<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

撮影山行 in アシニボイン&モレーンレイク

d0112928_14304622.jpg

こんにちは、ガイド栗原です。

ヒロと共にマウント・ロブソンでのバックパッキングを終えたS様一行様とアシニボイン・キャンプ滞在とモレーンレイク周辺のデイハイキングへ行ってきました。

カナディアンロッキーへ来られる方にはそれぞれ花や小屋滞在、バックパッキングなどハイク+αのこだわりがありますが、S様ご一行のそれは“写真”。それも半端ではないこだわりでした。これは是非ともフォトジェニックなアシニボインの撮影を満喫していただきたい、と写真には並々ならぬこだわりがある私も気合を入れてご一緒させていただきました。

しかし、天気予報はあいにくの曇天続き。なんとか初日が持ちそうな予報なので初日の夕暮れに勝負をかけました。レイク・マゴックの湖畔で思い思いに三脚を広げ構図をセットし、あとはひたすら待ちました。切れそうで切れない雲にじらされながら待つこと数時間。冷たい風に吹かれなかなか寒い撮影でした。もう少しで焼けたアシニボインが撮れそうでした。非常に惜しかったです。
d0112928_14362731.jpg

翌日はあいにくの雨。しかし、ゆっくりと朝食をとっているうちに雨が上がったのでキャンプ場からほど近い湖まで散策及びじっくりと花の撮影。雨後の花はとてもきれいでした。
d0112928_14352816.jpg

そして今後の撮影のためにあちこちと歩き回り撮影スポットの下見。そうこうしているうちにまた雨が降り出し、夜まで降り続きました。ロブソンからの疲れもあり皆さんも少しお疲れのご様子。こういう日はキャンプサイトにあるキッチンシェルターが大活躍。ハイシーズンとあってにぎわっていましたね。立派なシェルターで30人ぐらいが一緒に使用できます。
d0112928_1432571.jpg

そしてアシニボイン最終日。ヘリに乗り込むまでの3時間が勝負!。朝は雪がぱらついていたので山には新雪がたっぷりとついている様子。ロッジ前に陣取りひたすらまちます。完全に雲に覆われたり、少し薄くなったりを繰り返しながら、とうとう最後にアシニボインが姿を見せてくれました。完全ではないけれど粘った甲斐がありました。
d0112928_143858100.jpg

そして名残惜しいアシニボインを後にしました。ヘリに乗る頃にはまた完全に隠れてしまったアシニボイン。よいタイミングでしたね。

翌日はS様ご一行にとってのラストチャンス。キャンモア滞在中のM様もご参加していただき朝5時台からモレーンレイク周辺で頑張りました。最終日と知った天気の神様がくれたのか、雲ひとつない夜明けでした。皆さんいい写真とれましたでしょうか?かつてお札の図柄にもなった由緒正しい構図。
d0112928_1440532.jpg

私的な構図ではこんな感じでしょうか。並べられたボートが浮かび上がるように入れてみました。
d0112928_14414683.jpg

そして朝食を撮ったあとはラーチバレーへ。ここでも撮影を楽しむことができました。三人仲良く三脚を並べていますね。そんな皆さんをMさんと眺めてはこちらも楽しませていただきました。
d0112928_14432114.jpg

山岳写真というジャンルは苦手だと思っていましたが、S様ご一行とシャッターを切ったこの4日間で撮影しながら感じる緊張感、高揚感、気持ち良さを十分感じることができました。皆さんからほとばしる写真への情熱にはとても刺激を受けました。ありがとうございました。次は是非とも秋や冬にもシャッター押しまくりにいらしてくださいね。どんに寒くても風が強くてもお供させていただきます!

                             栗原 治郎(Yamnuska Guide)
by ymtours | 2009-08-25 14:55 | カナダの山旅 | Comments(2)

エスプラナーデ縦走 8/13-8/17

皆さん、もうしつこい??ヒロです(笑)毎度お馴染み過ぎです。今回は秋山様2名、米田様2名(今回でヤムナスカとのハイキングは2回目)イギリスのアリスとトム、オーストラリアのキムとアンディーで合計8名でBC州はエスプラナーデ山脈へ向かいました。出発当日は強い雨のためヘリコプターが離陸できず待機、、。しかし奇跡的に雲に裂け目が出来てその一瞬を見逃さずに入山しました。そして山小屋へ到着するとそこは真っ白の銀世界!!真夏なのにもかかわらず山中では雪が降っていました。地面の温度が高いためにすぐに解けてしまいましたが、いいもの見ること出来ました。また一気に気温が下がったために虫が少なく最高のコンディションでした。その様子をどうぞ。
d0112928_11112819.jpg
静かにたたずむ山小屋。とても雰囲気の良い小屋です。
d0112928_11212990.jpg
遠くに見えている山脈がカナディアンロッキー。ロッキーとコロンビア山脈の間にある大きな溝(トレンチ)に雲のカーペットが見れました。
d0112928_1142326.jpg
尾根に上がると昨日に積もった雪が残っていました。
d0112928_1149091.jpg
ハイキングから帰ると午後のおやつの準備が出来ています。今回のシェフは経験豊富なデボラ。最高です。
d0112928_11573930.jpg
エスプラナーデ山脈最高峰カポーラ山2632mにみんなさん無事に登頂!
d0112928_1214283.jpg
今回はベテランガイドのアリソンと私2人でガイドを担当しました。余裕のあるガイディング、さすがアリソン。
d0112928_1241757.jpg
夕食後はギター、歌、ダンスとみんなで盛り上がりました。私たちも日本語の歌で頑張りましたね!
d0112928_1253172.jpg
最終日はヘリコプターを待っている間に簡単に散歩。パノラマリッジからはコロンビア大氷原が見えるなど、最後の締めくくりにはふさわしい場所でした!

ハイキングは大成功。そしてこういったスタイルの山旅では、他の参加者たちとの交流がとても大切なものです。私自身、ガイディングはもちろんのこと、食事中の会話や、その他いろいろな場面でも皆様がうまくコミュニケーションがとれるように努力しました。そして皆様にとって掛け替えのない経験になった事と信じております。今回はエスプラナーデ縦走に参加いただき本当にありがとうございました。

                                       篠崎 洋昭
by ymtours | 2009-08-23 12:17 | カナダの山旅 | Comments(2)

マウントロブソン バックパッキング 世界混同チーム!

ヒロです。今回は世界混合チームをマウントロブソンにてご案内させて頂きました。Mtロブソンはカナディアンロッキーでは最高峰3954m。ちなみにカナダ全体での最高峰はMtローガン5959m。いつもはイエローヘッドハイウェイ側からしか見ることのできないこの山を、反対側から眺めることが出来ます。今回参加された皆様は日本から3名とカナダから5名。ロブソンパスキャンプ場に3泊、ホワイトホーンキャンプ場1泊。そしてなんと入山はヘリコプターを使用。その為重たい荷物を運び上げる心配なし!
d0112928_359728.jpg
ヘリコプターで楽々入山!
d0112928_484963.jpg
写真好きの鈴木様グループは最高の景色に感動されていました!
d0112928_8171615.jpg
午後の散歩中に出会った鹿。目の前を普通に通り過ぎていきます。
d0112928_953023.jpg
小さな湖に反射したMtロブソン。
d0112928_957030.jpg
翌日は早朝のMtロブソンを撮影するために、朝4時に起床してバーグレイクまで向かいます。ちょうど満月で美しい月が山を照らし出します。
d0112928_102590.jpg
この日はスノーバードパスまでの1日ハイキング。途中には巨大なロブソン氷河が眼下に広がり、圧巻です。
d0112928_1095847.jpg
夕立の後には虹が姿を現しました。
d0112928_10162523.jpg
下山日には見ごたえのあるエンペラー滝に立ち寄り、その轟音に圧倒させられました。
d0112928_10223317.jpg
楽しい仲間たちとの夕食です。料理は私ヒロと、ガイドのケビンが毎日担当します。メニューはカレー、パスタ、チリソースライスなどバラエティー豊かなものです。

今回は5泊6日のツアーに参加いただき誠にありがとうございました。鈴木様達はよい写真が撮れたことを祈っています。最終日だけは少し空からの冷たい贈り物に歓迎されましたが、それ以外の日は太陽が味方してくれました。皆様にとって素晴らしい旅になったことおもいます。またのお越しをお待ちしております。

                                         篠崎 洋昭
by ymtours | 2009-08-23 10:44 | カナダの山旅 | Comments(2)

アシニボインロッジツアー 7/29~8/4

d0112928_2114441.jpg

こんにちは。ヤムナスカガイドの川嶋亮です。
この度は長倉様ご夫妻をアシニボインロッジと周辺のハイキングにご案内させて頂きました。
全行程お天気にも恵まれ、ロッキーの高山植物も元気良く満開していました。

7/31 Canmore→Mt.Shark Heliport→Assiniboine Lodge
前日にレイクルイーズ周辺のフェアービューマウンテン(2744m)に登頂し、足慣らしをしてからアシニボインロッジ(2180m)にヘリで入山しました。午後からのハイキングはレイクメイゴッグ周辺のトレイルを歩き、マウントアシニボイン(3610m)の裾野まで行きました。丁度いいサイズの岩があったので、ここで皆でお昼寝。
帰り道、ロッジまで帰る途中の林の中のトレイルを歩いていると、なんとクーガー(アメリカライオン、ピュ-マ)が目の前(7~8m先)のトレイルを私達に背を向けてゆっくり歩いていました。クーガーは夜行性で隠れて行動する性質なので人の前にはなかなか出てこない動物です。とても貴重な遭遇をしましたが、危険な動物でもあるため私達はトレイルの進路を変え、無事にロッジまで帰りました。
d0112928_2122933.jpg

△Marvel Lake ヘリから撮影
d0112928_213116.jpg

△アシニボインとお昼寝岩

8/1 Assiniboine Lodge⇒The Nublet⇒Nub Peak⇒Elizabeth Lake⇒Cerulean Lake⇒Sunburst Lake⇒Lake Magog⇒Assiniboine Lodge
今日のコースはナブピーク(2743m)までの登頂コースです。天気も良く、マウントアシニボインや周辺の山々や湖も綺麗に見えていました。
d0112928_2133015.jpg
d0112928_2135229.jpg

△頂上でランチタイム!
d0112928_2155574.jpg

△アシニボインロッジのリビングルーム。夕方からはアペタイザーで美味しいケーキやフルーツ、紅茶などが出てきます。

8/2 Assiniboine Lodge⇔Wonder Pass⇔Wonder Pass Viewpoint
今日のコースはワンダーパス(2395m)を越えて、ワンダーパスビューポイントまでの往復のコース。
この時期は花が満開で、いたる所にお花畑を見ることができました。
d0112928_2163458.jpg

△ワタスゲ
d0112928_217061.jpg

△マーモットの親子
d0112928_2181271.jpg

△氷河の崩壊の瞬間
d0112928_2185424.jpg

△祐子さん、小川をジャンプ! 少し心配そうに見守る晃さん。
d0112928_2203583.jpg

△遠くまで広がるお花畑
d0112928_2211058.jpg

△ディナータイム。 ビールやワインもオーダーする事ができます。
d0112928_2213684.jpg


8/3 Assiniboine Lodge→Mt.Shark Heliport→Banff
最終日の今日は名残惜しいマウントアシニボインやロッジスタッフの方々に別れを告げヘリで下山します。
d0112928_2215795.jpg

晃様、祐子様、この度はヤムナスカツアーにご参加して頂きましてどうもありがとうございました!
今回は期待していたマウンテンゴートに会うことはできませんでしたが、それ以上貴重なクーガーに遭遇することができましたね。また機会がございましたら、ぜひカナディアンロッキーにお越しください。

                       Ryo Kawashima (Yamnuska Guide)
by ymtours | 2009-08-22 04:15 | カナダの山旅 | Comments(2)

8/12発 タカカウフォール ロッククライミング

d0112928_203864.jpg
プライベートでロッククライミングに参加された水谷様からお便りをいただきました。タカカウ滝はカナディアンロッキーで一番落差のある滝で観光名所としても知られていますが、その滝の横を登るのはとても貴重な体験でしたね!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

久しぶりにロッキーを訪れる機会があって、この夏は針葉樹とエメラルドグリーンの川を背景にクライミングを楽しむことにした。「タカカウフォールが楽しいよ」という話を聞いたので、「滝の横を登る機会なんてそんなにないよな」と、ガイドのサーラにリクエストした。

湿った岩を何のためらいもなくサーラはリードしていく。「いいなー」とサーラの頼もしい長い足を見上げる。これくらいなら私も楽しく登れる。でも、時々「あれ?」とムーブを考える場面もあっておもしろかった。

ここは、時々トラバースが入る。サーラがロープを出してくれたのでそんなに不安は感じないでざらざら道をトラバースして滝に近付いてどんどん上に上がっていった。

10ピッチクライミングで、最後はトンネル内の匍匐前進。小柄な私にはこれがなかなかおもしろかった。

トンネルを抜けると、私の目と耳に、勢いよく流れ落ちる水の固まりと轟音が飛び込んできた。まさに圧巻、そしてそんなには味わう機会がない滝の横クライミング。

サーラの安全への気配りは私にはとても参考になったし、話の中からスケールの大きいカナダのアイスクライミングも機会があったらなーと思ったりした。

クライミングそのものを楽しむならきっと他の岩場もあるのだろうな。でも、私は自分の背中にロッキーの自然を感じながら登るのがとても好きだ。

また、こんな機会があったらいいなー・・・です。M・M

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
d0112928_205550.jpg

何度も訪れたことのある水谷様ですが、クライミングできるエリアは無数にございます。またお越しいただける日を楽しみにしております。この度は誠に有難うございました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2009-08-22 02:13 | カナダの山旅 | Comments(0)

8/1発 ワプタ氷原アイスハイク3日間

d0112928_8274019.jpg
初日は氷河直下にあるボウハットを目指しました。ワプタ氷原は写真の上部に広がっております。

先日、ワプタ氷原アイスハイクのツアーに参加された澤田様からお便りをいただきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回のワプタ氷原アイスハイク、とても楽しく氷河を満喫することができました。

天候に恵まれかなりラッキーだったと思います。
下山したその夜から天気が急変し、翌日は雨でしかも横浜の真冬!!のような気温でしたから。天候に恵まれすぎて雪が柔らかく、Mount Rhondda方面に登れなかったのはちょっと残念でしたが。

ガイドのPatricは常に私たちの安全と居心地の良さに気を配ってくださり、とても感謝しています。私たちの話す英語にも辛抱強く耳を傾けてもらえ、気後れすることなく意志を伝えられました。食事については、特に私があまり量を食べていなかったので、心配をさせてしまったかとも思います。普段主人と二人で出かける山行の食事はかなり質素?であることが判明。山で食べるメニューについて学ぶところが大きかったです。フリーズドライのスープや、パスタと様々な食材の入ったソースとの組み合わせ、pita breadのサンドイッチなど、作ってみます。hummusのペーストを作る素をマーケットでみつけ、おみやげに買ってきました。

今回のコースは氷河を歩く事が主な目的だったので、次回は是非どこかのピークに立ってみたいと思っています。

日本では味わえない氷と岩だけの世界、そしてエメラルド色のBow Lakeと Peyto Lake、針葉樹林のにおいと、動物や小鳥の鳴き声、さらに山小屋でご一緒したカナダの皆様、忘れられない思い出となりました。

空港との往復のバスや、ホテル、航空機の手配について岩田さんからアドバイスいただき、とても心強かったです。ありがとうございました。

Patrickへは、写真をそえてYamnuskaあてに手紙を送らせていただこうと考えています。

楽しい旅をありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とても楽しい雰囲気が伝わる写真もいただきました!
d0112928_8334365.jpg
日本のお客様を多くガイドしたことがあるPatrick(パトリック)。きめ細かなガイディングに定評があります。
d0112928_8394852.jpg
今回はプライベートツアーになりました。
d0112928_840178.jpg
氷河上はロープを繋いで行動します。氷河の上に立つのは初めてでした。
d0112928_8401137.jpg
天候は晴天が続き、氷河やクレバスの青みも一層濃さを増しております。
d0112928_8402130.jpg
入山は観光地として有名なボウレイクをスタートして2つの小屋に宿泊して下山はピートレイクへ下りる縦走コース
d0112928_8403375.jpg
次回はピークハンティングの山旅をご紹介させていただきます!お会いできる日を楽しみにしております!この度は誠に有難うございました。

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

【関連リンク】
ワプタ氷原アイスハイクツアー

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2009-08-13 09:02 | カナダの山旅 | Comments(0)

8/3発 グレートディバイド・トレッキング5日間

グレートディバイド前半戦はガイド、篠崎がご案内させて頂きました。曇り模様の中を色鮮やかな雨具に身をまといハイキングです。
d0112928_2153832.jpg
雰囲気の良いシャドーレイクロッジ。スタッフもとてもフレンドリーで気持ちの良い滞在を約束してくれます。
d0112928_2213893.jpg
初日はシャドウレイク湖畔をハイキング。マウントボール頂上を雲が覆います。雲裂け目から見える滝は圧巻でした。
d0112928_238281.jpg
朝食、夕食は他のお客様たちと同じテーブルを囲みます。皆様との楽しい会話も旅の思い出の一つですね。
d0112928_2443072.jpg
2日目のギボンパス。峠周辺の岩場には沢山のマーモットがいました!おそらく20匹以上はいたでしょう。
d0112928_2493476.jpg
満開のインディアンペイントブラッシュと一緒に一枚!
3日間曇りがちでしたが、ハイキング中は雨に降られず楽しいものになりました。明日からはガイド、岩田にバトンタッチです!

d0112928_14471645.jpg

岐阜からお越しの平井ファミリー3名様。シャドーレイクとMt.ボールを望む。

今回のルートはバンフのクラシカルルートの一つとして知られている通称"Bow Valley High Line Trail" シャドーレイクロッジ(3泊)⇒エジプトレイクシェルター(1泊)⇒サンシャインメドウを歩きます。

前半は篠崎がシャドーレイクロッジ周辺をガイドして後半は私、岩田がバトンタッチ。久々の「脱オフィス」という事もあってとても楽しくご案内させていただきました!

実は少し心配事もありました。それは私が担当する3日間の天気があまり思わしくないということ、、、今回は濡れる事も覚悟で臨んでいました。しかし、天気は私達に味方してくれてトレッキング中は見事に雨の予報がはずれて晴天の中でのトレッキングとなりました!
d0112928_14544630.jpg
早朝シャドーレイクへ。キンキンに冷えた空気と澄んだ空は晴天を確信しました!
d0112928_1563879.jpg
ウィスリングパスまでは2箇所の急登がありました。よく頑張りましたね!

日照時間が長いのを最大限に利用してのんびり休んだり、花々を眺めたり、動物を探したりと、とても有意義な時間を過ごす事ができました。ウィスリングパスでは、ご主人の幾たびの口笛がマーモットに届き、鳴き返してきたのは驚きでした!
d0112928_15191847.jpg
花もちょうど最盛期でした!高原を彩るインディアンペイントブラシ。

d0112928_1525135.jpg

初夏に咲くアネモネのもう一つの姿。

平井様は、日本からカナダに到着後、バンクーバーからは列車を使ってカナディアンロッキーに入りました。これはロッキーが観光地としてヨーロッパから注目されるようになった頃のクラシカルな旅のスタイルで、初めてのカナダを色々な角度からお楽しみいただけたのではないでしょうか?羨ましい限りです。
d0112928_15455274.jpg
ウィスリングパスに到着。今まで歩いた道を確認しながら達成感に浸りました。
d0112928_15495754.jpg
エジプトレイクシェルターを出発。名残惜しい最終日。
d0112928_15573539.jpg
花の大群落を歩く!遠方からでも紫色のじゅうたんを確認できるほどでした。
d0112928_1691578.jpg
充実感いっぱいでゴール!トレッキング無事に終了!お疲れ様でした!

今回は天気にも恵まれて、カナディアンロッキーの大自然を満喫された5日間だったと思います。ぜひ次回も素晴らしい山旅を提案させてください。そして今度はご家族4人でのお越しを楽しみにしております!この度は誠に有難うございました!

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

【関連リンク】
グレートディバイド・トレッキングシリーズ第1弾


にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2009-08-12 16:13 | カナダの山旅 | Comments(0)

夏のラーチバレー 4menハイキング

こんにちは、ヒロです。今回はバンクーバーからお越しの皆様をラーチバレーへご案内させて頂きました。皆様はバンクーバーから出張でカルガリーへ来られており、その中日を利用してハイキングを楽しもうということで今回ご参加いただきました。皆様何度かロッキーには来られたことがあるそうでしたが、実際にハイキングをしたことは無いとのこと。この日は天候も最高でしたので、ラーチバレーはセンチネルパスまで足を運びました。
d0112928_1173324.jpg
ラーチバレーはグリズリーのテリトリー内。トレイルヘッドには「4名以上のグループでない限りは進入禁止」としっかりした案内板がある。今回我々は4名なので大丈夫!
d0112928_1132285.jpg
森林限界線を越えるとテンピークスの展望が広がります。
d0112928_11371496.jpg
少し早めのランチを食べ、いざセンチネルパスへ!
d0112928_11403230.jpg
センチネルパスまでは数個のスイッチバックを登り、約45分で峠まで!もう少し!
d0112928_1145488.jpg
到着!!!最高の景色!イェーイ!
d0112928_1226789.jpg
今回S様とN様は最新のウォーキングストック初めて使用しました。特に下りではその威力は絶大なもので、ひざの負担を軽くします。また足元の悪い場所などではバランスを保つためにも有効です。ブラックダイアモンドのストックはクリップ式で、ドイツ製のレキのスクリュー式と違って長さの調節が簡単。今回大活躍しました。
d0112928_12343061.jpg
最後は渇いた喉を癒すためビールで乾杯!

今回はカナダ在住の皆様とのハイキング、とても有意義なものになりました。皆様からはいろいろなカナダ事情やバンクーバーの情報など聞けてとても楽しい持間を過ごすことができました。また皆さんにとっても思い出深いハイキングになったこととおもいます。最年長S様は今年の9月に帰国されてしまうそうですが、是非また帰ってこられた時はご連絡を!また4men でハイキングしましょう!今回はご参加いただき誠にありがとうございました。


                                    篠崎洋昭
by ymtours | 2009-08-03 12:52 | カナダの山旅 | Comments(3)