カナダを代表するバックパッキング・トレイル『ロックウォールトレイル5泊6日』

d0112928_916527.jpg

 ヤムナスカガイドの石塚です。今回は東京からお越しの石田様ご夫妻と共に、カナダを代表するバックパキングルートである『ロックウォールトレイル』を8月11日より5泊6日で制覇してきました。
 実は石田様ご夫妻は去年にも『レイクオハラ&アシニボイン! ロッキーの二大絶景地をハイキング』にて私がガイドを担当させていただいており、今回はなんと4度目のカナディアンロッキーハイキングなのです。
 ロックウォールトレイルはカナダ国内だけでなく、世界的にも有名なバックパキングルートの一つであり、トレイルはクートニー国立公園のヴァーミリオン山脈に聳える絶壁(ロックウォール)沿いに約55kmの長さで続き、いくつかの峠を越えながら氷河や氷河湖、高山植物のお花畑を楽しめるドラマチックなコースです。
 今回のツアーでは一泊目のヘルメットクリーク・キャンプサイトに2泊したことで、ヨーホー国立公園の境界に近いグッドサー峠までの日帰りハイキングも楽しみました。
 総歩行距離の約67kmを無事に完歩!天気にも恵まれ、素晴らしい6日間となりました。石田様には今回のツアーでカナダでのバックパッキングの魅力を知って頂けたのではないかと思っております。改めまして、今回は本当にありがとうございました。また、来年??もお会いできるでしょうか(笑) まだまだロッキーには素晴らしバックパッキングルートやキャンプ地があります。再びご案内できる日を楽しみにしております。

d0112928_8444739.jpg
グッドサー峠近くの無名ピークを目指す。


d0112928_847285.jpg
無名ピーク山頂! 背後に聳えるのがヨーホー国立公園の最高峰マウントグッドサー(Mount Goodsir 3562m)です。


d0112928_8485251.jpg
タンブリング峠付近。間近にタンブリング氷河が迫ります。


d0112928_8503274.jpg
タンブリング峠付近のお花畑でランチタイム。ここは様々な色のインディアンペイントブラシが満開でした。


d0112928_8514995.jpg
4泊目、ヌマクリークのキャンプサイト。この日は早めにキャンプ地に着いたため、洗濯を行いました。もちろん、洗剤は使わず水場から離れたところですませます。その後は、読書や昼寝などを楽しみながらリラックスした時間を過ごしました。


d0112928_8533040.jpg
この日の夕食はなんと三食ちらし寿司! スモークサーモン、ツナマヨ、アボカドの奏でるハーモニーは絶品ですよ。


d0112928_855213.jpg
ヌマクリークからフローレイクまでに通過するヌマ峠越えは最もハードな行程となりました。猛暑の中、標高差およそ860mを登ります。写真は峠まであと少しの場面。


d0112928_857526.jpg
ヌマ峠到着!ロッキーを代表する美しい氷河湖の一つ『フローレイク(Floe Lake)』を眺めながらのランチは最高でした。


d0112928_8591041.jpg
ちなみに毎日のランチは毎朝炊いたお米で作るヤムナスカ特製のり弁!トッピングの具材が毎日変わりまして、この日はサーディーンを醤油とみりんで甘辛くにてネギを絡めた一品です。


d0112928_911099.jpg
峠から見えるフローレイク。
この湖の湖畔が最後のキャンプサイトとなります。


d0112928_921382.jpg
木漏れ日の中、キャンプサイトのピクニックテーブルでくつろぐ。まさに最終キャンプ地にふさわしい場所です!


d0112928_931584.jpg
フローレイクではカナディアンの子供たちが飛び込み合戦を楽しんでいましたよ。


d0112928_94522.jpg
最終日の早朝のフローレイク。このトレイルは最後まで素晴らしい風景を楽しませてくれました。

by ymtours | 2008-08-18 09:16 | カナダの山旅 | Comments(3)
Commented by イシダジロウ、カズコ at 2008-08-20 17:15 x
石塚さん、ヤムナスカの皆さん、カナダでは大変お世話になりました。ロックウォールでのバックパッキングツアーは、楽しい夢のような6日間でした。色鮮やかなお花畑、間近に見たタンブリング氷河の迫力、ヌマ峠から見下ろしたフローレイクの深い青・・・どこが一番とは決められないくらいすばらしいコースで、日本の山とは違ったスケールの大きさを楽しむことができました。また、キャンプサイトで過ごした時間も忘れられません。ゆっくりお茶を飲んでおしゃべりしたり、テントの中で昼寝をしたり、贅沢なひとときを過ごしました。食事も工夫されていてとてもおいしかったです。食後のお楽しみデザートがしゃれていましたね。きちんとトレーニングもしていない私たちが6日間歩き通せたのは、ガイドをしてくださった石塚さんのおかげです。ばてずに歩けるように上手にペースをつくってくださり、パワーが出る「ヤムナスカ弁当」を作るために重いお米をたくさんしょってくださりました。自分たちで歩いたというより、「歩かせてもらった」感が強いのですが、不遜にも「また、バックパッキングをしたいね」などと話しています。その時には、またよろしくお願いしますね!!
Commented by 岩田薫 at 2008-08-27 10:51 x
石田様 今年も当社のツアーにご参加いただき誠にありがとうございました!今回もロックウォールを無事に制覇しましたね。いくつもの峠を越えて素晴らしい景色が飛び込んできたのではないでしょうか?ますますバックパッキングにハマってきたのではないでしょうか?装備も少しずつ自前のものが増えていって、これはもう止められませんね(笑)。来年もお待ちしております!※石塚はユーコンへガイドに出ております。返事が遅れて申し訳ございません。
Commented by 石塚 at 2008-08-31 09:03 x
石田様。返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。天気にも恵まれた素晴らしいバックパッキングトリップでしたね。最終日のフローレイクの美しさは最高でした。ウィルダネス=原生自然の中に踏み込み、ゆったりと自然を満喫するバックカントリー体験こそが「バックパッキング」の魅力です。お二人とも素晴らしい歩きっぷりでしたよ! 次はロブソン?それともエスプラナーデでしょうか?? 再びお会いできる日を楽しみにしております。
改めて、今回は誠にありがとうございました。
写真は整理したのち、9月中には発送できると思います。楽しみにお待ちください。


<< 久々のハイキングガイド。 Mt.Wilcox(2884m) >>