カテゴリ:お知らせ( 100 )

2014年ハイキングシーズン終了。そして舞台はユーコンへ。

d0112928_01192623.jpg

2014年のハイキングシーズンが無事に終了しました。
お越しいただいた全ての方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。

今季も、5月から10月まで一気に駆け抜けたシーズンとなりました。

初夏の時期には可憐な花々に感動
盛夏には山奥のロッジで大自然に癒され
秋にはユーコンの黄葉とオーロラで充実
ロッキーの新雪をまとった山々とカラマツやポプラの黄葉を満喫

というような、流れで多くの方々にカナダの大自然を体験していただきました。

来年も多くの感動をお伝えできるように、旅のお手伝いをさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

今月から感動の舞台は極北のユーコンに移って、4月までツアーが行われております。

この度は誠に有難うございました。
そして、今後とも宜しくお願いいたします。

岩田薫
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ

by ymtours | 2014-10-28 01:22 | お知らせ | Comments(2)

棚川幸子(タナガワ ユキコ) / ガイド紹介 2014

d0112928_13131945.jpg

ニュージーランド・ルートバーントラックにて


初めまして。ガイドの棚川幸子(タナガワ ユキコ)です。

ニュージーランド、スイスでのガイドを経て、今シーズンはカナダの山々をみなさんと満喫すべく、
カナディアンロッキーにやってきました。

山好きの母親の影響で登山を始め、旅行で訪れたニュージーランドの自然に魅了されガイドとしての
仕事をスタートしました。ニュージーランドでは、ニュージーランド最高峰マウントクックの麓の
マウントクックビレッジで1シーズン、”世界一美しい散歩道”として有名なミルフォードトラックと
ルートバーントラックのガイドとして2シーズン日本のお客様、海外のお客様をご案内していました。
ニュージーランドが冬の間は北半球(日本側です)に戻り、一昨年は八ヶ岳の山小屋で山小屋仕事、
昨年はスイス、アイガー・メンヒ・ユングフラウの麓でハイキングガイドの仕事をしていました。

登山以外にも最近ではロッククライミング、マウンテンバイキング、ランニング(ロード&トレイル)など
にも取り組んでいます。自然の中で生活・仕事ができることが私にとって一番の幸せです。アウトドア以外では、
小学校からエレクトーン、大学時代からJAZZベースを弾いており、音楽は聞くのも演奏するのも大好きです。

また、東京青梅市の地元では、お祭りのお囃子にも参加、年に数回お祭り騒ぎをしています。 カナダという国は
自然のスケールが超大で、豊かな植生・野生生物、地科学的にとても重要なエリア、質の高い国立公園システム・
ガイド認定システムなど、興味深いトピックが目白押しです。

このカナディアンロッキーという素晴らしい場所で得られる、新しい発見・感動をみなさんと共有したいと思っています。

宜しくお願いします。

棚川幸子

d0112928_00282746.jpg
ニュージーランド・マウントクック。今でも大好きな場所

d0112928_00285255.jpg
マウントクック国立公園内の山小屋でボランティア管理人を毎年1週間担当

d0112928_00292600.jpg
スイス・マッターホルンをバックに

d0112928_00305196.jpg
スイス・ユングフラウをバックに

d0112928_00323207.jpg
ルートバーン&グリーンストーントラックはガイドが料理も担当する6日間のロング縦走ハイキングです

by ymtours | 2014-06-10 23:53 | お知らせ | Comments(0)

兼岩 一毅(カネイワ カズキ) / ガイド紹介 2014

d0112928_00141626.jpg
好天に恵まれた厳冬の西穂高


はじめまして、ガイドの兼岩 一毅(カネイワ カズキ)です。

「山に勇気をもらって」

苦労して登った山頂には、常に自己を肯定してくれる力があります。

元々旅行好きだった私は、海外へ行くチャンスの高い資源開発系の企業へ就職しました。
その頃は、週末を利用し、年に数回奥多摩にハイキングへ出かける程度。
海外勤務になってからは、自宅と職場を行き来する日々を過ごしました。

本格的に登るようになったのは、つい二、三年前のことです。
2011年夏、東北で数日間のボランティア活動に携わりました。
短い間でしたが、その中で関わったある人の復興に向けた姿勢に感銘を受けます。
その頃の私は、仕事で壁にぶつかり、これからの人生に悩んでいた時でした。

自分にもこの人のように苦境から立ち直る力があるだろうか、
そんな疑問を抱えながら初めての富士登山へ向かいました。
登頂の日、富士山頂付近から見た青空や周囲の山々の景色は忘れられません。
自分の「強さ」を改めて確認した瞬間でした。

直後から、日本百名山を中心に山へ通い始め、翌年には地元の山岳会に入り、
技術、知識、仲間を得て、より長い間、深い山域へ踏み入るようになります。
夏の槍ヶ岳・北鎌尾根や春の黒部(鹿島槍ヶ岳~剱岳)に足跡を残しました。

昨年末、より山に近い環境を求め、勤めていた職場を退職。
冬を北アルプス・白馬で過ごした後、ガイドを目指すため、新天地カナダへ渡りました。
本年9月からは、ヤムナスカ・アドベンチャーズにて3か月間のトレーニングを受け、
体系的に登山を学び、より広いフィールドに足を踏み出したいと思います。

「山を通じて、お客様の自己実現をサポートしたい」

登山ほどルールや縛りの少ないスポーツはありません。
山には、ハイキングからハードなクライミングまで様々な楽しみ方がありますが、
自然や地域社会へ配慮を欠かさなければ、
好きなルートを好きなように歩いたり、登ったりすることができます。

四季や時間によって刻々と変化する自然には、常に新たな発見があります。
大自然に触れ、新たな自分を発見したり、大切な人と同じ空気や景色を共有したり、
楽しみ方、遊び方は無限にあります。

中には自分だけで行くのに不安を感じる場所もあるかも知れません。
でも、行ってみたい、という想いがある。
そんなお客様をサポートしたい、というのが私がガイドを志した理由です。

まだガイド一年目の新人で、経験、知識も浅いですが、
毎日新たな発見をしながら日々学んでいます。
ここカナダでお客様と新しい瞬間を共有できることを楽しみにしております。

兼岩 一毅

d0112928_00174573.jpg
新緑が美しい奥多摩の森林

d0112928_00164042.jpg
秋・槍ヶ岳へ続く縦走路

d0112928_00171967.jpg
燕岳へ・燕山荘でのケーキ食べ放題が目当て

d0112928_00184062.jpg
小川山にてフリークライミング、クラックの入門ルート

d0112928_00190185.jpg
バックカントリースキー・八方尾根より広大な沢へ滑り込む

by ymtours | 2014-06-10 23:53 | お知らせ | Comments(0)

スタッフトレーニング 2014

d0112928_284970.jpg

 5月30日、31日の二日間を使い、14年春のスタッフトレーニングを行いました。
 初日はオフィスにて会社の企業方針や目指すべき目標の確認と、ツアー業務全体のブラッシュアップがメインとなります。また、野外では実際にツアーで使用する15人乗りのVANを使い、ツアー中は毎朝行う車両点検の方法と、パンク時のタイヤ交換をトレーニングを行いました。
 二日目はフィールドワーク。野外での実践的なガイディング・テクニックのトレーニングです。シニア・ガイド指導の元、クライアント・ケア、リスクマネージメント、ペーシング、インタープリティブ・スキルを確認しあいます。ACMG(カナダ・ガイド協会)の定めるガイドラインに従い、ガイディングの可能な範囲、危険なフィールドの回避方法を確認し、携帯電話が使用できないリモートなエリアでのWFA(野外応急救護)と、ヤムナスカのエマージェンンシー・プロトコル(緊急時の手引き)に沿った避難方法、無線を使用した救助要請方法を確認しあいました。
 いよいよ夏のハイキング・シーズンが始まりますね。ヤムナスカは今年も皆様に素晴らしい山旅をお約束します!

d0112928_285447.jpg

オフィスワークでは、ツアー業務の確認を行います。ヤムナスカは毎年新しい仕事の仕方や、新しいツールを導入するため、シニア・スタッフも確認することが多いのです。

d0112928_29193.jpg

登山口まで移動する車両を安全に運行するためには、VANの特性を良く知り、的確なメンテナンス技術が必要となります。毎日行う定期メンテナンスは、VANに常備しているチェックシートを元に行います。

d0112928_29588.jpg

パンク時のタイヤ交換を実践トレーニング。タイヤを外し、ブレーキパットのすり減り具合をチェックしました。

d0112928_2996.jpg

VANのタイヤ交換は一般的な乗用車のそれとはまったく違います。スペアタイヤの着脱、ジャッキアップ、巨大なタイヤの装着など、実際に体験して初めて分かることが多いのです。

d0112928_291588.jpg

二日目はフィールドワーク。シニアガイド指導のもと、実践的なガイディング・テクニックを全員で確認しあいます。

d0112928_291912.jpg

先輩ガイドに囲まれて行う、新人ガイドのインタープリティブ・トレーニング。緊張が伝わりますでしょうか?(笑

d0112928_292266.jpg

簡単な登山道だけでなく、ガレ場や、ルートがはっきりしない場所でのルート・ファインディング技術を確認します。

d0112928_292593.jpg

ガイドは危険な場所を察知し、そのエリアを避けることが求められます。落石や滑落の危険など、なぜこの場所が危険なのかを、実際のフィールドで確認しあいました。

d0112928_292935.jpg

注意が必要な場所を安全に通過する際は、ガイドがスポット(安全確保)を行い、お客様に的確な指示をする必要があります。

d0112928_2971.jpg

ACMGのハイキング・ガイドのガイドラインでは、ロープを使わなければ安全に歩行できない場所はご案内できません。この写真はガイドライン外となりますね。

d0112928_291281.jpg

応急救護のシナリオ・トレーニング。写真は脱水症状が疑われる場合の対応をトレーニングしている場面です。

d0112928_291747.jpg

お客様が転倒し、腕を痛めた場合のトレーニング。実際の場面では痛がる人をしっかりとケアするだけでなく、同時にグループ・コントロールも求められます。

d0112928_292274.jpg

ロッキーやユーコンのハイキング・トレイルは、ほとんどの場所が携帯電話のサービスエリア外となります。そのような場所で緊急避難が求められる場合を想定し、無線の使い方や、ヘリコプターでの避難方法を確認しあいました。

d0112928_29275.jpg

さあ、今年はどんな夏になるのでしょうか!? 今シーズンもヤムナスカをよろしくお願い致します。
by ymtours | 2014-06-03 02:49 | お知らせ | Comments(0)

ヤムナスカの新ツアーページ「ヤムカナ 〜カナダの山旅専門サイト〜 が公開!

d0112928_052026.jpg


 昨日、ヤムナスカの新ツアーページを公開しました!
 私たちは春、夏、秋、冬と、一年を通してロッキーとユーコンを舞台にした、オリジナリティーのある「オンリーワン」の山旅をご提供しています。カナダで山旅を計画しているすべての人にとって、魅力的でワクワクするページを目指しています。

■ヤムナスカのツアーページ・完全リニューアル!
http://ymtours.com/
by ymtours | 2014-04-16 00:07 | お知らせ | Comments(0)

「Netscape」をご利用の皆様へ

 いつもヤムナスカのウェブサイトをご覧頂きまして、ありがとうございます。

 昨日、私たちのツアーページもリニューアルされ、とても好評を頂いておりますが、ページの観覧に「Netscape」などの既にサポートが終了しているブラウザー(ソフト)をご利用の場合は、全ツアーカタログを含む、いくつかのページが正しく表示されない場合があります。

 これらのブラウザは既にメーカーのサポートが終了しており、2014年現在普及している新しい技術に対応していません。恐れ入りますが、これらのブラウザーをご利用の場合は、別のブラウザーをご利用頂きますよう、お願い致します。

 推奨ブラウザにつきましては、こちらの「サイトのご利用にあたって」内の「推奨環境について」をご覧ください。
by ymtours | 2014-04-16 00:03 | お知らせ | Comments(0)

キャンモア、クーガークリーク氾濫の影響

お知らせ:

記:2013年6月26日

本日15:18に国道一号線がすべて開通しました。
カルガリーからキャンモア、バンフまで規制なしで入ってこれます。
ただし、2車線通行となっていますので、速度規制がひかれてます。
運転には十分にお気を付け下さい。

皆様のお越しを心からお待ちしております。


記:2013年6月25日

過去にご案内した多くのお客様からお見舞いのメールを頂きました。
スタッフ一同お礼申し上げます。
こちらは日曜日から事務所に戻り、通常通り仕事をしています。

完全復旧まであと少しのところまで来ています。
これまで国道一号線は一般車向けには開通したり閉鎖したりしています。多くの工事車両が道路上で急ピッチな作業をしているようで、車両の数を制限しているのが理由です。工事車両や救急車両、公共バス、物資運搬車は走っていますので、今後の全面開通に期待しています。昨日、キャンモアの町長がインタビューに応じ、今週末のカナダ建国記念日までには、一般車を含め開通を目指していると、心強いメッセージがありました。

私どもの住む場所では行方不明者は出ず、ほんとうに良かったです。川沿いの家が数十棟も倒壊しましたが、昨日アルバータ州の知事が訪れ、その家の補修を州の災害ファンドから出すことにしたと発表しました。とても明るいニュースでほっとしているところです。

ホテルやレストランも通常通り営業しています。
昨夜はキャンモアに新しくできた、インド料理レストランに行ってきました。インド人のシェフが料理していたので、どれも本物でした。勢いで大きなナンを二枚も食べてしまいました。これで明日からも頑張って働けると思います。

ヤムナスカグループ全体で、ガイドとスタッフが集まり、事務所の周辺を清掃しました。一時は氾濫した水が内部に流れ込むと思いましたが、幸いにも難を逃れました。
d0112928_112532.jpg


現在のクーガークリークの様子です。
土木工事の方々が危険を冒して守った橋の上から撮っています。
d0112928_1142482.jpg



記:2013年6月23日

6月19日から始まった大雨により、キャンモアにあるクーガークリークが氾濫しました。この影響によりカナダの大動脈である国道一号線が通れなくなりました。現在は復旧が大幅に進み、カルガリーへは一般車も含めて移動が可能です。カルガリーからキャンモアおよびバンフ方面はここの住人のみ利用することができます。

私どもの想像ですが、以上の制限も明日、明後日以降には解除され、住人以外の観光客の方や国道一号線を使ってバンクーバー方面へ向かう人々も利用が可能になると考えてます。解除され次第、また報告します。

現在は大雨の影響でカルガリーを含む下流の地域に洪水が発生しています。カルガリーの洪水が昨日に日本のニュースで流れ、沢山のお客様からご心配のメールを頂きました。有難うございます。幸いにもキャンモアとバンフでは行方不明者などは出ておらず、私どものスタッフ一同、友人関係も無事に過ごしております。

これまでの経過を以下にダイジェストで報告します。

19日から約3日間の間に約200㎜の降雨量をキャンモアで記録しました。キャンモアでは考えられないほどの降雨量でした。その集中的な降雨により、キャンモアの北側になるクーガークリークが氾濫しました。

20日朝のクーガークリーク上流の画像です。川幅が50mから300mに広がり、道がすでに水没しています。
d0112928_225294.jpg


上の写真より500mほど下流の場所ですが、氾濫する前の画像とお比べください。普段、水はほとんど流れておらず、雪解けの時期に川となる程度でした。
d0112928_271682.jpg


21日になりますとだいぶ水位が下がりました。重機が入り、水を拡散しないように中央に集めていました。
同時に町を二分する橋を、壊されないように、24時間重機を動かしていました。この作業にあたった工事の方には脱帽です。もし、この橋が無くなっていたら、いまでも混乱は続いていると思います。
d0112928_2131014.jpg


22日に低気圧が完全に通り過ぎ、晴れ間が見えてきました。
d0112928_2151346.jpg


下流近くにある私どものオフィスは難を逃れましたが、一時は避難勧告を受けました。ダウンタウンに緊急対策本部を設け、情報の収集にあたりました。
d0112928_216379.jpg


以上がこれまでの経過です。今日のキャンモアは晴天となっています。まだ国道一号線の制限はありますが、食料や物資等も十分にあり、通常通りの生活をしております。これからカナディアンロッキーへご旅行を計画されている方がおられましたら、どうぞご安心ください。

当社のツアーにお申し込みのお客様へ
ご旅行において何かご質問がありましたら、いつでもお問い合わせください。

難波寛 /  代表
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
by ymtours | 2013-06-24 02:34 | お知らせ | Comments(1)

2013 春のスタッフトレーニング

 5/23、24日の2日間を使い、13年春のスタッフトレーニングが行われました。毎年、ヤムナスカのスタッフトレーニングでは「安全面の強化」に最も力を入れています。
 1日目はオフィスルームにてヤムナスカ社のコンセプトや、ガイド業務の確認を行い、2日目はVAN(車両)の安全性の確認と点検の注意点、そして、フィールドでの山行トレーニングを行いました。
 2日目の気温は2〜4度、雨の中の実地トレーニングでしたが、ガイディング中にEvacuation(緊急避難)が必要になった場面を想定し、ヤムナスカのエマージェンシー・プロトコロル(緊急時の手引書)に従いながら、無線の使用と現場対応の流れを細かく確認。シニアガイドと新人ガイドが意見を交換し合いながら、危険に対する判断能力、対応力、装備の重要性などを再確認する、内容の濃いトレーニングとなりました。

d0112928_994065.jpg
1日目はオフィスワーク。今年は、ヤムナスカが協力しているNPO団体である『Y2Y』のプレジデントを招き、Y2Yのコンセプトや活動内容を全員で確認しました。

d0112928_99333.jpg
プレゼンテーションの最後に、寄付金の贈呈と記念撮影。
Y2Yについてはこちらをご参照ください。
http://yamcanada.com/our-action/index.html

d0112928_992513.jpg
フィールドワークは、現場でのガイディング・テクニックを中心にトレーニングを行いました。

d0112928_991388.jpg
正確なログブック(山行記録ノート)を付ける事は、プロガイドの重要な要素の一つ。

d0112928_99345.jpg
オフトレイルではフレッシュなシカの残骸を発見! ロッキーの山中は本当にワイルドです。

d0112928_985553.jpg
気温の低い雨の日は、雨風に強いタープを張る練習に最適です。

d0112928_984573.jpg
フィールドでのアクシデントを想定したシミュレーション。ヤムナスカのエマージェンシー・プロトコロル(緊急時の手引書)に従いながら、現場での対応の流れを確認。

d0112928_983732.jpg
実際に山でレスキューの必要な怪我が発生した場合の対処方法、国立公園局やオフィスとの無線コンタクト、連携、そしてヘリやその他トランスポーテーションでのレスキューについて確認。
また、山旅で最も起こりえる危険の一つである「低体温症」の対策についても、しっかりと確認し合いました。

d0112928_98298.jpg
非常に充実した二日間でした。今夏も皆様に安全で快適な山旅をお届けできるよう、スタッフ一同励んで行きます。
by ymtours | 2013-05-25 09:11 | お知らせ | Comments(2)

ヤムナスカの企業ページが新しくなりました!

d0112928_7184080.png



本日は、皆様に発表したいことがあります。

完全リニューアルされたヤムナスカページを公開しました。(こちらから)

私たちが、ポリシーと自信を持って仕事をしている理由は何か。それらをお伝えするために、何年もかけて独創的で、新しい企業ページのかたちを考えてきました。

私たちの企業理念、取り組み、サービス精神、安全に対する考え方を、どうやったらWEB上でシンプルに分かりやすく、説明できるだろうか。その答えに近づけた気がします。

いままでご贔屓にして下さり有難うございました。
今後とも宜しくお願いします。

難波寛/ヤムナスカ代表
by ymtours | 2013-05-04 06:47 | お知らせ | Comments(0)

Facebookを公開!

d0112928_1481367.jpg































カナディアンロッキーも春を感じられ、間もなくポプラやアスペンの新緑が芽吹き始めるでしょう。

今日は皆さんにお知らせです。私たちもFacebookを開設しました!
ハイキングやオーロラの情報はもちろん、共感していただけそうなカナダの情報も発信していきたいと思います。
またFacebookの特徴を生かして、皆さんと交流できる場にもしていきたいです。

こちらのサイトをきっかけに、多くの人達にカナダを知っていただき、興味を持ってもらえれば嬉しいです!

アカウントをお持ちでない方も今回を機に開設されてはいかがですか?

Facebook「ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ」ファンページはこちらからどうぞ!
https://www.facebook.com/yamnuska.mountain.tours

岩田薫(Yamnuska Staff)
by ymtours | 2013-04-25 02:22 | お知らせ | Comments(0)