カテゴリ:イベント情報( 4 )

【イベント開催】本山直人 2017年 秋 全国説明会 & オーロラトーク ユーコン準州『クルアニ・ロッジ』の魅力を語る

d0112928_07193304.jpg
皆さんこんにちは!ヤムナスカの本山です。

今秋、日本各地にて極北の大自然、そしてオーロラを知り尽くした私、
本山直人」がユーコン準州「クルアニ・ロッジ」の魅力を語るイベントが開催されます!!

d0112928_08013961.jpg
カナダ最大の山岳エリアでUNESCO世界遺産にも指定されているクルアニ国立公園。
この地にあるロッジを貸切り、オーロラ鑑賞、スノーシューと贅沢に過ごす数日間。

ヤムナスカのビジネスパートナーである「アルパイン・ツアー」と強力なタッグを組み、
個人の旅行では訪れることのできない、特別な場所でのツアーができるようになりました。

d0112928_07172813.jpg
クルアニ・ロッジ上空で渦を巻いて出現したオーロラ

d0112928_07321917.jpg
ロッジ目の前の凍結したクルアニ・レイク

d0112928_08143474.jpg
オーロラ鑑賞中はいつでもロッジに入れる。

山岳エリアに立地しているロッジでは、周りに待ちなどの人工物が一切ないため、
一歩部屋を出るとオーロラ鑑賞ができるという、とても贅沢なロケーションです。

d0112928_08012786.jpg
夕食前にオーロラの出現を願い、カンパ~イ!!

貸切のロッジで旅の仲間と数日間過ごしていると、
「オーロラを一目見たい!」
その共通の目的の一心が仲間との距離をグッと縮めます。

d0112928_08020954.jpg
ヤムナスカガイドは、常にオーロラを研究しているエキスパートです。
私たちもツアーに同行し、オーロラ鑑賞に関することをお伝えします。

d0112928_08013419.jpg
空一面のオーロラを撮影する参加者の方々

「オーロラの撮影に自信がない」、「ツアーのためにカメラを新調した」、「自分の持っているカメラでも撮影できるの?」
私たちガイドもオーロラの撮影には精通しています。
そんな疑問をどんどんぶつけてください。

d0112928_08004322.jpg
クルアニの峰々とオーロラと一緒に撮影

運が良ければ、こんな写真も撮影できるかもしれません。
一生の思い出になるような一枚のサポートをいたします。

d0112928_08005097.jpg
ロッジ正面からの夕焼け

美しいのはオーロラだけではありません。
シーンと静まり返った、大自然に囲まれて、
時間がたつのを忘れるようなひと時があります。

d0112928_08011329.jpg
ロッジでの朝食の一枚

旅の楽しみの一つは何と言っても「食事」ですよね。
ロッジには日本人の専属シェフが同行します。
実はこのロッジの隠れた魅力の一つで、
本当に皆様から大好評いただいているのです。

暖かいロッジ内での暖かい食事。
心がほっとする瞬間を味わってみてください。

d0112928_08015949.jpg
スノーシューでロッジ周辺をハイキング

日中は針葉樹の森、凍結した湖、ゴールドラッシュ跡地などをめぐる、
スノーシュー・ハイキングへご案内いたします。

誰も歩いていないふかふかの雪の上を歩く、
白銀の世界の景色も独り占めしてしまいます。

d0112928_08003761.jpg
現地ユーコンに移り住んで10年以上の私が、その世界観をたっぷりと語ります。
ブログではお伝えするのに限界があるので、それでは実際に会場へ行ってみましょう!

各会場では入場料無料ですが、入場に制限がありますのでお電話にてご予約ください!

11月7日(火曜)
福岡開催
時間:14:00~16:00
会場:アルパインツアー福岡 2階説明会場
住所:福岡市中央区舞鶴1-2-8
電話予約:092-715-1557


11月8日(水曜)
高松開催
時間:13:30~15:00
会場:ベースキャンプ高松
住所:香川県高松市多肥下町1529-11
電話予約:06-6444-3033


11月9日(木曜)
浜松開催
時間:14:00~16:00
会場:浜松市福祉交流センター 43会議室
住所:浜松市中区成子町140番地の8
電話予約:052-581-3211

11月16日(木曜)
東京開催
時間:14:00~16:00
会場:アルパインツアー本社3階 説明会会場
住所:東京都港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル4階
電話予約:03-3503-1911


詳細はこちらからもご確認いただけます。

d0112928_09044899.jpg
それでは皆様当日に会場でお会いしましょう!!
ご質問にもどんどんお答えしますので、たくさんご用意ください!!

by ymtours | 2017-10-20 02:00 | イベント情報 | Comments(0)

2017 スキルアップ・イベント / シーカヤックトリップ デソレーションサウンド

d0112928_23325479.jpg

今年も当社恒例のスキルアップ・イベントをBC州(ブリティッシュ・コロンビア州)、サンシャインコーストで実施してきました。
毎回アクティビティーを変えてきましたが今年(6回目)は去年に引き続きシーカヤッキング。場所は去年のシーシェルトから更に北に位置するデソレーション・サウンド。シーカヤックではとても有名な場所で近隣に3つの海洋州立公園が連なっています。シーカヤックの行程は4月29日から5月2日の3泊4日でキャンプサイトを移動しながらマラスピナ半島をトラバースします。
スキルアップのコンセプトは「自分達の知らない新しい知識をチームで共有し、そして楽しむ!」です。
普段山岳エリアに住む我々が海洋エリアに行き、創造力を活かして新しい知識や情報をチームで共有する。
そして今年のテーマはチーム力です。本当のチーム力とは何か。海でのサバイバル生活を通してチーム力を意識しながらトリップを進めていきます。
今回はメンバー8人を4人ずつの2つのチームに分け行動しました。
それでは今回の旅がどのようなものだったのか、見ていきましょう!!

d0112928_1262245.png

             【Day1】
d0112928_2339745.jpg

シーカヤック一日目はオケオーバー入江からスタート。そしていきなり雨。しかしみんなテンション高目です!!

d0112928_1302884.jpg

北北西に進路を取り進んで行くと、岸辺でいきなりウニゲット!! 
今回最低限の食材や調味料は持って来ていますが、基本的に食材は現地調達なので皆必死なのです(笑)。
魚介類、海産物を捕るにはライセンスが必要なので事前にFisheries and Oceans Canadaのウェブサイトからフィッシングライセンスの入手が必要です。
それぞれの種類で地域によって捕って良いもの、ダメなもの、サイズ、数、性別、時期等細かくレギュレーションがあるので魚介類、海産物等を捕る方は事前に詳しく調べていきましょう。

d0112928_132665.jpg

出発地点から約11km進み、今日と明日のキャンプサイト、Hare Pointに到着!
しかもシーカヤックシーズンは始まったばかりでまだ他のグループはいなく完全に貸し切り!!
ロケーションも最高です!!
ちなみにここ海洋州立公園内は指定されたキャンプ地以外のキャンプは禁止されています。

d0112928_1325024.jpg

テント設営後は早速、狩り班、調理班の2つのチームに分かれて行動します。
先程捕ったウニを開けてみると、何故か食べれる部分の中身がほとんどありませんでした。まだ時期が早かったのか?!

d0112928_1412240.jpg

でも大丈夫。牡蠣はたくさん捕れたので今夜は牡蠣カレーです!!
牡蠣とカレー、これがまた良く合うんです。しかも自然の中で食べる料理は格別に美味しいですね。

d0112928_1414649.jpg

自然の中で仲間と酒を呑み、夜が更けるまで語らうのはいつも楽しいひと時です。
ちなみにこのエリアの規定で焚き火はできません。

              【Day 2】
d0112928_1463762.jpg

前夜に沖合に仕掛けておいたカニトラップにカニ(Red Rock Crab)が数匹かかっていました。
このカニは115mm以上の雄でないと捕獲できない規定なので、しっかりサイズと性別を確認します。

d0112928_1512272.jpg

この日は同じテントサイトに泊まるので朝は少しのんびり。釣りをしたり、濡れたものを乾かしたり、自然を眺めたり。こういう贅沢な時間はとても貴重ですね。

d0112928_152594.jpg

海図を見ながら今日の行程を皆で確認。天候、ルート、潮の満ち引き、時間帯、流れの方向、風向き等色々な事を考慮しながら確認していきます。それに加えチーム内での目標設定、コミュニケーション方法等も話し合います。

d0112928_1553297.jpg

ちょうど良いランチスポットビーチがあったのでここで休憩。
と思ったら水中にふくよかなカニを数匹発見!!手を突っ込んでも捕れない深さだったのでカヤックのパドルを使って植田とカニを挟み撃ち。カニもなかなかすばしっこく苦戦しましたが最後には捕獲成功!!
Nice Team Work!!

d0112928_15629100.jpg

自分たちで捕ったカニをその場で調理して食べるなんてなんとも贅沢。
白米だけしかなかったランチが一気に豪勢になりました。

d0112928_157331.jpg

この蟹味噌がもーうなんとも言えない美味さです(笑)。

d0112928_5403671.jpg

今回のトリップでは日本からアルパインツアーサービスの小林さんも仲間に加わりご参加頂きました。

d0112928_2204893.jpg

アイナメゲット! ありがとうございます!

d0112928_203255.jpg

ウニゲット! ありがとうございます! 堀口の作成したウニ捕り棒でウニが海からどんどん吸い上げられていきます。規定量内なのでご安心を。

d0112928_2397.jpg

僕たちはこの場所をパラダイスと名付けました。

d0112928_372446.jpg

キャンプサイトに戻り夕食の準備

d0112928_282633.jpg

今回捕ったウニは身が豊富でした。割るのはナイフで簡単に割れますが、ここから食用のオレンジ色の部分(生殖巣)だけをきれいに取り除くのがなかなか困難な作業です。ウニが高価な理由がわかる気がしました。

d0112928_2293043.jpg

念願のキャンプサイトでウニ丼です。

d0112928_2315851.jpg

左から生ウニ、アイナメの焼き魚生姜醤油風味、ムール貝の白ワイン蒸し、アサリの酒蒸し

d0112928_2324084.jpg

日本から日本酒の一升瓶を持って来て頂きました。小林さんありがとうございます!

              【Day3】
d0112928_2335542.jpg

3日目は朝から雨が降っていました。この日は次のキャンプサイトまでの移動日でしたが天候が回復しそうな昼過ぎに出発しても大丈夫と判断し朝は天候待ち。
ランチ用に作った牡蠣のバター醤油ソテー丼があまりにも美味しそうだったので、朝食後少ししたら皆で食べてしまいました(笑)。

d0112928_2351597.jpg

読みは当たり昼過ぎから晴れ間が。荷物を全てカヤックに詰め込み気持ちの良い天気の中出発です! 次のキャンプ場まで潮の流れを味方にしながらマラスピナ半島をトラバースします。

d0112928_2433381.jpg

メバルゲット! ちょうどこの日5月1日はこのエリアのメバル(Rock Fish)漁解禁日。(メバル保護地域では禁止)

d0112928_243576.jpg

お刺身にして頂きました。あー日本人で良かった〜。海の幸に感謝です。

d0112928_3151379.jpg

アサリも干潮時の砂場を狙えばご覧の通り。皆笑顔になってしまいます(笑)

d0112928_2443383.jpg

今日のキャンプサイトはNorth Copeland。 ここもまた素晴らしい場所でした。そしてこの日も貸し切り。

d0112928_2451229.jpg

近くには自然の牡蠣畑がありました。もうこの大きさとプリプリ感、美味、言葉になりません。

d0112928_375147.jpg

牡蠣とムール貝のおつまみ。メインディッシュはアサリのパスタ。

d0112928_2454725.jpg

シーカヤックトリップ、キャンプサイトの最後の夜。贅沢な時間が流れていきます。 夜遅くまで語り合いました。

d0112928_246892.jpg


            【Day4】
d0112928_37159.jpg

最終日は向かい風でしたが3時間程漕いで無事にゴール地点のランドに到着!!
チーム全員で協力しながら無事に終えた今回の旅。旅を通じて皆得るものや共有する事が多く、個々のスキルアップにも繫がったと思います。個々の知識や能力を高める事によって、チーム全体を把握しながらお互いに協力しあう。それが素晴らしいチーム力に繫がる事を実感することができました。

6月からはカナディアンロッキーも夏のシーズンが始まります。今シーズンもヤムナスカスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております!!

ヤムナスカ・ガイド 川嶋 亮 
by ymtours | 2017-05-09 05:47 | イベント情報 | Comments(0)

2015年 ヤムナス・スキルアップ・イベント コロンビア川カヌートリップ

d0112928_01250735.jpg
ヤムナスカファンの皆様。大変ご無沙汰しております。篠崎です。
今年も、毎年恒例となった「スキルアップ・イベント」が開催されました。
今回は、2泊3日でカナダ、ブリティッシュコロンビア州にあるコロンビア川を、カヌーで川くだりです。

タイトルに「イベント」とある様に、主となるコンセプトは、「Fun、楽しむ」と「新しい体験」」を合わせ持った、ヤムナスカ特有のものです。
私達ヤムナスカ・ガイドは、世界トップレベルのガイディングを常に追求しています。その目標を達成するためには、自分達の畑の外で新しい事を学ぶことも、実はとても大切なことであり、またその経験から、本業のガイディングの向上にも繋がると信じています。
同時に、夏のシーズンが始まる前に、ガイド、オフィススタッフが一同に集まり、「絆」をしっかり見つめなおす良い機会でもあります。

コロンビア川の全長は約2000km。今回の行程は、温泉で有名なラジウム周辺から北に72kmカヌーで下り、パーソンという集落まで。
川は多くの湿地帯を蛇行し、数多くある支流、分岐(チャンネル)を攻略して進むアドベンチャーなイベントとなりました。川幅は広いところで100m以上あり、風の影響を強く受けます。キャンプ場は、この時期の水量が少ないということもあり、比較的に簡単に見つけることが出来ました。
d0112928_01455525.jpg

トリップの前に、経験者の難波、本山よりしっかりと講習を受けてからスタートします。ただ楽しむだけではなく、カヌーという世界から新しい技術、知識を勉強します。

d0112928_01594108.jpg
川にカヌーを下ろし、流れのゆるい所でパドルの使い方、テクニックを難波からの解説、実演を受けてから出発します。

d0112928_02030009.jpg
川岸に集まり、しばしの休憩。心地よい南風が見方をしてくれます、、。ほんの短い間だけでしたが、、。

d0112928_02073282.jpg
風向きが北に変わり、その影響を受け波が大きくなり、想像以上にチャレンジングな1日になりました。

d0112928_02112815.jpg
風の当たらない、絶好のキャンプスポットを選んで1日目のカヌーは終了しました。
約20kmのパドリング。

d0112928_02243779.jpg
この日の夕飯は谷が担当します。メンバー一人ひとりが朝、昼、晩どれかを担当し、それぞれの腕を披露します。ヤムナスカガイドになるためには、料理の腕も重要なスキルとなります。アピタイザー、スープ、メインのポトフ、デザート、日本の山小屋で鍛えられた谷の料理、またその手際の良さには感服です!

d0112928_02305855.jpg
イベントの醍醐味、キャンプファイヤー。燃料となる流木は無数にあり、夜の語らいを盛り上げてくれます。2晩ともテーマを設けて、それぞれ語ってもらいました。コミュニケーションは、仲間の絆を更に強固なものにします。

d0112928_02362236.jpg
2日目。焚き火を使って料理。
d0112928_02371201.jpg
ランチも手作りです。

d0112928_02404751.jpg
白頭鷲が獲物を探しています。コロンビア川では数多くの野鳥を観察することができました。

d0112928_02430549.jpg
鴨のひよこ達。かわいい、。
d0112928_02441525.jpg
しばし休憩。
d0112928_02460117.jpg
また休憩、、。ちゃんと漕いでるの?と思われるかもしれませんが、この日はなんと32km進みました。普段使わない筋肉が悲鳴を上げていました。
d0112928_02482539.jpg
2日目のキャンプサイトも絶好のロケーション!いやー、この日は漕ぎましたね。
d0112928_02493876.jpg
お酒を飲みながら、焚き火と共に語らい。すると海産物のサプライズ!堀口担当の海鮮スープ。海老が良いダシが出ていました。
d0112928_02523435.jpg
キャンプ最終日は更に語り合いましたね。至福の時間です。
d0112928_02542132.jpg
最終日の朝は、本山の奏でる心地よい音でスタートを切ります。
d0112928_02591199.jpg
もう少しでこのイベントも終了。最後の時間を楽しみます。

d0112928_02550669.jpg
これぞ「カナダ!」的な風景です。鉄道と、ロッキー山脈とカヌー、、、。最高ですね。

良く笑い、話し、お互いを更に良く理解できた素晴らしいイベントとなりました。
来年はいったいどんなイベントになるのか、今から楽しみです!

今シーズンもよろしくお願いいたします!

ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2015-05-12 03:19 | イベント情報 | Comments(0)

14-スキルアップコース KVRバイクトリップ

d0112928_157544.jpg


 私たちは毎年一度、スキルアップ・コースと称して、ガイドが新しいことを学ぶ体験旅行をしています。「トレーニング」はより実践的なガイド・レベルの向上のために行うものですが、この「スキルアップ・コース」では、何よりも”FUN”(楽しみ)を大事にしながら、全員で新しいことを経験することがコンセプトなのです。
 今年はワインの一大産地として有名なBC州オカナガン・バレーでバイクトリップを満喫してきました! 目的のエリアは「ケトル・バレー・トレイル(通称KVR)」と言われる、鉄道の廃線後に作られたバイク・トレイルです。このトレイルは全長600km以上もある「知る人ぞ知るバイクトレイル」なのですが、今回はその中でも最も人気がある全長85kmの区間と、スカハラレイクの周回ルート約35kmを走りました。高さが30m以上もあるいくつもの陸橋やトンネルを超え、オカナガンの雄大なワイナリーの丘陵地帯へと抜ける壮快感はたまりません。全員で味わう達成感、毎夜酒を酌み交わし、遅くまで語り合う。ガイドの結束力も高まり、本当に最高の4日間でした。たくさんの写真をコメント付きでアップしたので、ご覧ください!

d0112928_1565727.jpg

初日は難波と岩田が中心となり、バイクのメンテナンスと、ライディング・テクニックについて、プチ講習を行いました。

d0112928_157264.jpg

地図を元にKVRのルートと二日間の行程を確認。

d0112928_1571955.jpg

バイクでワイナリーを巡り、カナダワインの魅力を体験。はじめに立ち寄った「Meyer Family Vineyards」は家族経営の小さなワイナリーですが、ホスピタリティーが素晴らしく、楽しい時間を提供してくれました。

d0112928_157564.jpg

いよいよKVRのメインルート85kmの始まり。高さ30m以上もある陸橋は圧巻です。

d0112928_1583448.jpg

トレイルは標高1270mから始まり、85kmで900mほどを下ります。

d0112928_223094.jpg

行程はずっと下りが続くかと思いきや、実は前半の40kmほどはほとんど下りがありません。トレイルは列車の廃線後を利用しているため、旧勾配がないのですね。鉄道建設の測量士の凄さを実感しました。

d0112928_1574456.jpg

途中からシングル・トラックのショートカット・ルートには入ります。

d0112928_15818.jpg

マウンテン・バイクらしいダウンヒル。

d0112928_1574726.jpg

シングル・トラックを抜け、再びKVRに入ると、一気に視界は開け、オカナガンレイクとワイナリーの畑が点在する丘陵地帯が広がります。

d0112928_1572193.jpg

ワイナリーの畑を抜ける整備されたトレイル。こんな場所は世界でもここにしかないのかもしれませんね。

d0112928_1572796.jpg

ついにゴール!!!

d0112928_1574275.jpg

キャンプ・ライフも楽しみの一つ。食事は朝、昼、夕とガイド全員で担当を分け、腕を披露しあいます。

d0112928_1573352.jpg

ガイドらしいアイデアがたくさん詰まった料理ばかり!

d0112928_1573073.jpg

旅の最終日はケロウナで指圧を開業しているレジェンドガイドの落合圭太も加わり、指圧体験で疲れを癒してくれました! 
by ymtours | 2014-05-23 02:05 | イベント情報 | Comments(0)