カテゴリ:オーロラの旅( 27 )

ユーコン犬ぞりのすゝめ。   【14.1.12】

d0112928_22799.jpg



ヤムナスカガイド 谷です。

最近感じるのですが、
夜までオーロラをただ待つだけなんてもったいないと思っている方が意外にも多いですね。

ここユーコンでは毎年2月に開催されるユーコンクエストというアラスカ、フェアバンクス
からこのホワイトホースまでの約1600キロを犬ぞりで走るレースがある、まさに犬ぞりのメッカ!!
スノーモービルのようにただ乗っているだけではなく、犬と心を通わせながら、ともに苦労して
そりを動かしていくという喜びもあります。


d0112928_2301315.jpg

凍った川を進む、すすむ!!


ユーコンはとても情報が少ない地域なので昼間何ができるかお悩みだとは思いますが、
犬ぞりはもちろん、温泉や極北ならではの動物も見学するツアーや
スノーシューやこちらの文化や生態系を学び日本の良さを再発見できるツアーもあります。

是非ご検討いただき素晴らしいたびになれば幸いです。
by ymtours | 2014-01-14 02:43 | オーロラの旅 | Comments(1)

元旦に現れたオーロラに感動【14,1,1】


d0112928_4572212.jpg



あけましておめでとうございます。
ヤムナスカガイド 森本です。

記念すべき元旦、オーロラを観測することができました。
始めはぼやっとしていましたが、だんだんと濃くなっていき、肉眼でもはっきりと見えました。
みなさん終始大興奮。
2014年、幸先の良いスタートを切ることができました。


d0112928_4562885.jpg

焚き火を囲み、マシュマロを焼き、オーロラ鑑賞。
贅沢です。

d0112928_458111.jpg

この日の夜は、ご参加頂いた方には忘れなられない元旦となりました。
by ymtours | 2014-01-03 05:00 | オーロラの旅 | Comments(4)

極北の動物を身近に感じれるユーコン動物保護地区【13,12,28】

d0112928_734626.jpg


ヤムナスカガイド 谷です。

大きな大地。そこに息づく自然、最後に残されたラストフロンティア、ユーコン。
オーロラも、もちろんですがヤムナスカではユーコン、カナダの魅力をしていただくため
魅力的なオプショナルツアーを実施しています。
d0112928_783178.jpg

マウンテンゴートをこの距離で...
山岳地帯に生息する彼らは優良なクライマーでもあります。
d0112928_794287.jpg


最後は展望台から...新雪に覆われた木々と山々がとてもきれいです。

ぜひ極北の大地に遊びにいらしてください。
by ymtours | 2013-12-31 07:01 | オーロラの旅 | Comments(2)

クルアニ国立オーロラツアー (むらいさち さん と行く)

ヤムナスカ ガイドの 本山 でございます。
今回は、以前にもご紹介させていただいてことのある 『クルアニ国立公園 オーロラツアー』のご報告をさせていただきます。

ダイバーである、海カメラマンの方が主催されるツアーで、もうすでに、この むらい さち さんとのツアーも3回目、

普段は、海を中心に自然に親しむ彼ですが、地面の下に行って自然を体感することも、上に登り自然に入り体感することも、ある意味似ていることなのだ と彼と仕事をしていると痛感します。

皆さんに自然を通してお伝えしたいことは、『海』であれ、『山』であれ、同じなのだ と感じます。

改めまして、このツアーを簡単にご紹介させていただきます。
『クルアニ国立公園 オーロラツアー』
・クルアニ国立公園 麓のロッジを貸切
・オーロラはロッジから一歩でれば、クルアニ国立公園の山岳風景と共に鑑賞可能
・もちろん、オーロラ鑑賞に制限時間はなし
・ロッジでの食事は、ヤムナスカ ガイドが腕を振るいます。(かなり好評いただいております!)
・日中は、スノーシューなどで大自然を満喫
・なによりも、ロッジでの貸切感はのんびりできます。

ツアーの概要は こちらより→『クルアニ国立公園 オーロラツアー』

すでに、顔見知りのお客様もいらっしゃり、やはり、お客様との再会は非常にいいものですね。
この仕事をやっていて、大きな魅力の一つです。

とにかく、カメラ好きが集まった、今回のお客様、
大いに盛り上がりました。
d0112928_1141945.jpg

撮影:むらいさち

日中は、スノーシューで、毎日繰り出しますが、もう進めない、進まない、、、
d0112928_1151235.jpg

寝ころぶ人、座り込んで、写真撮影する人、続出・・・

ここでの、面白さは、オーロラツアーを思いきや・・・・
氷点下の世界の接写も非常に被写体として面白いのです!
d0112928_1165064.jpg


凍結した湖の上を散策しました。
ところどころ大きな波のように凍結した氷もあり、面白いです。
d0112928_1175322.jpg


その中に入ってみたりして、、、、
d0112928_1182653.jpg

写真提供:Yoshimi Yamashita

食事は、今回は、ヤムナスカ ガイド 石塚 が担当させていただきました。
様々なメニューがございますが、それは来てのお楽しみ・・・・
d0112928_1115233.jpg


夜は、オーロラを待機しますが、、、、、、
すごいカメラの数、、、、、、、
ヨドバシカメラの売り場のようになっていました。
d0112928_11165469.jpg


とにかく撮影に関しては、皆さん すごいです。
私もいつも勉強させられます。
っと、いうか皆さんかなり、お上手です。

オーロラは3泊中、すべて出ましたが、初日が一番よかったようです。
私も撮影してみました。
d0112928_11205335.jpg

揺れるオーロラが出現してくれました。
やはり、オーロラは出現すると、あっという間に時間が過ぎてきます。

翌日からのスノーシューもとにかく元気な皆さん
d0112928_1122177.jpg


ゴールドラッシュの廃墟を散策したり、
d0112928_11223098.jpg


サラサラの雪を楽しんだり
d0112928_11231926.jpg


スノーシューも満喫です。
d0112928_11233578.jpg


どうしても、ソリがしたい という むらいさん
d0112928_1124840.jpg

かなりのスピードで滑ってました。見ててもちょっと怖いですね。

夜は、キャンプファイヤーなどもしたり、、、
d0112928_11244082.jpg


私 と 石塚の 歌も披露させていただいたり、、、
d0112928_11251753.jpg

実は、私、ノリノリになりすぎて、オーロラソングまで即興で作ってしまいました。
大盛り上がりでした。

小腹が夜中減ったので、チョコフォンデュなどもしてました。
これが、、、おいしいんですね。
d0112928_11272612.jpg


とくかく、なんでも被写体になってしまう、皆さん、、、、
カメラを持つと大盛り上がりです。
d0112928_11264217.jpg

こんな感じで、盛り上がること、頻繁でした。
しかし、しかし、皆さん、本当に写真が好きで、お上手です。

むらいさん との仕事は、仕事であることを私が忘れてしまうことも多々ある感じの、楽しい仕事で、私もいつも自然に全力投球になってしまいます。

こんなところで写真撮っていたのか・・・
d0112928_11291510.jpg


このツアーの一番いいところは、このロケーションを貸し切る 『空気感』 などだと思います。

えっ?オーロラが少ないですかね?
もちろん、オーロラは出ましたし、観れましたが、オーロラ以外の部分でも十分楽しめるツアーと自信を持っております。

また、皆さんお越しくださーい。

再会を楽しみにしております。

ヤムナスカ ガイド 本山
by ymtours | 2013-03-07 11:31 | オーロラの旅 | Comments(0)

大阪ファミリー様 世界遺産クルアニ国立公園とオーロラの旅6日間

d0112928_1737466.jpg

明けましておめでとうございます! ヤムナスカガイドの川嶋です。
2013年もどうぞよろしくお願い致します。

この度は大阪ファミリーの皆様をユーコン準州、世界遺産クルアニ国立公園とオーロラの旅にご案内させて頂きました。大阪ファミリーの皆様は以前にもヤムナスカのツアーでカナディアンロッキーのアシニボインにもお越し頂いた事があります。その時にいらしたメンバーとは少し変わりましたが今回は冬のカナダのツアーにお越し頂きました。

旅の出発点はユーコン準州の州都、ホワイトホース。ここから専用車を利用して西へ約160kmのところにあるヘインズジャンクションへ。そこから更に北西へ約70km行った所に今回の宿泊施設のクルアニロッジがあります。クルアニロッジはクルアニレイクの湖畔にひっそりと佇む、とても静かで景色の良い宿泊施設です。今回のツアーではお客様8名様の貸し切りで、とても贅沢で優雅なひと時を過ごす事ができました。

d0112928_1734561.jpg

ロッジステイ初日は午後から凍結したクルアニレイクをスノーシューで散策。

d0112928_17375312.jpg

その後はゴールドラッシュ時代の廃屋巡りへ。

d0112928_17373268.jpg

       廃屋へと続く、野生動物の足跡を発見!

d0112928_142293.jpg

足跡の正体はリンクス(オオヤマネコ)でした。実際にこの時はリンクスを見ることはできませんでしたが、リンクスはとても希少な動物でこのようなネコ科の野生動物です。

d0112928_0475384.jpg

夜は曇り空の奥にうっすらとオーロラを見ることができました。

d0112928_17382361.jpg

2日目はロッジ裏の山林にスノーシューハイキングに出かけました。
丘を登り、林の中を進んで行くと突然広大なクルアニ連山とスプルースの森の景色が広がります。

d0112928_17392657.jpg

ここで一息休憩。誰もいない静かな極北の風景を、ゆっくりと沈む夕日を眺めながら心行くまで堪能します。

d0112928_1739821.jpg

今回のグループでは絵を描く方が多く、麻野さんもたくさんの風景をとても素敵なタッチで描かれていました。

d0112928_1740019.jpg

クルアニ連山とクルアニレイクをバックにロッジへと戻ります。

d0112928_17401972.jpg

帰り際に見えた、クルアニレイクに浮かぶ孤島。明日天気と凍った湖面の状態が良ければこの島に行く事を決めました。

d0112928_0545920.jpg

ちなみにこれは秋のクルアニレイクと孤島。クルアニレイクは上流のカスカウルシュ氷河から流れる氷河湖です。

d0112928_17405824.jpg

3日目も天気が良かったので、予定通り孤島へスノーシューハイキングへ!

d0112928_17412915.jpg

前日の夜に降った雪で、うっすらと新雪が積もってます。

d0112928_17415189.jpg

氷の状態も良く、風も穏やかでした。

d0112928_17445552.jpg


d0112928_17452034.jpg

無人島に上陸!

d0112928_17453963.jpg

島からの景色もクルアニ連山が見渡せて、とても奇麗でした。

d0112928_17455731.jpg

角原さん、氷河湖のピュアな氷で飲んだウィスキーのお味はどうでしたか?

d0112928_17515031.jpg

ロッジステイ最後の夜は満天の星空。オーロラにも期待です。

d0112928_17461419.jpg

     夕食は野菜をたっぷり使ったミネストローネ。

d0112928_17462952.jpg

 それに丸焼きチキンのオーブン焼き。熊谷さんも思わずカメラでパチリ001.gif

d0112928_1748161.jpg

お、お、美味しそうーーーーーーーー!!!!

d0112928_17471097.jpg

       本山シェフも腕を振るいます。

d0112928_17473517.jpg

     チキンにもユーコンの地ビールがよく合いますね。

d0112928_17484697.jpg

野菜をたっぷり使ったお料理や、デザートも皆様に大好評でした。

d0112928_17541979.jpg

夜はうっすらとでしたが、この3日間で一番広範囲に広がるオーロラを見ることができました。

d0112928_17554219.jpg

ロッジの窓から眺める朝日のクルアニ連山。

d0112928_1756796.jpg

最終日のブランチはうどんで身も心も温まります。

d0112928_17563985.jpg


d0112928_17571562.jpg


d0112928_17582250.jpg

大阪ファミリーの皆様、この度はヤムナスカツアーにご参加頂きましてどうもありがとうございました。
ユーコンでは秋のツンドラ紅葉の季節も素敵ですし、カナディアンロッキーではまだまだ沢山の素晴らしいロケーションでハイキングをする事ができます。

また皆様とお会いできる事を、心よりお待ちしております!

                          川嶋 亮
by ymtours | 2013-01-08 17:36 | オーロラの旅 | Comments(5)

ユーコンプライベートツアー

ガイド秋山です。
普段の冬はロッキーで過ごす私ですが、12月9日から16日までユーコンの方でガイドをさせて頂きました。
ユーコンの冬というと寒くて、暗い、というイメージがあるとおもいますが、実際気温は0からマイナス10度、日照時間も9時から15時過ぎまであり、非常に快適に過ごすことができました。
気温に関しては、たまたま温かい1週間でしたが、時にはマイナス40度になることもあるので、
今回はラッキーでしたね。

さて、今回ご案内したお客様は、東京からお越しの河又様ご夫婦。
ハネムーンの目的地としてユーコンを選んでいただいた理由は、ずばり写真撮影。
そうです、ご主人の洋一さんは、日本山岳写真協会の2011年の特選を受賞された、写真のプロなのです。作品はこちらから

ホワイトホースから始まり、世界遺産でもあるKluane Natioal Parkの玄関口であるHains Junctionで2泊し山岳写真を狙い、そのあとは250km移動しInn on the Lakeという湖ほとりにたつロッジで3泊。ここではのんびりとハネムーンバケーションを堪能されました。

d0112928_3214583.jpg

仲良しのご夫妻

d0112928_3211775.jpg

出発当日いきなり目が覚める朝焼けが、ユーコン川に。

d0112928_3212969.jpg

夜景&オーロラを撮影するための待機小屋には暖炉が備わっている

d0112928_3214867.jpg

夜中のキングスローンマウンテン

d0112928_3214998.jpg

朝焼けのヘインすジャンクション周辺の山々

d0112928_3214097.jpg

アカギツネに遭遇

河又様
この度は貴重なハネムーンの案内役にヤムナスカをご指名頂きありがとうございました。
冬のトゥームストーンなど、まだまだあまり撮影されていない被写体がユーコンにありますので、
是非とも又いらして下さい!
改めて、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せになって下さい。

秋山
by ymtours | 2011-12-19 04:32 | オーロラの旅 | Comments(2)

お客様の声 ≪豪華ロッジ・インオンザレイク滞在≫

d0112928_14302133.jpg

こんにちは。
ヤムナスカ・ユーコン支店の小泉です。
3月末からホワイトホースへお越しいただきました、お客様よりうれしいお便りが届きました。

埼玉県からお越しの中村様は、オーロラを見たいという夢を長い間暖め続け、早い時期から我々ヤムナスカへご相談いただきました。
その夢を叶える為に「豪華ロッジ・インオンザレイク」をご紹介させていただきましたが、ご滞在中はお天気も良く、念願のオーロラをバッチリ見ることができたようです。

以下に、中村様からいただきましたコメントとお写真をご紹介させていただきます。

d0112928_14341733.jpg

「最後の海外旅行はオーロラ観賞」
20代の頃から40年間暖めていた夢を叶えることが出来ました。こつこつと蓄えたオーロラ貯金を生かすには私なりに緻密な計画を立てました。私自身の体調や、夫婦の仕事の関係もあり、観賞に最適な酷寒の時期を避け、3月下旬に決めざるを得ませんでした。観賞地となる北欧・北米・カナダそれぞれの資料、オーロラツアー開催の旅行社のパンフなどを取り寄せ、説明会にも参加しました。しかし、神秘なオーロラを団体で観賞するのは興ざめと思い、何とか個人ツアーはないものかとネットで調べているうちにふと目にしたのが、カナダユーコン準州にある「ヤムナスカマウンテンツアーズ」という旅行社でした。一通りサイトを理解しメールにて問い合わせしたところ、安心してお任せできると確信、パーソナルなツアーを企画していただきました。
d0112928_1431829.jpg

「オーロラ鑑賞はホワイトホース・インオンザレイクで」
カナダのユーコーン準州の州都ホワイトホースから車で30分、マーシュ湖の湖畔に建つ豪華なロッジ風のホテル。暖かい部屋の窓から時間の制約もなくオーロラを観賞できるのです。
2011年4月1日23時 3日目の晩、満天の星空、窓から望む氷結した湖の向こうの稜線に沿ってオーロラが雲海のように現れました。外に出て空を仰ぐと、オーロラは次第に大きく成長し、おおらかにゆっくりと、時には大蛇がうねるように、時にはカーテンが閃くように、時には吹き上げるように、そして空全体を包み込んでいくのです。その幻想的な光景に見惚れ、カメラのシャッターを押し忘れるほどの感動です。
d0112928_1433181.jpg

オーロラ鑑賞は「ヤムナスカ」にお任せ
「ヤムナスカ」ホワイトホース支社の本山さん、小泉さんは、計画の段階から私たちとしっかりヒアリングし、企画されたパーソナルツアーは、正に私たちが十分満足できるものでした。個人で現地の旅行社にツアーを頼むというのは一見、不安に思えますが、「ヤムナスカ」さんなら、そんな心配など一切不要で、個人の事情にあった企画を提言していただけます。
オーロラ鑑賞は個人ツアーで
個人ツアーにして良かったです。あの神秘的なオーロラ観賞はパッケージツアーで見るものではないと思いました。いつ出現するとも分からないオーロラは、制限時間内で観賞できる保証なんてありませんから
d0112928_14323189.jpg

今回は、オーロラ観賞がメインでしたが、日中はユーコーン動物保護地区へのツアー、スノーモービル、アイスフィッシングなども体験し、すばらしい旅行でした。
「ヤムナスカ」ホワイトホース支社の本山さん、小泉さんには、本当に感謝しています。
                           <原文ママ、写真提供:中村様>

中村様、この度はホワイトホースへお越しくださいまして、誠にありがとうございました。
長い間の夢が叶ってよかったですね!
とても有意義な時間をお過ごしいただけたことは、お便りからも伝わってきますし、また、そのお手伝いができたことが、私たちガイドにとっても最高に幸せな瞬間です。
また、季節を変えて、機会がございましたら、カナダ・ユーコンへお越しください。
秋の紅葉時期もお勧めですよ!
お便りいただきまして、誠にありがとうございました。

中村様がご参加くださいました「豪華ロッジ・インオンザレイク滞在」は、こちらから

ユーコン支店・小泉
by ymtours | 2011-04-16 14:48 | オーロラの旅 | Comments(0)