ユーコン国立公園バックパッキング

d0112928_10581888.jpg

今回行った場所の衛星からの画像。巨大な氷河、これがクルアニ国立公園です。

ヤムナスカバックパッキングガイドの秋山裕司です。
現在、ユーコン支店に来ておりまして、S様ご一行をユーコンの世界遺産、クルアニ国立公園にあるバックパッキングルート、スリムズリバーウェスト、通称カスカウォルシュ氷河ルートにご案内いたしました。

クルアニ国立公園は、約2万2千平方キロメーター(最大の県岩手で1万5千平方キロ、北海道は7万7千平方キロ)の広大な面積の内、たった18%(7%が森林、11%がツンドラ)の面積にしか植生がなく、そのほかは全て森林限界上とほとんどが氷河!という場所なのです。つまり、バンフ国立公園(岡山県と同じくらい)がすっぽり植生のない場所として、収まってしまうんですよー。でかい!

今回のS様ご一行は、山岳会の仲間。登山暦40年以上のベテラン3名様でしたので、今回のツアーにぴったり。
というのも、氷河展望までのアプローチが1泊2日の22.5km。途中はキャンプサイトがなく、適当にキャンプを張り、22.5km先のキャンプサイトからも氷河一望までは、標高差1300mを登らなくては行けなく、途中渡渉が3回。
んータフです。ただ、登山ベテランの方でなくても、ヤムナスカの全面サポートで登頂可能ですから、ご安心を!
ツアーの紹介はこちらから。

S本様、A様、S谷様、今回はありがとうございました。
アシニボインバックパッキング、ロックウォール等々まだあります。
ユーコンにもトゥームストーン、ひょっとするとチルクートトレールもセットアップが間に合うかもしれませんので、来年また会いましょう!

バックパッキング終了後は、うまーい、ポークリブ、フィッシュ&チップスご馳走さまでした!

ツアーの様子は写真と一緒にどうぞ!


d0112928_13442798.jpg

今回の精鋭のかたがた

d0112928_1059584.jpg

クルアニ国立公園のバックパッキングには、熊が食料を食べないように「ベアキャニスター」という代物を借りることが義務付けられています。これが量が入らなくて、困ったチャンです。

d0112928_1111425.jpg

一番大きい渡渉。秋口の今の水量はずいぶん低くなっていた。真夏は本気モードでいかないとやばいです。もちろん水温は低いです。

d0112928_13483886.jpg

初日のキャンプサイト

d0112928_13375658.jpg

朝焼けが見れたのはこの日のみ。。

d0112928_13392596.jpg

氷河が後退した後の広ろーい川原。横断で1時間かかります。まじです。

d0112928_13334944.jpg

紅葉まっさかり

d0112928_13463327.jpg

黄葉も真っ盛り

d0112928_1359531.jpg

半端な数ではない長之助草の群落

d0112928_1228977.jpg

ユーコンの地酒といえば、ユーコンゴールド。
これを2人で6本も荷揚げしていただきました。

d0112928_12292618.jpg

乾杯!

d0112928_13361128.jpg

ビール、ご馳走様!

d0112928_11305032.jpg

バックパッキングには強い酒も必要

d0112928_13554348.jpg

3泊したキャンプ場。快適な場所でした

d0112928_1432211.jpg

旅のクライマックス、オブザベーションマウンテンへの急登中

d0112928_1453469.jpg

オブザベーションマウンテンからのパノラマ写真

d0112928_1464691.jpg

シープリバー、川幅で3kmほど。

d0112928_1335772.jpg

動物が多いはずですが、見たのはテンの仲間とうさぎ、と下の。

d0112928_14241495.jpg

ロッキーにはいない、ユーコンのDullSheep(元)

d0112928_14215557.jpg

ただ、足跡は豊富にありました。
上からムース、狼、グリズリー熊

d0112928_141509.jpg

ユーコンとゴールドラッシュの歴史は切っても切れません。
ゴールドラッシュの夢のあとを森の中に発見

d0112928_1131422.jpg

町に戻って食べたホワイトホース名物フィッシュ&チップス。マジに美味いです。
by ymtours | 2008-08-29 10:11 | カナダの山旅 | Comments(3)
Commented at 2008-09-06 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ymtours at 2008-09-10 00:51
S本さん、秋山がツアーにでておりますので、本山より。いやー、でかいですよユーコンは!こちらは、ドーソンの紅葉が終盤に入り、ホワイトホース周辺が色づいてきました。まだまだS本さんにはご紹介したいところがいっぱいです。またお会いできる日を楽しみにしております。
Commented by ymtours at 2008-09-11 12:44

S本様。こちらこそお世話になりました。
われながらですが、ユーコン広大でしたねー。
やはり体力があるからこそ見ることができた景色だと思います。
お疲れ様でした。

現在、私はロッキーのツアーに備えてBC州に来ております。
走行距離は片道で2300km。やはり広大です。
来年度も是非、誰も行かないようなところに行きたいですよね。
色々企画させていただきますので、よろしくお願いします!

ちなみに、S本さんのメッセージは非公開になっていますが、意図されました?


<< フェアビューMt. (8/30) フェアビューMt. 登頂(8/12) >>