<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第5回ガイドインタビュー(Michiyo Adachi)

d0112928_14155197.jpg
d0112928_1426540.jpg

久々のガイドインタビュー第5弾!今回は足立道代さんをインタビューをしました。
そしてこの場を借りてお知らせがあります。
今月の初めに道代ちゃんは結婚をしました!
素晴らしい天気の中、ロッキーの山々に囲まれて素敵な結婚式が行われました。
道代ちゃんとHans(ハンス)、おめでとう!!
末永くお幸せに!




================================================
※以下のインタビューは今年の6月に行われたものです。
薫:
それでは今日のガイドインタビューは足立道代さんです。よろしくお願いします。
まずは恒例の自己紹介からどうぞ!

道代:
こちらこそ、よろしくお願いします。
1973年生まれの東京都出身。大学卒業後はハイキングやトレッキングを専門に扱っている旅行会社に就職、退職後カナダにくる直前まではハワイアンマッサージセラピストとしてオイルマッサージをしていました。

薫:
とても面白い経歴だね。この辺は後からいろいろ聞くとして、山との出会いについてはなしを聞かせてくれる?

道代:
大学時代、体育会山岳部に所属していました。なぜ、山岳部?って聞かれるといつもこまるんですよね。友達に連れられて話を聞きに行って、なぜか私だけ入部。。。卒業するまでなんとか続けました(卒業式も山のなかでした)。

薫:
山岳部といえば最近は人数が集まらず廃部になる事も多い中、4年間続けられたというのはすごいね。辞めようとは思わなかった?

d0112928_14533654.jpg道代:
悩んだことがなかったかといえばいつも悩んでいました。周りはは男子学生ばかりで、合宿はその当時の私には体力的にも精神的にもつらいことの方が多かったですから。ただ、もっと正直にいうと、80年も続く山岳部という大きな大きな家族のようなところに入り、山がどうこういうよりも家族を離れるということ=退部ということはあまり考えられなかったような気がします。私がつらいと思っている分、それを常に支えてくれたのもそんな組織ならではだったからだと思って感謝もしています。また、私の所属していた山岳部では4年間はトレーニングの時でその先を目指すんだっていうようなことを常々言われていました。多くの先輩がヒマラヤで活躍しているのを見るとなるほど。。。とも思います。私としては、つらいながらも何か魅力的な登山というものを知った以上、まずは4年間過ごしてみて、その先に自分なりの山というものを見つけられたらいいなあと思っていました。

薫:
なるほど、上手くお互いに助け合っているからこそ80年以上も存続できているんだろうね。そして4年間は土台作りで家族という中にもそれぞれに、その後の目標があったのですね。うーんなかなか魅力的な部だね。自分は山岳部出身ではないので、また違った一面が見られた気がしたよ。道代ちゃんは、活動中又は卒業後に何か目指すものは見出せたの?

d0112928_1457448.jpg道代:
卒業直後はまだ腑抜け状態で、自分で何をしたいのか分かりませんでしたが、前述の旅行会社のアシスタントとしてお客様を北アルプスの裏銀座にお連れした時に、山のレベルや登山スタイルではなく、自分がいかに情熱をもって、自分のレベルで地に足をつけた登山を目指す事が大切なんだなあと、お客様に教えられました。当たり前のことのようで、男性ばかりのメンバーの中で、自分にはハイレベルすぎることを常に引っ張られるようにし続けていた私には目から鱗でした。

薫:
山のアシスタントガイドで自分の方向性を発見したんだね。これは今後の道代ちゃんに大きな影響を与えたイベントだったんじゃない?今はこうしてガイドをしているわけだし・・・そうそう、ヒマラヤに遠征する機会もあったそうだけど、このはなしも面白そうだね。

d0112928_156045.jpg道代:
2002年の秋にチベットのチョーオユーという8201mの山の頂に立つ事ができました。これは日本山岳会と中国山岳会が合同で企画したもので、日中国交30周年を記念した事業です。チョーオユーは世界第6位の高峰ですが、技術的にはそれほど難しくはなく、また堂々とした風格をもった秀峰として人気の高い山です。この合同遠征隊に日本から6名、中国側から5名のチベット女性が参加しました。技術的に難しくないといっても、8000m峰という高峰、外国遠征ということで、様々な準備が必要です。それを周りの多大なご協力を頂きながらも女性同士が意見を出し合って事を進めるということは私がいつかしてみたい夢のまた夢と思いつつも、頭の中で描いていた事でした。

薫:
それはまたスゴイ経験をしたんだね!日本の山の旅行会社で働き出すようになってからは、きっと世界中の山へ訪れる機会があったと思うけど何カ国ぐらい行ったの?

道代:
そうですね。20カ国ぐらいでしょうか。

薫:
エリアは北半球と南半球山がある所ならばどこへでもって感じだろうね?難しいと思うけど特に印象に残るエリアはあるかな?

道代:
地球上のデコボコを探してって感じですね。それぞれ、いろんな思い出がありますが、ネパールやチベットは大好きです。そして、もちろんカナダですね。

薫:
ここで「カナダ」が出てきたね。世界の山々と比べてカナダ=カナディアンロッキーはどんな印象があった?あと初めてカナダに訪れたのはいつになるの?

d0112928_15304365.jpg道代:
カナダに初めて来たのは2000年8月です。添乗員として日本から80名!ほどの日本山岳会の会員の方々をロッキーにお連れしました。その旅行は1925年にアルバータ峰に初登した日本人パーティの75周年記念として日本山岳会、カナダ山岳会、アメリカ山岳会らの合同プロジェクトでした。大きなプロジェクトで、しかも初めてのカナダということで苦労も沢山ありましたがその10日間はとても印象的なものとなりました。高山植物が咲き乱れる広大な山の中に毎日身を置く事に幸せを感じた事はもちろん、私たちを迎えてくれた地元メンバーのホスピタリティーにもとても感激しました。カナダ側よりガイド、クック、ドライバーなど多くの人々(中にはロッキー在住の日本人の方も)がこの企画に携わり、各自の役割をもって私たちに接して下さったのですが、私が特に強く感じた事は、彼らはこのロッキーを誇りに思い、とても愛しているんだなあということです。それが、一番ですね。それから私もいつか、自分の愛する庭をおもてなしの精神でご案内する、そんな環境に身を置きたいなあと思うようになりました。

薫:
初めて訪れたカナダでここで身を置きたいと思えたのは、よっぽどインパクトがあったんだね。日本の旅行会社を辞めて、カナダでガイドをやっていこうと思ったのは大きな決断だったと思うけど・・・

道代:
日本の旅行会社を辞めたときにカナダの事は頭の片隅に常にありましたが、当時すぐにガイドになろうと決心した訳ではなく、時を経て最終的にロッキーに来たという感じです。

薫:
今年でロッキーの生活は3年目だったと思うけど、実際にガイドの仕事はどう?

d0112928_1513513.jpg道代:
ロッキーは広大で、また自然としての歴史も深く、「自分の庭のように」というにはまだまだで、ガイドとしてもっともっと知っておくべき事、勉強すべきこと沢山あることを感じます。しかし、常に大自然の中に身を置いていられる事、そして今ここにいる喜びや幸せをお客様と分かち合うことができるという事は本当に魅力的だと思います。

薫:
そうだね。自分もこの大自然の中に居られる喜びはいつも感じてるよ。この喜びが自然にそのまま伝えられたらいいよね。他のガイドにも聞いているけど、ここは本当に意見が共通する所だね。 質問をさらに続けて・・・山以外での楽しみは?

d0112928_1505565.jpg道代:
今年の春はカヤックトリップをしました!カナダに数回目に来た頃、カヌートリップの話を聞いて、いつかカヌーかカヤックで冒険したい!というのも一つの夢でしたのでとてもワクワクしましたよ。


薫:
カナダでガイドするだけでなく常に色々なアンテナを張り巡らしている感じで、今後のアドベンチャーを聞くのが楽しみだよ!また、昨年の冬はオイルマッサージの資格を生かして、働いていたそうだね。

道代:
はい。ビザの関係で今はできませんが、地元のspaでマッサージをしていました。

薫:
この仕事は今後もやっていきたい仕事なの?

道代:
そうですね。もともと人と接する仕事、人の身体と心のバランスに興味があります。そして私がハワイで習ったハワイアンマッサージ(ロミロミといいます)は、大自然のエネルギーをセラピストの身体を通して相手に伝える事が相手への癒しになり、自分への癒しになるということをとても重要に考えています。言葉で表すと難しいですが、ハワイアン流にいうとalohaの心でしょうか。ここはハワイではありませんが、この大自然の中で身体いっぱいに受け取ったエネルギーをたとえハイキングに行けない人にでも分かち合えたら素敵だなと思っています。

薫:
素晴らしいね。これは冬の仕事になるといいね!
今後やってみたい事や目標などはあるかな?

道代:
やってみたいことというか、いつでも出来る事なのですが、この冬から春を通して今まで以上に野生動物や野鳥をまじかで見る事が出来、より興味が出てきました。そんなワイルドライフをもっと観察していきたいです。

薫:
最後にロッキーの訪れようと思っている方にメッセージをお願いします。

d0112928_15151326.jpg道代:
果てしなく続くお花畑の中を歩いてみたい方、大型の野生動物の息吹を間近に感じてみたい方、そして3000m級の岩山の連なる山脈に輝く氷河を仰ぎ見たい方、ぜひ、カナディアンロッキーにお出かけください。心からお待ちしております!


薫:
今日は有難うございました。これからもガンバッテネ!
                              
道代:
ありがとうございました!

【関連リンク】
ヤムナスカガイド一覧
blogカテゴリー「ガイドの素顔」

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-10-18 13:59 | その他 | Comments(0)

黄葉のカナディアンロッキー大縦走!<9/22-26、2007>

「唐松の 黄に染め上げし 峠みち 青空見上げ 白雪踏み行く」

三つの峠越えを含む全長50km弱-3泊4日の山歩きで、当初私達には荷が重いかなという懸念もありましたが、入念な計画と手厚いケアーにより、無事に歩き通すことができ、さらに、各峠では黄葉と新雪に色づけされた景色が展開されて、秋のロッキーの素晴らしさにあらためて感動しました。
d0112928_1364424.jpg
1日目は足慣らしでフェアビュウ山サドルバックまでの往復でしたが、雪化粧をした
テンプル山やハッドピークが黄色になった唐松とともに出迎えてくれました。
d0112928_137162.jpg
2日目はサンシャインスキー場から雪の中の登りが始まり、キャンプ場やメドウを通
り、ヒ-リ-パスでは雪と唐松に囲まれ、森の中を降ってエジプト湖の小屋へ到着
d0112928_1371473.jpg
3日目はシュガーローフ山が映るエジプト湖に寄ったあと、この旅のハイライト、ウィ
スリングパスへの雪の斜面を登り、途中では雄のムースに出会うハプニングもあり、
峠へ着くとそこからはボール山やストーム山などがハイダック湖の上に輝き、雪の急
斜面を下るスリルを味わったあとは森の中をシャドウ湖を経てロッジに到着
d0112928_1373644.jpg
4日目はシャドウ湖の湖畔をボール山の氷河が見えるところまでハイキングして、午
後は今年最後の客となった我々3名だけでロッジを占有して楽しい一時を過ごしました。
d0112928_1374945.jpg
5日目は雪の散らつく中をギボンパスへ登ると素晴らしい黄色の唐松林に陶然とし、
静かなたたずまいのツウィン湖畔で昼食をとり、長い降り道を辿り一号線の向こうに
見えるキャッスル山に迎えられて登山口に着きました。

今回は山歩きの緊張感とその結果得られる絶景のご褒美を味わえた山行で、計画して下さった岩田さん、ガイドして下さった秋山さんと栗原さんに感謝いたします。
また来年も素晴らしい計画を期待しております。

文・写真 キャロットケーキご夫妻

==================================
素晴らしいレポートをお送りいただき誠に有難うございました。
以上のレポートは、毎年ロッキーにお越しになっているキャロットケーキご夫妻(ペンネーム)からいただきました。昨年と比べ今年は一足早い雪化粧の中でのハイキングでしたが、一度に黄葉と雪山を同時に味わえた山旅だったのではないでしょうか?
ぜひ来年もお二人にあった素晴らしいコースをご紹介させていただきます。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

【関連リンク】
ガイド秋山裕司のレポート

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-10-17 01:04 | カナダの山旅 | Comments(0)

お客様からの声・・・その3 <日帰りハイキング9/17-19>

d0112928_128892.jpg
先月、日帰りハイキングに参加されたお客様から嬉しいメッセージが届きました。
本当に楽しい様子が伝わってくるメッセージでぜひ紹介したいと思います。

今回参加された奥村様、舟津様、北村様。
お一人様でお問い合わせいただいて、そして偶然にも日程が合い集まった女性3名。お互い初めてとは思えないほど楽しいツアーとなったようですね!
これを機会にぜひまた3人で参加されてはいかがですか?

この度は誠に有難うございました。
ぜひまたお越しいただける日を楽しみにしております。

ヤムナスカマウンテンツアーズ
岩田薫

================================
北村様のメッセージ・・・

まず1日目念願だったレイクオハラへ。もともとハイキングできる人数に限りが
あるとはいえ日本人の感覚ではここまで独占できるなんて!
ほとんど貸切状態でした。レイクマッカーサーの湖面の青に感動!!(写真上)
写真のすみっこに写ってる3人のおかげで湖の大きさがよく判ると思います。
黄葉も期待以上、聞こえるのはみんなの感激の声とあまりの美しさに
ただただ出るため息。3人の体力も同じくらいで快適なハイキングでした。

d0112928_1293862.jpg
そして2日目はラーチバレーへ。4人以上でないと入れないコースで私が最後に申し込んで催行が決定?その経緯を歩きながら話し、たくさんの偶然にみんなで驚き、「運命やあ」と盛り上がってました。テンピークスと黄色のコントラストが見事でガイドのユミコさんもすばらしいを連発、もちろん私たち3人もです。ランチの時間には少し雪もちらつきましたがそれも楽しいと感じられる気分でした。


最終の3日目はサンシャインメドウへスキー場になるところでリフトやゴンドラも
準備中、夜に降った雪がうっすらと積もり白のなんと美しいこと!!
前日に寒さと天候の悪さは覚悟してくださいねと言われていたのですが
曇っている程度でぜんぜんへっちゃら。それより昨日までとはまた違う色と
人の少なさ(ほとんど誰もいない)にテンションがみんな上がってたかと・・・
ずっと先にはあこがれのアシニボインもあるってことで案内板を見て
いつかは行くぞと誓っておりました。
展望台でのランチも聞こえるのはおにぎりを食べる海苔のバリッって音だけ。
帰りのバスで一緒になった人が熊を見たそうで時間と場所から推測して
わたしたちが通り過ぎたあとすぐだったみたい。時間差の熊さんの行動に感謝!
d0112928_1381473.jpg

d0112928_1313628.jpg
夜は打ち上げと称して4人で韓国料理のお店へ、今まで行った旅行の話やたくさんの話題で盛り上がりました。それぞれ一人旅の3人でしたが一人旅でこそ出会えた人たちにほんとありがとうの気持ちでいっぱいです。今回の旅行に期待していた「カナダの黄葉を見る」っていうことはもちろんそれ以上の収穫がたくさんありすぎてツアー主催のヤムナスカさんありがとうございました。 

文・写真 MS Kitamura

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-10-11 06:13 | カナダの山旅 | Comments(0)

お客様からの声・・・その2 <日帰りハイキング9/17-19>

d0112928_3174510.jpg
先月、日帰りハイキングに参加されたお客様から嬉しいメッセージが届きました。
本当に楽しい様子が伝わってくるメッセージでぜひ紹介したいと思います。

今回参加された奥村様、舟津様、北村様。
お一人様でお問い合わせいただいて、そして偶然にも日程が合い集まった女性3名。お互い初めてとは思えないほど楽しいツアーとなったようですね!
これを機会にぜひまた3人で参加されてはいかがですか?

この度は誠に有難うございました。
ぜひまたお越しいただける日を楽しみにしております。

ヤムナスカマウンテンツアーズ
岩田薫

================================
舟津様のメッセージ・・・

ツアー日程:
9/17 レイクオハラハイキング
9/18 サンシャインメドウハイキング
9/19 ラーチバレーハイキング

こんにちは。
d0112928_3185666.jpg昨日(9/24)、無事に日本に着きました。
まだまだカナダの余韻に浸っていたいのですが、 今日の午後から会社へ出勤しています。帰ってきてから『やっぱりカナダ、よかったなあ~』と思うのは毎回そうなのですが、今回はとくにその思いが強く、玄関においた荷物をかたづけず、これを持ってまたすぐ飛行機に乗ってロッキーに戻りたいとまで思ってしまいました。出発前は楽しみもありますが、一人旅ということで不安も同じくらいあります。(不安のほうが大きいかも・・・)
それが平木さんをはじめ素敵な人たちと出会えたこと、そしてみんなと本当に楽しい3日間を過ごせたことで想像以上の旅行になりました。ハイキングの3日間のうちみんなでよく話していたのが、それぞればらばらに日本から来たのに、本当にタイミングよく同じ時期にハイキングに行くことができたことにびっくりしていました。これが縁、なんですね。そして平木さんがガイドだったことにも今回の"縁"を感じずにはいられません。

d0112928_3201258.jpg今までは歩くことに必死で周りのものを見ながら歩くということは中々できませんでしたが、今回平木さんから植物や動物、石、地衣類のことまで教えていただき、周りをよく観察しながら歩くことの楽しさを知りました。これは本当に大きなことです。また、所々で標高を言っていただいたことが『すごい!そんなにがんばったんだ』と自信にもなりました。女4人、気兼ねなく楽しく過ごすことができたこと、そのように今回のハイキングツアーを組んでいただいたこと、本当に感謝しています。
また、理映子さんにはいつも丁寧にメールの返信をいただき、本当にありがとうございました。出発の日まで、また出発したあとも安心していることができました。

d0112928_321134.jpg3日間のハイキングのあとも平木さんに教えていただいたバンフのトンネルマウンテンやケイブ&ベイスンに行きましたし、ボウ川沿いを歩いたりしました。
過去10回も来ていたのに行ったことがないところばかりでとても新鮮でした。
最後に平木さんにもう一度お礼が言いたかったのですが、土曜日はバンフで『メリッサ・マラソン』があったので、もしかしたら参加してたりして?お忙しいかと思い、あきらめました。
今回ヤムナスカのハイキングに参加して歩くことの楽しさとカナディアンロッキーの素晴らしさを再認識したこと、そして本当に楽しかったことをお伝え下さい。
写真のできばえはまだわかりませんが、ベストショットがあったら送らせていただきます。

本当にいろいろとありがとうございました。

文・MS Funatsu 写真・YMT

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-10-10 06:10 | カナダの山旅 | Comments(0)

お客様からの声・・・その1 <日帰りハイキング9/17-19>

d0112928_1463927.jpg
先月、日帰りハイキングに参加されたお客様から嬉しいメッセージが届きました。
本当に楽しい様子が伝わってくるメッセージでぜひ紹介したいと思います。

今回参加された奥村様、舟津様、北村様。
お一人様でお問い合わせいただいて、そして偶然にも日程が合い集まった女性3名。お互い初めてとは思えないほど楽しいツアーとなったようですね!
これを機会にぜひまた3人で参加されてはいかがですか?
この度は誠に有難うございました。

ぜひまたお越しいただける日を楽しみにしております。

ヤムナスカマウンテンツアーズ
岩田薫

================================
奥村様のメッセージ・・・

3日間の日帰りハイキング(レイクオハラ、ラーチバレー、サンシャインメドウ)、
メンバーは日本から各々一人旅で来た女性3名とガイドの平木裕実子さんの
計女性4名。天気予報では、3日間とも天気は崩れるとのこと。
せっかくの楽しみにしていたハイキングなのに。。。
日本にいるときは、青空の下ハイキングしたい!だったのが、カナダではどうにか1日でもいいから雨よ降らないでという気持ちに変わっていました。

そしてハイキングが始まると、『どうか明日も天気が持ちますように』と。。。
結局、3日間は曇り空が多かったもののハイキング中に雨に降られることはありませんでした。ほんとにツイテいた3日間でした!!

d0112928_1473585.jpg1日目のレイクオハラ。今にも降り出しそうな空のもとスタートでした。天気のことはさておき、あこがれていたロッキーでのハイキングに気持ちも高まっていきました。お昼前、レイクマッカーサーが青空の下キラキラと見えた時、興奮のあまり泣きそうになってしまいました。諦めていた青空や太陽が出てきてくれたこと、こんなきれいなレイクマッカーサーが見えること、すべてに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

d0112928_1494799.jpgマウントシェーファーの登りは、想像以上の岩場の急斜面と強風でした。ロッキーで何だか本格的な登山してるわ~と興奮しました!ちょっと大げさかもしれないけれど、一つずつ乗り越えていける度に
『私、できるやん!』ってすごくうれしくて何だか自信になっていく感じがしました。ロッキーの雄大な景色と、ガイドの平木さんが私たちのペースに合わせて無理のないようにペース配分してくださったおかげで、想像もしなかった自分のチカラが出せたんだなと思います。

2日目のラーチバレーは、ドウダンツツジとラーチの黄色に、頭の中も白目も黄色になるかと思うくらい黄色、キイロの世界でした。樹林限界に来たとき、ふと周りを見渡すと、改めてすごい景色が広がっているのにびっくりしました。そこには、自然むき出しの大迫力の世界が広がっていました。3000M級の山々に囲まれて、そこを歩いている自分に何だか信じられないような気持ちでした。ぞくぞく興奮しました。

d0112928_1545473.jpg3日目のサンシャインメドウ。
前日の雪で、すっかり雪化粧した山々。とっても静かで幻想的な景色でした。
人もいなくて、私たちだけでパノラマの景色を独占させていただきました。
何て贅沢な時間!
人がいない分、熊さんが出る危険があるということで、平木さんの
『ホッホー熊さん出ないでね~』のかけ声も心なしか回数も多っかったような。
実は、私たちが通ったすぐ後に、熊が出たとのこと。私たちの姿を熊さんに見られていたようで。お見合いしなくてほんと良かったです。

3日間のハイキングは、それぞれ色々な表情があり、とっても充実していて
大満足でした。今回のメンバーが集まれた偶然やすべてのことに感謝の気持ちで
いっぱいです。

ガイドの平木裕実子さんには、色々なお話を聞かせていただきました。
ライケン(地衣類)、岩石、氷河、地層、木々や花の話etc。とっても興味深く、学生時代に勉強した地学、生物の話を思い出しました。そしてまた勉強してみたくなりました。ただ景色を楽しむだけじゃなく、いろんな物に興味を持ちながらのハイキングとなりました。これからのハイキングでの視点も広がったように思います。
そしてさりげない気遣いに感謝感謝です。
おかげで安心してハイキングを楽しむことができました。想像もしなかった
景色の中に連れて行ってくださって、本当にありがとうございました。

平木さんやみなさんとお話していて、まだまだ行きたいところ、歩きたいところがいっぱいできました。みなさま、楽しい時間を本当にありがとうございました。

文・写真 MS Okumura

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-10-09 06:01 | カナダの山旅 | Comments(0)