご旅行中ほとんどずっと時間を共有させていただきます。ディナータイプはビールも会話も弾みます。
d0112928_1561168.jpg


ジャスパーでゆったりと3泊した後は、再びバンフへ南下!
移動中に 最後のハイキングウィルコックスパスへ
d0112928_1491879.jpg


最後に女性陣でジャンプ写真を撮りましたが、、、、、
タイミングがいまいちな様子・・・・・・
d0112928_150493.jpg

あれっ・・・・・・・

人数を多すぎましたかね?
今度は2名でジャンプ!
大成功!
d0112928_1505421.jpg


最後のディナーも もちろん 持ち上がりました。
d0112928_1512837.jpg

男性陣、、、、

女性陣
d0112928_152098.jpg


大盛り上がりのツアーになりました!
団結力のある 千葉の千山会の皆様、是非、カナディアンロッキーをご満喫いただきました。

次回は是非、山小屋ツアーなどご参加ください。

ヤムナスカガイド 本山
by ymtours | 2013-06-28 01:57 | グループの山旅(特選) | Comments(0)

キャンモア、クーガークリーク氾濫の影響

お知らせ:

記:2013年6月26日

本日15:18に国道一号線がすべて開通しました。
カルガリーからキャンモア、バンフまで規制なしで入ってこれます。
ただし、2車線通行となっていますので、速度規制がひかれてます。
運転には十分にお気を付け下さい。

皆様のお越しを心からお待ちしております。


記:2013年6月25日

過去にご案内した多くのお客様からお見舞いのメールを頂きました。
スタッフ一同お礼申し上げます。
こちらは日曜日から事務所に戻り、通常通り仕事をしています。

完全復旧まであと少しのところまで来ています。
これまで国道一号線は一般車向けには開通したり閉鎖したりしています。多くの工事車両が道路上で急ピッチな作業をしているようで、車両の数を制限しているのが理由です。工事車両や救急車両、公共バス、物資運搬車は走っていますので、今後の全面開通に期待しています。昨日、キャンモアの町長がインタビューに応じ、今週末のカナダ建国記念日までには、一般車を含め開通を目指していると、心強いメッセージがありました。

私どもの住む場所では行方不明者は出ず、ほんとうに良かったです。川沿いの家が数十棟も倒壊しましたが、昨日アルバータ州の知事が訪れ、その家の補修を州の災害ファンドから出すことにしたと発表しました。とても明るいニュースでほっとしているところです。

ホテルやレストランも通常通り営業しています。
昨夜はキャンモアに新しくできた、インド料理レストランに行ってきました。インド人のシェフが料理していたので、どれも本物でした。勢いで大きなナンを二枚も食べてしまいました。これで明日からも頑張って働けると思います。

ヤムナスカグループ全体で、ガイドとスタッフが集まり、事務所の周辺を清掃しました。一時は氾濫した水が内部に流れ込むと思いましたが、幸いにも難を逃れました。
d0112928_112532.jpg


現在のクーガークリークの様子です。
土木工事の方々が危険を冒して守った橋の上から撮っています。
d0112928_1142482.jpg



記:2013年6月23日

6月19日から始まった大雨により、キャンモアにあるクーガークリークが氾濫しました。この影響によりカナダの大動脈である国道一号線が通れなくなりました。現在は復旧が大幅に進み、カルガリーへは一般車も含めて移動が可能です。カルガリーからキャンモアおよびバンフ方面はここの住人のみ利用することができます。

私どもの想像ですが、以上の制限も明日、明後日以降には解除され、住人以外の観光客の方や国道一号線を使ってバンクーバー方面へ向かう人々も利用が可能になると考えてます。解除され次第、また報告します。

現在は大雨の影響でカルガリーを含む下流の地域に洪水が発生しています。カルガリーの洪水が昨日に日本のニュースで流れ、沢山のお客様からご心配のメールを頂きました。有難うございます。幸いにもキャンモアとバンフでは行方不明者などは出ておらず、私どものスタッフ一同、友人関係も無事に過ごしております。

これまでの経過を以下にダイジェストで報告します。

19日から約3日間の間に約200㎜の降雨量をキャンモアで記録しました。キャンモアでは考えられないほどの降雨量でした。その集中的な降雨により、キャンモアの北側になるクーガークリークが氾濫しました。

20日朝のクーガークリーク上流の画像です。川幅が50mから300mに広がり、道がすでに水没しています。
d0112928_225294.jpg


上の写真より500mほど下流の場所ですが、氾濫する前の画像とお比べください。普段、水はほとんど流れておらず、雪解けの時期に川となる程度でした。
d0112928_271682.jpg


21日になりますとだいぶ水位が下がりました。重機が入り、水を拡散しないように中央に集めていました。
同時に町を二分する橋を、壊されないように、24時間重機を動かしていました。この作業にあたった工事の方には脱帽です。もし、この橋が無くなっていたら、いまでも混乱は続いていると思います。
d0112928_2131014.jpg


22日に低気圧が完全に通り過ぎ、晴れ間が見えてきました。
d0112928_2151346.jpg


下流近くにある私どものオフィスは難を逃れましたが、一時は避難勧告を受けました。ダウンタウンに緊急対策本部を設け、情報の収集にあたりました。
d0112928_216379.jpg


以上がこれまでの経過です。今日のキャンモアは晴天となっています。まだ国道一号線の制限はありますが、食料や物資等も十分にあり、通常通りの生活をしております。これからカナディアンロッキーへご旅行を計画されている方がおられましたら、どうぞご安心ください。

当社のツアーにお申し込みのお客様へ
ご旅行において何かご質問がありましたら、いつでもお問い合わせください。

難波寛 /  代表
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
by ymtours | 2013-06-24 02:34 | お知らせ | Comments(1)

カナディアンロッキー・デイハイキング

d0112928_5531456.jpg

皆さん、こんにちは!
ヤムナスカガイドの川嶋です。
カナディアンロッキーにも夏がやってきました。今シーズンもどうぞよろしくお願いします。

この度はO様ご夫妻とK様を初夏のカナディアンロッキーにご案内させて頂きました。

d0112928_65439.jpg

初日はO様ご夫妻とフェンランドトレイル、その後にトンネルマウンテンに行ってきました。
O様は鉄道にもご興味があるということで、ハイキングの前にバンフの駅舎へ立ち寄りました。ちょうど貨物列車が発進する直前だったのでタイミングよく写真撮影。

d0112928_661973.jpg

バンフに住む人たちの憩いの山でもあるトンネルマウンテンの頂上(1692m)を目指します。標高差はバンフの街から約300m。初日のハイキングにはとても快適な山歩きでした。

d0112928_664139.jpg

                    トレイルも良く整備されていて歩きやすい!

d0112928_67476.jpg

後ろに見えるのはマウントランドル(2948m)。現在はマウントランドルとトンネルマウンテンの間は谷になって別れているのですが、氷河で削られる前はこの2つの山は同じ1つの山だったと言われています。

d0112928_674246.jpg

     トンネルマウンテンの頂上に着いてランチを食べていると、急に雨雲が濃くなって雨が降ってきました。

d0112928_681331.jpg

幸い通り雨だったので、すぐにまた天候は良くなり小鳥がさえずり始めました。ちなみにこの奇麗な鳥の名はヒメレンジャクというスズメ目の鳥で北米大陸に生息します。

d0112928_683381.jpg

     ハイキングの後はフードゥー展望台、ミネワンカレイクを経由してボウ滝へ。氷河の溶け水や雪解け水で川の流れは迫力満天。

d0112928_6153333.jpg

2日目はO様ご夫妻とK様をヤムナスカメドウとメニースプリングスにご案内しました。
ヤムナスカメドウでは雨に降られましたが、メニースプリングに着く頃には天候も良くなりユキウサギも出迎えてくれました。

d0112928_694482.jpg



d0112928_6105522.jpg

            トレイル上にはアツモリソウがたくさん咲いていて私たちの目を楽しませてくれました。

O様ご夫妻、K様、この度はカナディアンロッキーにお越し頂きましてどうもありがとうございました。まだ旅は始まったばかりですが、残りの旅も思う存分楽しんで行ってくださいね!

川嶋 亮
by ymtours | 2013-06-22 09:00 | ふたりの山旅 | Comments(0)