カテゴリ:オーロラの旅( 19 )

大検証!果たしてスマホでオーロラ撮影は可能なのか?

d0112928_09440222.jpg
今年もオーロラシーズンが始まりました!
オーロラの撮影は、オーロラ鑑賞ツアーの醍醐味の一つ。
せっかく素晴らしいオーロラに出会えたのなら、写真として記録に残したいものですよね。

d0112928_11145730.jpg

 カナダ、ユーコン準州でオーロラツアーを担当している本山です。ツアーでは、スマホでオーロラを撮影したいという要望を良く頂きます。昔は「スマホはやはり無理ですね...」と答えていたものですが、果たしてそうでしょうか? 最近のスマホはカメラの性能もかなり高いということもあり、この辺でもう一度テストしてみようかと思いました。テストのポイントは撮影アプリがどの程度使い物になるのかと、高感度のノイズがどの程度でるのかですね。また、寒い中での電池の持ちも確認してみましょう!


[使用機材]
スマホ:Apple i-phone 6
三脚: 通常の小さなコンデジなどで利用する三脚と、スマホ用の三脚へのアタッチメント。

d0112928_08515268.jpg
d0112928_08515770.jpg

[テスト環境]
時期:12月初旬
気温:3度-5度程度

[使用アプリ]
 何点か候補のアプリを調べてみましたが、そもそもシャッタースピードを長く(8秒や10秒以上)設定できるものが少ないですね。iPhone は暗い場所での撮影でノイズがのりやすい印象がありますが、オーロラ撮影を考えるとシャッタースピードは長く設定できないと厳しいですね。今回は30秒以上のBulb の設定も可能なソフトを選択しました。



果たしてスマホの実力とはいかに?

d0112928_08515830.jpg
 テストのポイントとしましては、実際、アプリがどの程度使い物になるのかということと、なと言っても画質ですね。暗い中での撮影におけるノイズがどの程度でるのかは大事な点です。また、寒い中での電池の持ちも気になるところです。


~ 撮影結果 ~

【結果1】
d0112928_08515841.jpeg

[ISO] 設定不可能。 撮影後データを見ると ISO2000になっていました。

[画角]35mm換算29mm

[絞り]F2.2

[露光時間 ]15秒


う〜〜ん残念です。emoticon-0101-sadsmile.gif ノイズが多すぎて、さすがに厳しいですね。撮影時は月明かりもほとんどなく、ヘッドランプがないと暗くて良く見えないぐらいの状態でした。もう少し月明かりのあるなかでの撮影なら、ノイズが少なくなったのでしょう...




【結果2】
d0112928_08515918.jpeg

[ISO、画角、絞り]同上。

[露光時間 ]30秒


こちらもひどい結果... emoticon-0107-sweating.gif ノイズが多すぎますね。実際のところ、15秒と30秒でほとんど仕上がりに変化はありませんでした。




【結果3】

d0112928_08515854.jpeg

[ISO、画角、絞り]同上。

[露光時間 ]60秒

[感想]

露光オーバーだとこういう風になるんでしょうね... なんだか赤外線カメラで撮影したような結果になりました。残念ですが、これも良い出来とは言えません。emoticon-0106-crying.gif




ちなみに、せっかくですので、同じ場所で一眼レフでも撮影してみました。



d0112928_08515718.jpg

[撮影カメラ]NIKON D7100
[ISO]800
[画角]35mm換算 22mm
[露光時間] 8秒

うーん。違いは一目瞭然ですね!emoticon-0102-bigsmile.gif

~ 検証結果まとめ ~


画質

撮れるか撮れないかで言うと、かろうじて撮れるというレベルですね。予想したとおり、暗い場所でのノイズは非常に多くでました。ノイズが少ない高感度に強いカメラに比べると限界はありますね。ただ、iPhone6のカメラ自体はかなり性能は良いので、アプリ次第では、もっと良い作品が撮れる気がします。今後は他のアプリも是非試してみたいですね!

電池の持ち

 スマホはとても寒さに弱い! やはり、ここが一番難しい点でしょうか。この日はプラス3度程度でしたので、30分ほどじっくりと検証できましたが、マイナス10度を下回ると厳しいでしょうね。
 昔、外気がマイナス20度ほどの日にスマホを使ったことがありますが、使用前には80%残量のあった電池が、ポケットから外に出すと数分後程度に一気に減り、電池がなくなったと表示されてしまいました。バッテリーチャージャーは必須ですね。
d0112928_09440230.jpg
 やはりオーロラ撮影では、コンデジぐらいはあったほうが良いということです。




今年は最高のオーロラ撮影に挑戦しましょう!

d0112928_09440286.jpg


オーロラ撮影の基礎から上級者向けテクニックまで、オーロラ完全ガイドに詳しく掲載しています!

d0112928_08440409.png
天空の神秘オーロラ/オーロラ完全ガイド



by ymtours | 2017-01-26 03:16 | オーロラの旅 | Comments(0)

ユーコン / 森の隠れ家 カークロスロッジツアー

d0112928_09560097.jpg
皆様新年あけましておめでとうございます。
ヤムナスカガイドの堀口です。

今回はユーコンから2016年~2017年をまたいで行われた、「森の隠れ家 カークロスロッジツアー」の様子をお伝えします。(2016/12/30~2017/1/3)

参加されたのは、夏にもロッキーにも遊びにいらしたK様ご家族4名様、奈良からお越しの田中様、そして以前にもロッキーで私堀口がご案内させていただき、今回は4年ぶりのカナダという本橋様、松本様ご家族の6名様(4年前の様子はこちら)の合計11様と4泊5日をご一緒させていただきました。

皆様がとても楽しみにされていたオーロラは上の写真をご覧いただいた通り、最初の2日は素晴らしいものを見ることが出来、2016年最後の締めくくり、2017年新年を飾る素晴らしい結果となりました。
結局オーロラは4夜すべて発生し、文句なしのオーロラツアーだったのではないでしょうか。

こちらのツアーはガイドがロッジに一緒に宿泊し、オーロラ、日中のアクティビティ、ロッジでの滞在を演出する、内容盛りだくさんとなっておりますので、その様子を写真でご覧ください。

d0112928_09565259.jpg
▲2日目の日中はアニーレイクにてスノーシューハイキングを楽しみました。さすが皆様全員自然大好きのメンバーだったのでしっかり2時間歩くことが出来ました。


d0112928_10005535.jpg
▲ロッジ自慢の料理は野菜盛りだくさんのとってもヘルシーなコンセプトで、味も申し分なしで皆さま大満足でした。もちろんお肉お魚も沢山ありますよ。


d0112928_09572421.jpg
▲大晦日には私堀口が腕を振るい年越しそばを作り、みんなで食べました。やっぱり年越しはそばが良いですね。


d0112928_09580108.jpg
▲ロッジ前にて焚火を囲みカウントダウン。ロッジオーナー達と一緒に皆で新年を祝いました。


d0112928_09581823.jpg
▲3日目の元日はアラスカとの国境近くフレイザーへスノーシューハイキングへ出かけました。
天気もよく最高のスノーシュー日和でした。


d0112928_09583948.jpg
▲車からしばらくは凍結した湖の上を歩きます。この辺りはツンドラ(永久凍土)が広がっています。
日本ではみることができない、極北ならではの景色を楽しみましたね。


d0112928_09590028.jpg
▲本橋家の長女、亜美ちゃんと、次女の果歩ちゃん。
手に持っているクマのフィギュアは実は4年前に私が誕生日プレゼントに差し上げたものなんです。
ここまで持ってきてくれるなんて感激でした!

d0112928_09592504.jpg
▲アラスカ方面空から太陽が顔を出し、素晴らしい初日の出を拝むこともできました。

d0112928_09594824.jpg
▲帰りに寄ったベネットレイクではマジックアワーがとても綺麗で、芸術的な色の空が湖に映り込みため息がほどの美しさでした。


d0112928_10013273.jpg
▲夜はみんなで思い出作り。ドリームキャッチャーを手作りしました。
ドリームキャッチャーとは先住民の装飾品で広義では魔除けの意味があります。
2017年がいい年になるように願いを込めて皆さん真剣に作っています。

d0112928_10022595.jpg
▲約2時間ほどで全員完成!皆さんとても上手でびっくりしました。

d0112928_10035337.jpg
▲それぞれ個性があっていいですね。皆さんには自宅に持って帰っていただきました。

d0112928_10060788.jpg
▲最終日はホワイトホースの市内観光。
前日までとは打って変わってキーンと冷え込む寒さでしたが、雲一つない快晴。
ゴールドラッシュに沸いた街の歴史を探訪、ショッピングと楽しみました。

d0112928_10064113.jpg
▲ここまで毎晩オーロラは観れているのですが、最終日はちょっと場所を変えて車で移動しオーロラハンティングへレッツゴー!

d0112928_10071856.jpg
▲到着した場所では満天の星空で、流れ星がいくつも見えましたね。
この後はしっかりオーロラも出てくれました。


あっという間の5日間でしたが、私も楽しいメンバーに囲まれ本当に楽しくガイドさせていただくことが出来ました。
皆様また是非カナダに遊びにいらしてください!
またお会いできるのを楽しみにしています。

2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますように!

この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎(ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから

d0112928_04010038.jpg


by ymtours | 2017-01-06 10:48 | オーロラの旅 | Comments(0)

ユーコン自然動物保護地区の人気者

d0112928_08290491.jpg

こんにちは、ガイドの堀口です。

インオンザレイクには先週、今週とお客様がオーロラを求めてお越しいただいております。

このロッジ最大の魅力は何と言っても、ロッジの外に出るとすぐそこが鑑賞地であるということ。
つまりオーロラ鑑賞に時間制限がないので、自分の好きな時に起きて、好きな時に寝ることが出来るということ。

一晩中オーロラを待ち続けて、ご家族、ご友人と夜を徹して楽しむという方は、日中はゆっくりとロッジでの時間を楽しむというのもいいですね。
せっかくのユーコン。日中も思いっきり楽しみたい!という方は今の時期ですと、オプショナルツアーでユーコン自然動物保護地区&タキーニ温泉のツアーに参加される方が多いです。詳細はこちら↓↓この自然動物保護地区には極北でしか出会えないような、珍しい動物も多いのですが、その中でも一番人気はこの動物。

d0112928_08284458.jpg

そうです。ムース(ヘラジカ)です。

カナダを代表する動物の一つでもありその姿、黒く巨大な胴体、長い脚、立派な角(オスのみ)は迫力満点。
森の王者とも呼ばれており、ゆっくりと堂々と歩き、その佇まいには確かに王の風格が漂っています。

1月~2月頃にはこの立派な角の生え代わりの時期で、根元から落ちてしまいます。
このような姿を見ることが出来るのは今年の内がチャンスです。

ヤムナスカガイド
堀口 慎太郎

関連サイト

by ymtours | 2016-11-29 09:34 | オーロラの旅 | Comments(0)

オーロラシーズンがやってきた!豪華ロッジ・インオンザレイク滞在

d0112928_928682.jpg
皆様こんちには。

ヤムナスカガイドの堀口です。

およそ一か月前に夏のハイキングシーズンを終えたばかりだった気がしますが、もう冬のオーロラシーズンがやってまいりました!

ホワイトホース郊外にある豪華ロッジ・インオンザレイクには、徐々にお客様がやってきており「オーロラが見れました!」というご満足の声もいただいております。

今月11月に入ってからは上旬は-10℃を下回る本格的な寒さがやってきて、いよいよ冬本番という感じでしたが、先週は0℃ど前後とまだ暖かい日もありました。湖はまだ完全に氷結しておりませんが、今週末は-20℃まで冷え込むという予報なのでこれから一気に冬の世界がやってきそうな気がします。

オーロラも好調で、今シーズンも我々を楽しませてくれそうです!

【関連リンク】
豪華ロッジ・インオンザレイク滞在


by ymtours | 2016-11-16 01:34 | オーロラの旅 | Comments(0)

2016 写真家むらいさちと行く! 特別延泊ツアー

 
d0112928_8531618.jpg

なんでも被写体にしてしまう おそるべしカメラ女子達!(男子もいるのですが)
以前からむらいさちさんとやろうと企画していた 『究極の予定なしツアー In ホワイトホース』 すべては、天気、オーロラ、メンバーの趣向!を元に私とさちさんで、予定が立てられていくもの。

ということで、2泊延泊組みがホワイトホースに残り、さらに楽しみました。

ユーコンは意外にフォトジェニックな物が多く、普段はどうしても通りすぎてしまいがちなホワイトホース及びその近郊を見て回って、さらに楽しもう!あわよくばいいオーロラが出てほしいという欲べりなもの。

ツアーだとなかなかゆっくり回れない郊外の森の中の隠れたカフェに行ってみたりします。
d0112928_8573656.jpg


味もいいし、フェアトレードで仕入れた豆を自家焙煎しています。
私達地元民もよく訪れます。
d0112928_859297.jpg


オリジナルマグカップもあり、お土産にも面白いかも!
ほっこりタイムを楽しみます。
d0112928_903069.jpg


今回のメンバーでも、この旅で初めて出会った人も多いのですが、もうこの頃には皆本当に仲良しになり、気心知れた仲間という感じ。本当に旅において出会いとは大切な要素ですね。
d0112928_9161.jpg


ホワイトホース近郊の小さな集落カークロスへ撮影へ、
自然景観、古ぼけた家や、可愛い建物まで意外に楽しめる小さな街です。
d0112928_964135.jpg


もう使われていない廃墟達は、ユーコンならではの雰囲気をかもし出します。
d0112928_995742.jpg


白頭鷲も出現してくれました。
d0112928_9111399.jpg


極北らしいムースの角がついた建物
皆さん写真がうまいのですが、いったいどんな作品になっているのでしょうか?
d0112928_9131350.jpg


なんとも爽快なブルーのかわいい教会
d0112928_914138.jpg


建物だけではなく!風景も!
Lager Than Life これがユーコンのキーワードですが、まさしくその言葉通り!
でかい!雪原に見えるのは、凍結した湖です。
d0112928_9145939.jpg


今年は暖かく、湖の凍結していない部分が多く、思わぬ鏡のような湖面が観れました。
万歳したくなりますね。
d0112928_916915.jpg


うっとり
d0112928_9172676.jpg


2泊延泊でしたので、2回オーロラチャンスがあったわけですが、、、
初めの夜は、天気いまいち、オーロラはなしにして、翌日は朝から撮影を楽しみました。

そして最終夜、オーロラ予報を観ると、ものすごくないですが、悪くない感じ。
どうなるかと夕方からそわそわしましたが、夜に皆で撮影に行ってみることにしました。

私がホテルのお迎えにあがった時点で、、、
『オーロラでてますよーーーーー』という状態。
どこまで運が強いのか、皆さんは!

まずはホテルからすぐの観光名所で、撮影をしてみました。
d0112928_920207.jpg

これくらいじゃー、すでに大爆発を観ている私達は驚きません。
まぁー、いいねぇー、なんて余裕を見せながら、それでも最終夜なので、皆はどこかに期待も持ちながらもう少し暗い場所まで移動しました。

到着したときには、こんな感じだったオーロラは
d0112928_923790.jpg


はい、どっかーん!
見事爆発して、大あばれ!
信じられなーい!うわぁー、きゃぁー、など雄たけびが夜の空に響き渡りました。
d0112928_9234358.jpg


はい、いつものことですが、もうカメラには収まりません。
『やばい、やばい、』と連呼、叫びながら撮影するさちさん。
d0112928_9245784.jpg


とりあえず、動きがすごいのはしっかりと目に焼き付けて、その後に皆でばんざーい!
d0112928_9254547.jpg


写真も撮ったし、魚眼レンズにも収まらない大きさだし、オーロラを浴びるしかないね!
ありがとう、オーロラの神よ!
しかししかし、もうメインのツアーでかなりいいオーロラを観ていたので、もう出ないでしょう。
な~んて思っていると、あるんですね。こういうことが、、、
d0112928_9263631.jpg


延泊組みも絵に描いたような展開で最後に素晴らしいオーロラが出現してくれ。
大盛り上がり。
こんな展開があっていいのかと、ガイドとしてはすでに来年が怖い感じ、、、

本当に自然とはすごいもので、私達の想像なぞちっぽけなものです。
10年ガイドをやっていても、驚きの瞬間はまだまだ訪れるものですね。
私自身も感動しました。
d0112928_929287.jpg


そして皆さんにそう感じていただけたのであれば、本当に幸せです。

かくして、むらい さちさんツアーは大成功に終わりました。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2016-03-13 09:30 | オーロラの旅 | Comments(0)

2016 写真家むらいさちと行く! 世界遺産クルアニ国立公園オーロラツアー

d0112928_226554.jpg

 今年も行いました。このツアー!
海カメラマンだが、水陸両用いける写真家 むらいさち さんとののツアー。

もうすでにむらいさんとは、6回目になります。
お互い専門は 海 と 山 で異なるものの、やはり自然の素晴らしさをお伝えしたいという意味では共通することが多々あり。こうやって6回もツアーを行うようになったのでは感じます。

私、本山がこのツアーを基本的に毎年担当させていただいているのですが、むらい & 本山 コンビでオーロラが観えれなかったことはなし!
と、えらそうなことを言っていますが、毎年ハラハラしてツアーにのぞんでいます。
結果はトップの写真から一目瞭然!

素晴らしいオーロラを観ることができました。

まずは、市内観光をして、
d0112928_2302410.jpg


これからの大宴会のために、ビールを買出しに行きます。
d0112928_2322998.jpg


ユーコンに来たら、立ち寄りたい、地ビール工場です。
試飲もできてうれしい!私は運手のため、試飲はもちろん控えました。
d0112928_2333796.jpg


仕込みはこれでばっちり、いざ250kmほどこれから移動です。
d0112928_2343240.jpg


詳細をご説明していませんでしたが、このツアーは、クルアニ国立公園真横の湖に面したロッジを皆で貸切、食事は食材買い込みシェフ同行で、ロッジから一歩飛び出せばオーロラ鑑賞可能なツアーなのです。

夕方にはロッジに到着し、、、まずは
かんぱーい!
d0112928_2405663.jpg


本館で談笑しながら、オーロラ待機をします。

いざ出陣!としばらく待機かと思いきや、いきなりオーロラが出てくれました。
長いときはずっと待機が続くのですが、、、、今回は3泊本当よくオーロラが出てくれました。
ゆっくりしている時間がないほど、贅沢なものでした。
d0112928_315528.jpg


皆さんカメラ好きですから、オーロラ撮影にも気合がはいります。
d0112928_2422171.jpg


まずはまっすぐな筋状のオーロラが出現してくれました。
こんな感じで下に見えるのが私達が宿泊するロッジ。
一歩飛び出せば、最高のオーロラ鑑賞が可能です。
やはり私はオーロラ鑑賞は宿泊先からできるのが一番お勧めです。
d0112928_244493.jpg


オーロラはみるみる内に大きくなり、激しく筋が動き出しました。
ううぉーーーー、こうなると何度も観ている私もテンションがあがってきます。
いたるところで、雄たけびが聞こえます。
うわぁー、きぁー、すごーい、などなど歓喜の声が響き渡ります。
d0112928_2473056.jpg


うわーーーーー、カメラなんて宇宙規模の風景を捉えようと思ったらちっぽけなものです。
もう魚眼レンズを使っても、収まりきりません。
d0112928_2481911.jpg


これが連日でるわけですから、もう忙しいかったです。
今回の私のお気に入り、
すごく素敵な動きのオーロラが出てくれて、もう落ち着いたかと思い、今がチャンスとカメラのバッテリーを交換しにロッジに入って少し休憩、誰もロッジに帰ってこないので、おかしいな、、、、

と思って外に出たら、ぎょーーーーーーーーー。
すごいオーロラがトグロを巻いて、うめきまくっていました。
慌てて三脚とカメラをセットして、撮影。
d0112928_2531043.jpg


ということで、オーロラの方は、炸裂してくれました。

皆さんとてもアクティブで、日中のスノーシューも楽しみました。
ロッジの裏ですぐ遊べるのが最高ですね。
サラサラの軽い雪はやはりユーコンならでは。
d0112928_2542687.jpg


風景写真から、モデルをおいた撮影まで、何でも被写体にして、撮影を楽しむ皆さんの姿は私もいつも勉強させられます。
d0112928_2551740.jpg


ディナーまでは、自由時間、昼寝もよし、撮影するもよし。
移動しなくてよし、さらにロッジは自分達だけという、素敵な時間を満喫します。

出会いも旅の大きな楽しみの一つですね。一緒に過ごす時間の長いこのツアーでは、皆すぐに打ち解けて楽しい時間を共有できます。
d0112928_256419.jpg


撮影好きの皆さんは、見て見てこの写真などと、皆さんで写真の見せ合いをされていました。、もうすでにたくさんの思い出が出来上がっているんだと感じるときです。
d0112928_30961.jpg


このツアーは食事も非常にお勧めです。
本館でこのように皆で食事を楽しみます。
d0112928_324310.jpg


同行する専属シェフが腕を振るいます。
何かあぶっていますね。
d0112928_38637.jpg


サーモンを使った海鮮丼、美味でした。
d0112928_384190.jpg


食事がおいしいと最高ですし、ロケーションもいいし、なにより楽しい仲間との食事は格別です。
d0112928_393951.jpg


オーロラ鑑賞に適している場所はおのずと、最高の星空観測の場所になります。
d0112928_3115912.jpg


あっという間の4日間のロッジ滞在。
とても名残惜しい気持ちでいっぱいです。
d0112928_3124410.jpg


4日間共に過ごしたシェフともお別れ、、、、
d0112928_3141771.jpg


最後は、むらいさちさんの恒例のジャンプで閉めました。
d0112928_3151742.jpg


いつもむらいさちさんと話しますが、今年も私とむらいさんの想像をいとも簡単に自然は超えてきました。
ロッジの貸切間、旅の仲間と過ごす時間、自然とのふれあい、そして、巨大なオーロラと最高の旅になりました。

むらいさちさんの旅はトラベルプロ様が日本でご販売いただいております。

さあ、時間はどんな旅になるでしょうか?

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2016-03-08 03:19 | オーロラの旅 | Comments(0)

豪華ロッジ イン・オンザレイク滞在~年末年始編~

d0112928_955555.jpg


みなさん、こんにちは。
ヤムナスカガイドの小泉です。

ユーコンでのオーロラツアーは、年末年始も多くのお客様にお越しいただき大盛況で幕を閉じました。
カークロスロッジと並んで人気があるロッジがイン・オンザレイクです。
こじんまりとしたロッジの目の前には大きな湖があり、冬の間は凍った湖からオーロラを楽しめるのが特長です。
食事も美味しいと評判で、カップルで、家族で、ゆったりとプライベート時間を楽しむのには最適な宿。

肝心のオーロラは、雲が沸く日もありましたが、雲切れ間からオーロラが現れたり、急に天候が回復し、綺麗な星空、そしてオーロラが見える日があったり、様々なサプライズをもたらしてくれた年末年始でした。

今回は、お客様からお送りいただきましたオーロラ写真を中心に紹介したいと思います。

d0112928_375862.jpg

▲東の空に出たオーロラをマーシュ湖から撮影。アーチ状のオーロラが上に向って湧き上がる様子を捉えています。高野様より。

d0112928_3122434.jpg

▲凍ったマーシュ湖からロッジ方面に現れたオーロラを撮影。白石様より。

d0112928_31311100.jpg

▲上に向って筋上に湧き上がるオーロラ。赤色も出ていますね。白石様より。

d0112928_3141464.jpg

▲オプショナルツアー「ネイチャーツアー」での一こま。スノーシューを履いて背後に見える丘を一気に登りました。白石様より。

d0112928_954095.jpg

▲ネイチャーツアーにて、ビーバーになった気分でポプラの木をかじる!撮影:小泉

d0112928_8541012.jpg

▲オプショナルツアー「ユーコン動物保護地区」。天気もよく、動物たちも活発に動いていました。周囲の景色も素晴らしいです。撮影:小泉

d0112928_6452752.jpg

▲オーロラをバックに記念撮影。柴田様より。

d0112928_6453510.jpg

▲頭上からカーテンのようなオーロラが降り注ぐようなときもありました。柴田様より。

皆様、それぞれの思いでユーコンでの年末年始を楽しまれたようですね。
プライベートでオーロラを楽しむには最適の宿・インオンザレイク。
既に今年の年末年始も泊まりたい!とお問い合わせいただいています。
是非、お正月は、カナダでオーロラ鑑賞はいかがでしょうか?

ツアー詳細はこちら

ヤムナスカ・ガイド小泉 優(こいずみ ゆう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2016-01-22 01:34 | オーロラの旅 | Comments(0)

ユーコン / 森の隠れ家 カークロスロッジツアー【2015/12/30~2016/1/2】

こんにちはヤムナスカガイドの堀口です。

今回もユーコンのオーロラツアー、森の隠れ家 カークロスロッジツアーの第2弾の様子をアップいたしました。

今シーズン2本目となったこのツアーはちょうど年をまたぐ12月30日から1月2日までの3泊で行われ、上田様ご家族3名様が参加されました。


d0112928_3103768.jpg

◆日中のアクティビティのスノーシューではフカフカの雪の中をたくさん歩きましたね。

d0112928_3181178.jpg

◆小学一年生の梗太君、たくさん転びましたが凍った湖の上で興奮しましたね。

d0112928_3175122.jpg

◆やっぱりこれはみんな大好きですね。
 疲れを忘れ何度も滑っていました。

d0112928_3193110.jpg

◆カナダ、ユーコンの時間で大晦日のこの日は磁気嵐という現象が発生しました。
 これはオーロラにも強い影響を与え2015の最後に見事なものをみることができました。

d0112928_3184219.jpg

◆このようなカーテン状のオーロラもはっきりと確認することができました。

↓↓こちらの映像もご覧ください。

これはタイムラプスという手法で数百枚撮影した写真を編集し、繋ぎ合わせ動画のように見せています。
これで45分間ぐらい撮影しました。

d0112928_321082.jpg

◆ヤムナスカ恒例の年越しうどんで温まります。
 メキシコからやってきたお客さんやロッジのオーナーたちと一緒に年の瀬を感じます。

d0112928_3203020.jpg

◆Happy New Year !!
 2016年、新年を迎えロッジのオーナー達と乾杯!!


年越しを素敵なロッジで越すことができ、
見事なオーロラも鑑賞することができて、
思い出に残る旅となりました。

他の国から来たお客さんたちとも仲良くできたのは、
アットホームなロッジの雰囲気ならではですね。

上田さん、またユーコンに遊びにいらしてください。

この度はヤムナスカをご利用いただきまして誠にありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2016-01-07 04:13 | オーロラの旅 | Comments(0)

ユーコン / 森の隠れ家 カークロスロッジツアー【2015/12/26~12/30】

皆さま明けましておめでとうございます。

2016年はいかがお過ごしでしょうか?

ガイドの堀口です。
今回はカークロスロッジツアーの様子をアップさせていただきます。
このツアーはヤムナスカガイドがお客様と一緒に宿泊し、オーロラ鑑賞と日中はアクティビティにご案内しユーコンの魅力を満喫していただく内容で、初めてのオーロラ鑑賞、初めてのユーコンの滞在という方にはぴったりの旅です。

d0112928_7325348.jpg

こちらは12月26日~12月30日にカークロスロッジに3泊された3組のご家族、荒井様、福山様、星野様の合計12名ととてもにぎやかなツアーとなりました。

d0112928_728891.jpg

◆ロッジのリビングは薪ストーブでとても暖かく快適、外から戻ると冷えた身体を温めてくれます。

d0112928_73461.jpg

◆日中のアクティビティはWindy Arm と呼ばれる場所
 ここはTargish Lake というユーコン準州とブリティッシュ・コロンビア州の州境いにある湖でこの時期は完全に凍結していて、湖の上はもちろん平気で歩けちゃいます。

d0112928_7355181.jpg

◆外で沢山遊んだらお腹もペコペコ、ロッジの食事はオーナー夫婦が全て手作りで味も大変好評でした。

d0112928_7365925.jpg

◆食事を終えるともう外は真っ暗、いよいよオーロラ観賞です。
 夜中2:30頃に待望のオーロラが発生!
 このときは満月が欠け始めで月明かりがありましたが、それでも肉眼でも確認できました。

d0112928_7382429.jpg

◆2日目の日中スノーシューに出かけました。
 日本ではなかなか味わうことのできないサラサラの雪に思わずテンションも上がります。

d0112928_7412210.jpg

◆ロッジの戻ってからの楽しみの一つはソリ滑り!
 私は北海道出身なので子供の頃は毎日遊んでいましたが、この年になっても楽しいですね。
 暗くなるまで遊んでしまいました。

d0112928_742445.jpg

◆たくさん遊んで外で冷えた身体をジャクジーで温めます。
 お父さんたちはビールで乾杯!
 至福の瞬間です。

d0112928_7433633.jpg

◆オーロラ鑑賞最終日。 
 焚火にで体を温めながらオーロラの出現を待ちます。

d0112928_7441392.jpg

◆出ました!
 昨晩よりはっきりとわかる縦にスジが入ったオーロラだしっかりと見ることができました。


オーロラを今回初めて見た方も多く、興奮しましたね!
雄大なユーコンの自然もしっかりと満喫していただきましたね。
私自身10代のお子様たちと遊び、はしゃいで童心に返ってしまいました。

また是非遊びにいらしてくださいね。

この度はヤムナスカのツアーをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2016-01-06 08:53 | オーロラの旅 | Comments(0)

カークロスロッジにてオーロラ映像

こんにちは、ガイドの堀口です。

2015年はいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日カークロスロッジのツアーにご参加頂きました渡邊様よりご本人が撮影された、タイムラプス動画をご提供いただきましたのでご覧ください。

タイムラプス
最近多くの一眼レフカメラなどに搭載された機能ですが、
三脚で固定して、定感覚で何枚もの写真を撮影して、最終的に動画のように見せる手法です。

この写真も何枚もの写真を結合してできたものです。




揺らめくオーロラの臨場感が伝わる映像ですね!
カーテン状というのがこの映像をみるとよくわかります。
この日のオーロラは非常に活発で3~4時間程観察することができました。





この映像はどれもロッジの前で撮影されたもので、
ロッジから外に出ればこのようにオーロラを観察できます。

タイムラプスであればカメラを据え置きにしておけば、
寒くなっても部屋の中で温まりすぐに出てこれますし、
オーロラが強くなった時に実際に自分の目で見逃すということもありません。

通常タイムラプス撮影をいいロケーションでしようと、
・車や、移動で、どこかロケーションのいい場所までいく
・三脚の近くで待機
寒い場合などは、なかなか堪えるものですね。

ロッジ滞在なら極寒の中ずっと待っていなくても、
このような素晴らしい映像が作れるかもしれませんね。



渡邊様、素晴らしい映像をご提供いただきまして誠にありがとうございました。

今年もまだまだユーコン支店はオーロラツアーで忙しくなりそうです!

それでは皆様日本ではインフルエンザが流行っているようなので、
お身体ご自愛ください。

堀口慎太郎
by ymtours | 2015-01-22 04:23 | オーロラの旅 | Comments(0)