<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カナナスキス満喫の旅!

こんにちは。ガイドの堀口です。

本日は神奈川よりお越しの清水様親子3名様のガイドをさせていただきました。

清水様実はラーチバレーの紅葉を楽しみにされておりましたが、残念ながらハイキングのシーズンはすでに終了してしまい、モレーンレイクへ続く道がすでにクローズされてしまいました。

しかしながら、シーズン終了とは言えまだまだカナディアンロッキーには素晴らしい場所があります!
と意気揚々に乗り込んだ Mt,Yamnuska !!

まさかのクローズ・・・。

すぐそばにあるセメント工場が石灰岩を取るために爆破工事をしており、落石の危険があるとのことで閉鎖・・・。

まぁまぁ・・・。ここはカナダですし不確定要素は承知の上ってことで再度気を取り直し、向かうはPtarmigan Cirque !!

造山活動で様々な形にうねった山々を横目に、1時間弱のドライブ。

たどり着いた場所はなんと白銀の世界・・・。


d0112928_1022111.jpg



寒いところがあまり得意ではない清水様ご一行・・・。

しかし天候は晴れ。太陽が日光を浴びれば暖かくなるのがロッキー。

3人とも軽快に薄く積もった雪の上を歩きました。


d0112928_10292675.jpg


d0112928_10372251.jpg



体も温まり、気分も乗ってきたところですが雪が深くなってきたので引き返すことに。


d0112928_10411925.jpg


d0112928_1043381.jpg



トレイルヘッドに戻り昼食を取り、キャンモア方面へ戻る途中ビッグホーンシープの群れにご挨拶。


d0112928_1046288.jpg



まだまだカナナスキスの魅力はこんなものじゃない、次なる目的地は Glassi Lakes !!
一時間程車で走るとこんなにも景色が変わります。


d0112928_10502584.jpg




今回の旅の締めくくりにこの湖の色に癒されました。


d0112928_10522928.jpg



ドタバタの旅になってしまい、大変お疲れさまでした。
少しでもロッキーの、カナナスキスの魅力が伝わったでしょうか。

まだまだ知られざる素晴らしい場所がカナダには沢山あります。
また是非遊びに来てくださいね。

この度は誠にありがとうございました。


堀口慎太郎
by ymtours | 2012-10-18 10:57 | カナダの山旅 | Comments(0)

女性3名様と行くアシニボインとレイクオハラ in 秋! 

d0112928_8281746.jpg


先日、私にとっては今季最後となるツアーが無事に終了いたしました。素晴らしい人たちに巡り会い、最高の山旅になりました。アシニボインロッジで3泊、そして締めくくりはレイクオハラ。すべてが至れり尽くせりでしたね。
関東地方からお越しの女性3人組。皆様長いお付き合いの様で息もピッタリ!
カナダでの初めてのハイキングがアシニボインとレイクオハラなんて、、、。とてもラッキーです!

▼ アシニボインロッジでは2日間まるまるハイキング。1日目はナブピークへ
d0112928_8342728.jpg


▼ ナブピークではストレッチセッションもありました。
d0112928_8364284.jpg


▼ 翌日はワンダーパスへ。グリズリーの親子が歓迎してくれました。
d0112928_8383819.jpg


▼ ハイキングはトレイルを外れたオフトレイルが楽しめるこのエリア。とても貴重ですね。そしてこの大きい穴は、グリズリーがジリスを捕食するために掘ったものです。クラウドの入ってみました。
d0112928_8403085.jpg


▼ 途中では静かな高台で昼寝タイム。贅沢な時間を過ごします。
d0112928_8434553.jpg


▼ 唐松の黄葉は最高潮でした。
d0112928_844282.jpg


▼ 最終日の朝はアシニボインの朝焼けから始まりました。
d0112928_846455.jpg


▼ ヘリが来るまでの自由時間はルックアウトまで足を伸ばしました。
d0112928_848455.jpg


▼ ツアーの締めくくりはレイクオハラ。最高の天気でしたね。
d0112928_8544023.jpg


坂口様、この度はお越し下さいましてありがとうございました。自分自身、本当に楽しむ事の出来たツアーでした。皆様とご一緒できた事を心から光栄に思います。皆様のカナダ旅行を少しでも手助けできればと思い頑張らさせていただきました。またのお越しをお持ちしております!

                       篠崎 ヒロ
by ymtours | 2012-10-09 09:01 | カナダの山旅 | Comments(0)

ヤムナスカ特選ハイキング Oct 6th 2012

皆様こんにちは。ガイドの栗原純子です。
10月に入り、大雪も経て、とうとう寒い冬がやってくる・・・と思っていたのは先週の事。そんな不安な気持ちを吹っ飛ばすくらいのいいお天気の中、自分にとっても今シーズン最後になるハイキングへ行って来ました!
本日のお客様は、東京からお越しのY様と、T様。一週間以上前から日本でこちらのお天気をチェックされていて、一喜一憂をされていたほど楽しみにされていたカナダ旅行です♪
さて、本日の行き先はYoho !! 10/8で閉鎖される事がわかっている「タカカウ滝」へ。吐く息が白くなるほどの寒いスタートですが、いつみてもかっこいい滝です。
d0112928_2304313.jpg

一時間半後には、この通り、滝を上から見下ろして頂きました。頑張ってのぼりましたね!
d0112928_2315138.jpg

そして、景色もみながら、ゆっくりとロッキーの壮大さを満喫して頂き、癒しの湖へ・・・Yoho Lakeです。
d0112928_2325584.jpg
d0112928_2331767.jpg

道中殆ど誰にもあわずに、3人で独占満喫のハイキングでした!!!
駐車場に戻る途中、タカカウ滝に虹が・・・
d0112928_2344281.jpg

この後のジャスパーへの旅も楽しんでくださいね。動物探しもGood Luck で♪
Y様、T様この度は誠にありがとうございました。また是非来てくださいね。スタッフ一同お待ちしております!!
by ymtours | 2012-10-09 02:39 | カナダの山旅 | Comments(2)

久下様ご一行 ユーコン編

横堀です

今回はユーコンでのツアーの模様をお伝えします。

お客様は写真家の久下さん夫妻と藤井さん夫妻です。クゲさんが講師となる写真教室ツアーとなりました。ホワイトホースには、町から約1時間でオーロラ観察のできるロッジがありますが、実は久下さんはそのロッジのオーナーのお母さんに当たるベティ―さんとお友達なのです。まずは1年ぶりの再会を果たしに、ベティーさんの家にお呼ばれしてきました。今回はよりプライベート感のあるツアーとなりました。

◆アルバムを見て思い出に浸ります
d0112928_10504662.jpg


◆集合写真
d0112928_1051653.jpg


次なる目的地はドーソンシティ。ホワイトホースからは500km以上ですが、ユーコンらしい黄葉に包まれる、雄大な山々を見ながらのドライブです。

◆途中の湖では、今しがたビーバーが切り倒したポプラの丸太が。
(構図はパクリです)
d0112928_10522476.jpg


ドーソンからはさらに100kmほど足を延ばし、トゥームストーン州立公園へ。

◆未舗装とはいえ、列記とした高速道路です。
d0112928_10524587.jpg


◆熱心に写真をとるフジイ氏
d0112928_1434558.jpg


ドーソンから帰った翌日には、クルアニ国立公園へ。この地域はカナダの最高峰、Mt.ローガンもある場所です。今回はクルアニレイクの湖畔に佇むクルアニロッジでの宿泊。食事は、私、横堀が作らせて頂きました!

◆すぐ前には湖が
d0112928_110146.jpg


◆キャサリーンレイク湖畔へ夜のオーロラ撮影ポイントの下見へ
d0112928_1434228.jpg


◆近くには、先住民たちの夏の狩猟場となる集落があります。
d0112928_14343499.jpg


◆シャケの遡上も見られました
d0112928_14351456.jpg


◆その昔、先住民族の暮らしていたティピーのホステルを発見!
d0112928_10593796.jpg


これでユーコンを後に、次はロッキーでのハイキングね!

ユーコンとは一味違うロッキーの大自然も楽しんでください!

横堀
by ymtours | 2012-10-08 11:06 | カナダの山旅 | Comments(0)

久下様御一行 ユーコンの自然とオーロラ、ロッキーの山岳写真13日間(ロッキー編)

d0112928_1343689.jpg

こんにちは。ヤムナスカガイドの川嶋です。
この度は久下様ご夫妻と藤井様ご夫妻をカナディアンロッキーの山岳写真の旅にご案内させていただきました。久下様ご夫妻はヤムナスカの大のリピーターで今回は旅の前半にユーコンでの自然とオーロラの撮影、後半はカナディアンローッキーに移動して山岳撮影とテーマに沿いながら旅を続けました。
私は後半のロッキーを担当させていただきましたが、天候にも恵まれ秋の黄葉もとても奇麗でした。

d0112928_1351262.jpg

初日はレイクオハラへ。
午前中の早い時間は湖の周辺は濃霧に覆われていましたが、これも雰囲気のある撮影ができました。
天候の悪い時だからこそ、雰囲気のある写真を撮れるということを久下様から学ばさせて頂きました。

d0112928_1362910.jpg


d0112928_1365083.jpg


d0112928_1373274.jpg

少しすると霧が晴れ、晴天になりました。
レイクオハラから少し足を延ばしてオパビンプロスペクト(展望地)へ。
途中、黄葉したカラマツ林を抜けて行きます。

d0112928_138524.jpg

標高差200mを登りオパビンプロスペクトに到着!
写真の左に写っている藤井様ご夫妻はなんと80歳代のご夫婦です。
ご年齢も是非載せてくださいということでしたので掲載させていただきました。
藤井様の奥様も「80歳を過ぎてもこんな奇麗なところにハイキングに来れるのよ〜」と笑顔でとても嬉しそうに仰っていました。

d0112928_1383181.jpg

レイクオハラに戻ると、なんと珍しいマスクラット(ネズミ科の哺乳類)が湖を泳いでいました。

d0112928_139940.jpg

2日目はバンフ近くのTwo Jack LakeからMt.ランドルのモルゲンロートを撮影に行きました。

d0112928_13223459.jpg


d0112928_1393767.jpg

その後車で移動してヤムナスカメドウへ。

d0112928_1395945.jpg

ここもポプラの黄葉が最盛期を迎えていました。

d0112928_13215566.jpg


d0112928_13101663.jpg

久下様、藤井様この度はヤムナスカツアーにご参加頂きましてどうもありがとうございました!
またのお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております!

                          川嶋 亮
by ymtours | 2012-10-03 15:06 | カナダの山旅 | Comments(0)

Lake O'hara / レイクオハラ

秋山です。

秋の終わりも近い9月30日、上海からお越しのY様ご夫妻と、名古屋からお越しのI様をLake O'haraに案内致しました。
レイクオハラはマイカー規制があるので、国立公園のシャトルバスを入山するハイカーを使用します。
そのシャトルバスもこの日で終了でした。

この日通ったコースは、レイクオハラからレイクオエサへ、ヤクネス・アルパイン・レッジルートを経て、オパビンプラトー、そしてまたレイクオハラという10kmのループ。

ヤクネス・レッジルートは上級者向けなので、あまり行く機会がないのですが、本日は皆様足取りも揃っていらっしゃったので、挑戦させて頂きました。

"ご夫妻からは自分たちだけでは行こうとは思わなかった、けど素晴らしい景色だった"
とのコメントを頂きました。

ガイドの存在意義は、安全確保をしながら、お客様が考える限界を少しプッシュして、新しい世界を見て頂く。
嬉しい言葉でした。

Y様ご夫妻、I様
この度はわざわざ上海からカナディアンロッキーにお越しいただき、ありがとうございました。
綺麗な空気を吸いに(笑)、是非ともまたお越し下さい!

d0112928_22382644.jpg

綺麗に育った地衣類

d0112928_22373333.jpg

レイクオエサを振り返る

d0112928_22384720.jpg

クライマックスは、オパビン・プロスペクトから見下ろすこの景色

ヤムナスカ
秋山
by ymtours | 2012-10-01 22:55 | カナダの山旅 | Comments(0)