<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ユーコン国立公園バックパッキング

d0112928_10581888.jpg

今回行った場所の衛星からの画像。巨大な氷河、これがクルアニ国立公園です。

ヤムナスカバックパッキングガイドの秋山裕司です。
現在、ユーコン支店に来ておりまして、S様ご一行をユーコンの世界遺産、クルアニ国立公園にあるバックパッキングルート、スリムズリバーウェスト、通称カスカウォルシュ氷河ルートにご案内いたしました。

クルアニ国立公園は、約2万2千平方キロメーター(最大の県岩手で1万5千平方キロ、北海道は7万7千平方キロ)の広大な面積の内、たった18%(7%が森林、11%がツンドラ)の面積にしか植生がなく、そのほかは全て森林限界上とほとんどが氷河!という場所なのです。つまり、バンフ国立公園(岡山県と同じくらい)がすっぽり植生のない場所として、収まってしまうんですよー。でかい!

今回のS様ご一行は、山岳会の仲間。登山暦40年以上のベテラン3名様でしたので、今回のツアーにぴったり。
というのも、氷河展望までのアプローチが1泊2日の22.5km。途中はキャンプサイトがなく、適当にキャンプを張り、22.5km先のキャンプサイトからも氷河一望までは、標高差1300mを登らなくては行けなく、途中渡渉が3回。
んータフです。ただ、登山ベテランの方でなくても、ヤムナスカの全面サポートで登頂可能ですから、ご安心を!
ツアーの紹介はこちらから。

S本様、A様、S谷様、今回はありがとうございました。
アシニボインバックパッキング、ロックウォール等々まだあります。
ユーコンにもトゥームストーン、ひょっとするとチルクートトレールもセットアップが間に合うかもしれませんので、来年また会いましょう!

バックパッキング終了後は、うまーい、ポークリブ、フィッシュ&チップスご馳走さまでした!

ツアーの様子は写真と一緒にどうぞ!


d0112928_13442798.jpg

今回の精鋭のかたがた

d0112928_1059584.jpg

クルアニ国立公園のバックパッキングには、熊が食料を食べないように「ベアキャニスター」という代物を借りることが義務付けられています。これが量が入らなくて、困ったチャンです。

d0112928_1111425.jpg

一番大きい渡渉。秋口の今の水量はずいぶん低くなっていた。真夏は本気モードでいかないとやばいです。もちろん水温は低いです。

d0112928_13483886.jpg

初日のキャンプサイト

d0112928_13375658.jpg

朝焼けが見れたのはこの日のみ。。

d0112928_13392596.jpg

氷河が後退した後の広ろーい川原。横断で1時間かかります。まじです。

d0112928_13334944.jpg

紅葉まっさかり

d0112928_13463327.jpg

黄葉も真っ盛り

d0112928_1359531.jpg

半端な数ではない長之助草の群落

d0112928_1228977.jpg

ユーコンの地酒といえば、ユーコンゴールド。
これを2人で6本も荷揚げしていただきました。

d0112928_12292618.jpg

乾杯!

d0112928_13361128.jpg

ビール、ご馳走様!

d0112928_11305032.jpg

バックパッキングには強い酒も必要

d0112928_13554348.jpg

3泊したキャンプ場。快適な場所でした

d0112928_1432211.jpg

旅のクライマックス、オブザベーションマウンテンへの急登中

d0112928_1453469.jpg

オブザベーションマウンテンからのパノラマ写真

d0112928_1464691.jpg

シープリバー、川幅で3kmほど。

d0112928_1335772.jpg

動物が多いはずですが、見たのはテンの仲間とうさぎ、と下の。

d0112928_14241495.jpg

ロッキーにはいない、ユーコンのDullSheep(元)

d0112928_14215557.jpg

ただ、足跡は豊富にありました。
上からムース、狼、グリズリー熊

d0112928_141509.jpg

ユーコンとゴールドラッシュの歴史は切っても切れません。
ゴールドラッシュの夢のあとを森の中に発見

d0112928_1131422.jpg

町に戻って食べたホワイトホース名物フィッシュ&チップス。マジに美味いです。
by ymtours | 2008-08-29 10:11 | カナダの山旅 | Comments(3)

フェアビューMt. 登頂(8/12)

d0112928_893930.jpg
近年はパートタイムガイドの平木であるが、9年ほど前、某女優さんと一緒にアシニボイン周辺ハイクするという番組に出演したことがある。さすがに9年も経つと話題性や記憶はかなり希薄になるものなのだが、久々にばっちり覚えていたうえにご自分のメモまで探して、バンフへ行ったら平木さんにガイドしてもらおうという?!?!な希望と、ヤムナスカブログで見たあの素晴らしいフェアビューへ登ろう!という堅い決意でいらした方があった。

森さん、いくらお若いとはいえ9年も前の、たかがテレビ番組に出た、しかも女優ではないほうを印象にとどめることになったのか? おそらくその原動力はカナディアンロッキーの恐るべき魅力である。ここを訪れた誰もが「困った」ことになってしまう、わけのわからない牽引力である。ヒマラヤやアンデスに比べれば随分低い。ヨーロッパアルプスほどの熟れもない。そのくせバンフのような有名どころはちゃっかり混雑と開発の大波に襲われており、マイナーだけど秘境的に静謐なんていうメリットもない。

それで、何が「困った」ことなのか?
森さん提供による写真を見ていただいても説明できない素晴らしい実態がある、それを家族や友達に伝えきれないということ。これでまず困る。中毒症状になることもある。また行きたくなるのだ、何回も、同じところでもちょっと季節をずらせばもう一度ため息をつく美しさ。地図を広げてみるとなんとこの雄大さが、精出して踏破したルートがカナダの塵でしかない。ロッキーとカナダのMUSTルートをつぶしていくと、元手と時間がおりあわず、要はあなたの人生に重大な危機をもたらす。・・・というような震えのとまらない会話を、フェアビュー2743m頂上でとっぷり1時間もしゃべっただろうか。フェアビュー登頂を決意されてから、超多忙キャリア生活の間隙
をぬって富士登山トレーニングまでこなしたという森さんの確信実行は、この上ない晴天と快適な温度というベストコンディションで報われた。トレーニング効果もばっちりで、レイクルイーズ出発後3時間足らずで360度を睥睨できたのである。気紛れなマザーネイチャーという観点では極めつけのロッキーの山々の主もこの日は積極的に協力してくれたのである。

森さん、頂上付近で会って質問してきた無愛想なカップルを覚えておられるでしょう?3日後くらいに彼等はバンフの街で向こうから愛想よく話しかけてきました。テンプル(3654m)も登ったそうです。ルーマニア人でした。ちょうどその日にオリンピック女子マラソンで同様に無愛想な(マラソン中に愛想良くもしてられないが)ルーマニアのお姉さんが20kmあたりからぶっちぎりで優勝したのと重なって印象深かったです。国際的フェアビューMt.に、森さんも国際的富士山をへて登頂したわけです。そしてこのさりげない多様性がカナダの山歩きの隠し味でもあるかなと、久々にガイディングして鮮度をややとりもどしたセミリタイアガイドは考えたのでした。
d0112928_8144425.jpg
▲頂上からの眺め。パノラマの景色が広がります。
d0112928_8151215.jpg
▲Mt. Hectorとシャトーレイクルーイズ
d0112928_8192580.jpg
SEE YOU NEXT YEAR!

Yumiko Hiraki (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-28 08:10 | カナダの山旅 | Comments(2)

お客様の声(日帰りハイキング8/1、8/2)

こんにちは。
今回の日帰りハイキング(8/1,8/2)に関しまして、日程の調整等いろいろとお世話になりました。ハイキングのあとはレイクルイーズでゆっくりし、4年ぶりのジャスパーでものんびりして、8/10、無事に蒸し暑~い日本に帰ってきました。

今回のハイキングでは初めての場所に行くことができ、12回目のロッキーになりますが、初めて見る景色がとても新鮮で、ますますロッキーに魅せられてしまいました。毎年のことですがレイクルイーズやモレーンレイクにも行ったのですが、もうかなりの回数見ている景色なのに、毎回感動し、毎回忘れられない景色になっています。本当に何回見ても、何時間見ていてもあきることはありません。ロッキーの景色すべてがそうです。私にとってカナディアンロッキーは、『もういいかな』『満足した』と思うことは決してないと思いますし、特別な存在であり、永遠に大好きな場所であると思います。

まだ帰ってきたばかりで、来年のことは未定ですが、またハイキングに参加したいと思っています。そのときはまたご連絡させていただきますね。また、このメールからで恐縮ですが、今回ガイドをしていただいた川嶋さんにも、よろしくお伝え下さい。ありがとうございました。
d0112928_6512837.jpg
▲Padget Lookout から
d0112928_6514150.jpg
▲モレーンレイク素晴らしい色ですね。実際もこの色で見られるからスゴイ!
d0112928_71502.jpg
▲エッフェルレイクの帰り ~またお越しいただける日を楽しみにしてます!~

【関連リンク】
担当ガイド川嶋亮の山旅記録

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-27 06:56 | カナダの山旅 | Comments(1)

久々のハイキングガイド。

オフィスを抜け出して久々にガイドをしてきました。
やはりお客様と一緒になって感動するのはいいものですね!
d0112928_1343715.jpg
▲ヘリハイキングで有名な某ロッジの湖から
d0112928_1351588.jpg
▲左からHound's Tooth(2814m)とSnowpatch Spire(3065m)
d0112928_1353442.jpg
▲氷河の中から尖った花崗岩の山々が突き出ているようです

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-26 15:42 | その他 | Comments(0)

カナダを代表するバックパッキング・トレイル『ロックウォールトレイル5泊6日』

d0112928_916527.jpg

 ヤムナスカガイドの石塚です。今回は東京からお越しの石田様ご夫妻と共に、カナダを代表するバックパキングルートである『ロックウォールトレイル』を8月11日より5泊6日で制覇してきました。
 実は石田様ご夫妻は去年にも『レイクオハラ&アシニボイン! ロッキーの二大絶景地をハイキング』にて私がガイドを担当させていただいており、今回はなんと4度目のカナディアンロッキーハイキングなのです。
 ロックウォールトレイルはカナダ国内だけでなく、世界的にも有名なバックパキングルートの一つであり、トレイルはクートニー国立公園のヴァーミリオン山脈に聳える絶壁(ロックウォール)沿いに約55kmの長さで続き、いくつかの峠を越えながら氷河や氷河湖、高山植物のお花畑を楽しめるドラマチックなコースです。
 今回のツアーでは一泊目のヘルメットクリーク・キャンプサイトに2泊したことで、ヨーホー国立公園の境界に近いグッドサー峠までの日帰りハイキングも楽しみました。
 総歩行距離の約67kmを無事に完歩!天気にも恵まれ、素晴らしい6日間となりました。石田様には今回のツアーでカナダでのバックパッキングの魅力を知って頂けたのではないかと思っております。改めまして、今回は本当にありがとうございました。また、来年??もお会いできるでしょうか(笑) まだまだロッキーには素晴らしバックパッキングルートやキャンプ地があります。再びご案内できる日を楽しみにしております。

d0112928_8444739.jpg
グッドサー峠近くの無名ピークを目指す。


d0112928_847285.jpg
無名ピーク山頂! 背後に聳えるのがヨーホー国立公園の最高峰マウントグッドサー(Mount Goodsir 3562m)です。


d0112928_8485251.jpg
タンブリング峠付近。間近にタンブリング氷河が迫ります。


d0112928_8503274.jpg
タンブリング峠付近のお花畑でランチタイム。ここは様々な色のインディアンペイントブラシが満開でした。


d0112928_8514995.jpg
4泊目、ヌマクリークのキャンプサイト。この日は早めにキャンプ地に着いたため、洗濯を行いました。もちろん、洗剤は使わず水場から離れたところですませます。その後は、読書や昼寝などを楽しみながらリラックスした時間を過ごしました。


d0112928_8533040.jpg
この日の夕食はなんと三食ちらし寿司! スモークサーモン、ツナマヨ、アボカドの奏でるハーモニーは絶品ですよ。


d0112928_855213.jpg
ヌマクリークからフローレイクまでに通過するヌマ峠越えは最もハードな行程となりました。猛暑の中、標高差およそ860mを登ります。写真は峠まであと少しの場面。


d0112928_857526.jpg
ヌマ峠到着!ロッキーを代表する美しい氷河湖の一つ『フローレイク(Floe Lake)』を眺めながらのランチは最高でした。


d0112928_8591041.jpg
ちなみに毎日のランチは毎朝炊いたお米で作るヤムナスカ特製のり弁!トッピングの具材が毎日変わりまして、この日はサーディーンを醤油とみりんで甘辛くにてネギを絡めた一品です。


d0112928_911099.jpg
峠から見えるフローレイク。
この湖の湖畔が最後のキャンプサイトとなります。


d0112928_921382.jpg
木漏れ日の中、キャンプサイトのピクニックテーブルでくつろぐ。まさに最終キャンプ地にふさわしい場所です!


d0112928_931584.jpg
フローレイクではカナディアンの子供たちが飛び込み合戦を楽しんでいましたよ。


d0112928_94522.jpg
最終日の早朝のフローレイク。このトレイルは最後まで素晴らしい風景を楽しませてくれました。

by ymtours | 2008-08-18 09:16 | カナダの山旅 | Comments(3)

Mt.Wilcox(2884m)

ここ最近のロッキーは30度前後の暑さが続いております。週末は少しでも涼しいところを求めて、ジャスパー国立公園にあるMt.ウィルコックを登ってきました。
d0112928_5202758.jpg
ハイキングコースでも知られているウィルコックス・パスからでもコロンビア氷原から吹き下ろす天然のクーラーが暑さを和らげてくれます。ここからピークまでの標高差は500mほど。
d0112928_521674.jpg
頂上からは、しばし暑さを忘れて周囲の氷河を眺めました。

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-18 05:50 | その他 | Comments(0)

Paget Lookout & Eiffel Lake Trail 2008/08/01-02

ヤムナスカガイドの川嶋亮です。
8月1日に斎藤様、舟津様をヨーホー国立公園にあるパジェットルックアウトへご案内させて頂きました。パジェットルックアウトは以前、山火事を防ぐために建てられた監視小屋があり、ここからはヨーホー国立公園を代表する山々を眺めることができます。 当日はあいにくの雨でしたが、高低差約530mを登り、監視小屋に着いた頃にはちょうど雨もやみ、雲の切れ間からナラオピークやキャスィードラルマウンテンを望むことができました。 標高2500m以上の山々は雪化粧をしてとても綺麗でした。

翌日はお二人様と、大竹様、園山様、岩上様、計5名様とご一緒にモレーンレイクにあるハイキングコース、エッフェルレイクトレイルに行ってまいりました。エッフェルレイクトレイルからはモレーンレイクからは見えない10個目のテンピークス、Wenkchemna Peakと上方からモレーンレイク等を望むことができます。
d0112928_15144913.jpg
d0112928_1515992.jpg

上:10番目の山、Wenkchemna Peak、左下にはエッフェルレイク
d0112928_1515272.jpg

上:7番目と8番目の山、Mount TuzoとDeltaform Mountain

この度はヤムナスカツアーにご参加して頂き、本当にありがとうございました!
またのお越しをお待ちしております。

Ryo Kawashima (Yamnuska Guide)


にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-15 23:22 | カナダの山旅 | Comments(0)

エスプラナーデ・トラック 8/3~8/7

d0112928_13521913.jpg

ヤムナスカガイドの川嶋亮です。
引き続き、斎藤様、大竹様、園山様、岩上様を8月3日から4泊5日でエスプラナーデ・トラックにご案内させて頂きました。 今回のエスプラナーデツアーは国際色豊かで他にカナダ人のご夫妻、ブラジル人のカップル、カナダ人ガイド兼コックのディアナ、カストディアン(用務係)のシャンドラと計8名のお客様、2人のガイド、1人のカストディアンと行って来ました。
d0112928_13523931.jpg

d0112928_154998.jpg

Nuclear Blue Lake
この日は暑かったのでハイキング中に寄った湖で休憩をしながら、水着を持っている人はスイミング!  さすがブラジル人カップルはいつもリオのビーチで泳いでるらしく、早速飛び込んでました。でもさすがに冷たかったらしく湖から上がった後はブルブル震えていました。大竹さんもすでに水着着用でハイキングをしていたらしく、湖にダイブ!泳ぎもとてもお上手でクロールもかっこよかったですよ!
d0112928_13525259.jpg
d0112928_1353916.jpg

Cupola Peak
エスプラナーデエリアで一番高い山。 最後は少し岩場を登ります。慎重に登っていき、頂上に着いたら皆でスマイル!
d0112928_13532268.jpg

Spotted Saxifrage(ユキノシタ科)
d0112928_13542378.jpg

Ms.Iwagami & Ms.Sonoyama
d0112928_13544180.jpg

Mr.Otake
d0112928_135453100.jpg

Mr.Saito
d0112928_13551033.jpg

d0112928_1485629.jpg

シャンドラ対大竹さんのジェンガ対決。 勝敗はいかに?
d0112928_13552835.jpg

ディアナ特製、レモンパイブルーベリー乗せ。皆にも大人気。
d0112928_1356568.jpg

サンライズ小屋からのサンライズ。Amazing

この度はヤムナスカツアー、エスプラナーデ・トラックにご参加して頂き大変ありがとうございました。まだカナディアンロッキーには縦走のできるコースなどもございますので、また機会がございましたら是非お越しください。

Ryo Kawashima (Yamnuska Guide)


にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-07 17:58 | カナダの山旅 | Comments(0)

マウント・アシニボイン登頂記

d0112928_3154814.jpg


こんにちはガイド・栗原です。

今回はガイドではなく見習いガイド、通訳、クライミングアシストとして、サチコさん、チズコさんのお二人と共にマウント・アシニボインに行ってきました。ガイドはヤムナスカのマウンテンガイド、グラントとパディー。グラントは大ベテラン、そしてパディーはあと二つ資格を取れば国際ガイドになる、という若手のホープ。出発前日にはパディーと私でお二人をキャンモアそばの岩場を案内し、プレトレーニングも行いました。

北米のマッターホルン。

そんな異名を持つアシニボインは、大陸分水嶺、アルバータ州とBC州の州境に位置しています。標高は3618m。麓のレイク・マゴックからは1525mの高さで聳え立っています。湖を前にしたその秀麗な姿はあまりにも有名でしょう。

この山にアシニボインという先住民族の名を付けたのは1885年前後地図製作のためにカナディアンロッキーを訪れていた、ジョージ・ドーソン氏。バンフのそばのピークへ登った氏が、頂から雲がたなびくその姿を見て、アシニボイン族のティピ(テント)からたなびく煙を思い出し、そう命名したそうです。同じ様な姿は今でもよく見ることができます。

そのピークへの道でもっとも一般的なのが北稜。今回はこれを狙います。

まずは北面のすぐしたにあるハインドハットへ。”Gmoser's High Way”というハイウェイらしからぬトレイルを慎重にたどり、ハインドハットへ行くまでは約4時間ほどかかりました。雨は止んでいましたが、シャワークライミングのような場所もあり緊張します。ハインドハットにはほかのガイドパーティーや個人できたクライマーなどでとても賑わっていました。
d0112928_316515.jpg

d0112928_3172521.jpg



翌日は天候が悪いのでハットの裏にあるマウント・ストロームにて足慣らし。ガイドとのロープワークに慣れたり、ミックス状態の登降に慣れ、アシニボインの良いシュミレーションとなりました。この日はお二人とも早目に寝袋に入り、翌日のためにゆっくりと休養を取りました。
d0112928_3175770.jpg

d0112928_3182026.jpg



そして挑戦の日。

朝2時半に起床。手早く朝食と準備を済ませ3時20分にハットを出発しました。星星が瞬き、きりっとした空気が気持ちよい深夜です。ロープオーダーはグラント、チズコさん、私。そしてパディーとサチコさん。着かず離れずの距離を保ち、落石に注意しながら進みます。
d0112928_3241730.jpg

写真でも分かる通りコンディションは難しい状態。年によってはほとんどクランポンを履かない年もありますが、今回は最初からクランポンを履き、ミックスクライミングになりました。
d0112928_3255242.jpg

核心部のグレイバンド、レッドバンドでは薄氷にフロントポインティング、チムニーで微妙なステミングなどを強いられます。しかし、こういうクライミング経験の少ないチズコさんが、怖がりながらも割とスムーズにこなして行くのを見てとても感心しました。サチコさんもパディーにリードされながらスムーズに進んでゆきます。
d0112928_3264716.jpg

d0112928_3325741.jpg

上部ではいよいよ細く傾斜の増してくる北稜沿いを進みます。快晴だった天気も次第に下り坂になり、緊張感が増してきます。長い長い北稜を登りきりやっと頂上稜線に飛び出したのが10時40分。そしてまるで冬のような頂上に着いたのが11時20分。丁度8時間かかりました。思わず涙声になるチズコさん。私も目頭が熱くなりました。しかし、ゆっくりもしてられません。すぐに下りです。
d0112928_3284054.jpg

下りではグラントとパディーがショートローピング、ローワーリングを駆使して難しいダウンクライミングをサポート。私はルートファインディングしながらチズコさんのアシスト。しかし安全と引き換えに下りはスピードが落ちます。グレイバンドを降りたあともチズコさんの足の痛み、他パーティーとのアンカーの共有などで時間はどんどん進んで行きます。一度持ち直した天気もまた下り坂を転がり落ち、激しい風と雹、雨が降ります。腰にぶら下げていたアイスアックスが帯電し始めた時はかなり緊張しました。
d0112928_3334095.jpg


そんな厳しい下降を経てハインドハットにたどり着いたのが夜の9時40分。実に18時間を越える登攀となりました。ぎりぎりまで気力・体力を振り絞ったチズコさん、常に冷静さを保ち、疲れてもしっかりと行動されたサチコさん、お二人の頑張りに一緒に行動していたほかのパーティーのガイドも”日本人はタフだ”と感心していたほどです。夕食もほどほどにお二人とも泥のように眠りについていました。私もまるで丸太のように眠ったのは言うまでもありません。本当にタフな一日でした。

翌日、チズコさんの足首が悪化してしまったのでハインドハットから直接ヘリでピックアップしてもらい、あっと言う間に車のあるヘリパッドへ到着しました。ヘリの窓から見えるアシニボインはそのときも山頂に雲をまとわりつかせ、遠くからでもその威容を見せ付けているようでした。
d0112928_3161761.jpg


マッターホルンよりも難しい、北米のマッターホルン。そのマウントアシニボインのタフな一日にご一緒にさせていただき、共に山頂に立てたことをとても嬉しく思います。お二人の山人生の大きな記念になれば、私にとっても嬉しい限りです。

栗原 治郎 (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-06 03:40 | カナダの山旅 | Comments(4)

思わぬ訪問者・・・

今朝、ベランダに出ようとしたら思わぬ訪問者が、、、
d0112928_14385122.jpg
ロッキーの図鑑(Ben Gadd著)によると、"Little Brown Bat"というコウモリ
d0112928_1439599.jpg
今日は1日外出して戻ってみると、まだ同じようにいました。一般的に9月の中旬頃から活動が弱まり冬眠状態に入るようです。まさか、、、今からでは何とも早過ぎますね。しばらく、ベランダを開けずに静かに観察してみようと思います。ロッキーではあまりお目にかかれない珍しい動物でした。

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-08-03 15:03 | その他 | Comments(0)