初秋のラーチバレーハイキング

こんにちは、ガイドの栗原治郎です。本日は、東京、神奈川からお越しのTさん、Iさん、Kさん仲良し三人組みとラーチバレーへ行ってきました。

先週までのぐずついていた天気とは打って変わり、爽やかな秋晴れの下、新雪をまとったテンピークスが輝やき、今日もモレーンレイクは深い青色を見せてくれました。

歩き始める前は不安そうにしていたお三方でしたが、歩き始めてみれば順調そのものです。暑くもなく寒くもないハイキングに最適な気候の中、順調にミネスティマレイクまで到着。お弁当のおにぎりをペロリと平らげる美女三名。そんな姿を見て”これはセンティネル・パスまで行かねば!”と思い、そそくさと出発します。やや急登ですがしっかりとスイッチバックが切ってある斜面をものの40分ほどで登りきりあっけなく峠についてしまいました。

峠からは雪崩をどんどん落とすMt.Lefroyも眺めることができました。しかし、なんと言っても、そよそよ吹く優しい風と人がある程度いても。なぜかとても静かな峠に心が和みました。そして、大きな声では言えない”初体験”もあり(これは私たちだけの秘密ですが)、心身共にすっきりとしたところで再びモレーンレイクへ向けて歩き始めました。

今回は天候にも恵まれとても素晴らしい一日でした。しかし、私のカメラが日常のクライミング中の酷使に耐えかねて故障してしまったため、写真がありません。大変申し訳ありません。Tさん、Iさん、Kさん、よろしかったらメールで一緒に撮っていただいた写真を送っていただけませんか?その後のハイキング、バンフの滞在のことなどメールいただけたら幸いです。

またカナディアンロッキーで、もしくはホワイトホースでお会いできるのを楽しみにしています。

栗原治郎
by ymtours | 2008-09-13 11:51 | カナダの山旅 | Comments(2)
Commented by TIKより at 2008-09-21 17:00 x
栗原さん,先日はおせわになりました.
帰国から1週間が過ぎ,再び3人で集まり反省会を兼ねた写真お披露目会を開催中です(少々アルコールが入っています・・).
ラーチバレーは初めてのハイキングで若干緊張していましたが,天気もよく気持ちの良いハイキングができました.唐松の黄葉にはまだ少々早い時期でしたがとてもすばらしい景色に感動でした.
初体験の話は秘密でお願いしますね!(と言いつつ,実は翌日も・・・)
翌日のレイクオハラは残念な天気で,雨だけでなく,雷,あられにもあいましたが,前日とは全く違う経験ができました.
そうそう.働き者のピカにもたくさん会うことができましたよ.
今日また3人で集まり,カナディアンロッキーの写真を眺め,また行きたいね・・と話しています.本当にお世話になりました.
写真は別途メールで送ります.
そうそう.栗原さん,77年生まれって本当ですか???
(Iが納得いかないらしいです!?)
Commented by 栗原治郎 at 2008-09-22 08:56 x
TIK様

コメントありがとうございました。その後急速に秋が深まりカナディアンロッキーは黄葉の季節を迎えています。今日は雨のなかラーチバレーへ行ってきましたが、ラーチの色は素晴らしく、雨にも関わらず素晴らしい景色でした。

翌日のオハラの天気は残念でしたね。しかし、そんな天気もポジティブに”全く違う体験”として受け入れられるのは素晴らしいですね。”初体験”もすっかり慣れたようですね。そうやって人は成長(?)してゆくものです。

是非また、別の季節の別のロッキーに来てくださいね。お待ちしてます。

77年生まれ…ですけど。何か腑に落ちないことでも?まぁ、やや老けているとは思いますが!


<< 恐竜探訪 ラーチバレーハイキング(9月8日) >>