<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

黄葉のロッキーハイキング 〈09/19~09/28, 2006〉

d0112928_861950.jpg

<グループ>
ご夫婦
<ガイド>
岩田薫
<期間>
2006年9月19日~28日
<行程>
9/19 カナダ入国→カルガリー空港→バンフへ
9/20 カナナスキス州立公園のポカテラサークハイキング 
9/21 ヨーホー国立公園のレイクオハラハイキング
9/22 アシニボイン、へりで入山(ナイセット小屋泊)
9/23 ナブレットへハイキング (ナイセット小屋泊)
9/24 ヘリで下山
9/25 バンフ→カルガリー空港→バンクーバーへ
9/26 バンクーバー1日フリーデイ
9/27 帰国日
9/28 日本到着


私が知る中で、お二人は一番の「カナディアンロッキーファン」と言っても過言ではないと思います。今回で8回目のカナディアンロッキーでその内の半分以上は当社のハイキングツアーにご参加。今年は春と秋にお越しいただきました。

一緒に歩ける日程がなかなか合わず、2002年以来の再会で私も楽しみにしておりました。
今まで色々な日帰りコースを歩いておりますので、どこへご案内するか企画の段階で迷いました。秋は初めてだったこと、黄葉の素晴らしいエリアということで、お二人のハイキングを始めた原点でもある「アシニボイン」の滞在をツアーに含めました。

7年前に訪れて以来の「アシニボイン」。今回はロッジではなくシンプルな山小屋での滞在。寝袋、ストーブなどのキャンプ道具、食料などもヘリコプターで運んで入山。最盛期の黄葉ハイキングを行うことができました。

天気もほとんど良く、アシニボインエリアで人気のあるピーク「ナブレット」も雪に覆われていて、既に山頂は冬の気配がしました。迫力あるMt.アシニボイン(3618m)の朝焼けの撮影も2回行い、毎朝違った表情を見せてくれました。

寝袋で寝る経験もほとんどないお二人ですが、快適にお休みいただけた様子でした。山小屋の中では既に次回のプランの話しまで出ていました。

お二人は「自然を楽しむ術(すべ)」を良くご存知で、私もお会いするたびに色々な発見をさせられます。これからもますます、「その術」に磨きをかけて楽しい山旅を行ってください。

↑写真はMt.アシニボイン(3618m)とカラマツの黄葉をバックに撮影

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2006-09-19 07:51 | カナダの山旅 | Comments(3)

大阪ファミリー山岳会 〈06/24-07/02, 2006〉

d0112928_8152595.jpg

<グループ>
大阪ファミリー山岳会
<ガイド>
岩田薫/Hans Knierlinger(ハンツ・ニアリンガー)
<期間>
2006年6月24日~7月2日
<行程>
6/24 カナダ入国
6/25 レイクルイーズ周辺ハイキング
6/26 シャドーレイクロッジ入山
6/27 シャドーレイク周辺ハイキング
6/28 シャドーレイク~ツインレイク縦走後、下山
6/29 ヘリコプターハイキング
6/30 ラフティング後、バンフでフリータイム
7/01 帰国
7/02 日本到着



カナディアンロッキーのバンフ、レイクルイーズを中心にハイキング。グループリーダーのリクエストにより日帰りハイキング、シャドーレイクロッジ滞在、ヘリハイキング、ラフティングと盛りだくさんのツアー。グループの皆さまは、いつも笑いが絶えないとても楽しいグループでした。6/27のシャドーレイクロッジからの日帰りハイキングで見た黄色いカタクリの群落は皆さまにとっても忘れられない光景となったと思います。ガイドの私達もその密度と量には驚きました。連日天気を心配することなく充実したハイキングでした。

一つ私にとって忘れられないエピソードがあります。最終日となる6/30は旅の締めくくりとしてグループの皆さんと夕食を一緒に食べることになりました。前日に予約して準備は万端でした。しかし急遽トラブルが発生して「他のガイドが体調を崩て、代わりに私が出なくてはならなくなったので、最後の夕食はご一緒できずここでお別れしなければならない・・・」という事情を説明しました。
皆さんのとても残念な様子が伺えて、この時こそ体が2つあったらと思いました。最後にグループリーダーにレストランの場所などをご案内していると、携帯電話が鳴りました。オフィスからでした・・・

電話を切って、「皆さまにご連絡があります!代わりのガイドが他に見つかったので、皆さんと夕食をご一緒することができます!」とお伝えしました。すると皆さまはとても大喜びしてくれて、涙ぐむ方までいらっしゃいました。私もとても嬉しかったです。この晩の夕食が盛り上がったことは言うまでもありません。

またの再会をお約束して夕食後にお別れしました。
この度はカナディアンロッキーにお越しいただき誠に有難うございました。

↑写真はマウントボール(3306m)をバックに。※この後、グレイシャーリリー(カタクリ)の群落が・・・!?

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2006-09-14 08:09 | カナダの山旅 | Comments(4)