シャドーレイクロッジ 3泊4日の旅

d0112928_2213745.jpg

ガイドの栗原です。

キャンモアに長期滞在しながら、精力的に山を歩かれている斉藤様を、シャドーレイクロッジ周辺にご案内しました。今回のプランは、ロッジに3泊しゆったりと過ごしながら、がっつりと山を歩くという計画です。二日目は雨あられと厳しい天気でしたが、他の日はこれ以上はないぐらいの好天に恵まれ、ピークあり、いつくもの峠越えありの素晴らしい旅になりました。

初日はバンフから車で30分のレッドアースクリーク登山口からスタート。よく整備された道を約12㎞の緩やかな登り。やや退屈な入山ルートですが、さすが斉藤様はこちらにこられてからコンスタントに登っているだけあり、軽快な足取りでロッジに到着。少し昼寝をした後にシャドウレイクまで散歩に行きました。

d0112928_2252853.jpg

シャドーレイクロッジのラウンジで憩う

二日目はシャドウレイクから南へ向かい、ハイダックレイクへ。時折雨のパラつくなかハイダックレイクに到着。しかし、お弁当を広げているところに激しい雨あられの襲来!慌てて避難し、昼食を済まし、温かいロッジのシャワー目指して下山と相成りました。

三日目もしっかりと歩きます。目標はロッジから北に登るギボンパスのそばにあるピーク。朝食の終わるころには朝霧が晴れ、素晴らしい青空が広がりました。

d0112928_2304195.jpg

ロッジの前からの眺め

ギボンパスへの急登も軽々とこなす斉藤様。さすが色々なスポーツで鍛えてきただけありますね。そしてパスからピークへの登りもしっかりとした足取りで難なくクリア。暑くもなく寒くもない素晴らしい気候のなか、静かな頂上の風景を堪能しました。

d0112928_2313548.jpg

ギボンパスそばのピークにて
d0112928_2322587.jpg

ロッキーでは大変珍しいケシの花を発見!

四日目。この旅の核心です。行程はロッジからギボンパスを越え、ローワーツインレイクまで下ります。そして、アッパーツインレイクへ登り、さらにもう一つ峠を越え、アーニカレイク、ビスタレイクを経由。距離は15㎞ですが、アップダウンが多くなかなか疲れます。しかし、大陸分水嶺に沿って歩くこのトレイルは湖も多く、景色も素晴らしいのでとてもお薦めしたいトレイルです。

d0112928_2225668.jpg

朝日のマウントボール
d0112928_2425253.jpg

キャッスルマウンテンを横目に最後の下り

3泊4日のマンツーマンガイドでしたが、世界を旅する斉藤様のお話がとても興味深く、人生の先輩にご一緒させていだだき、じっくりと楽しむ充実した山旅となりました。キャンモア滞在もそろそろ大詰めの斉藤様。これから行かれるエスプラナーデの旅も楽しんでくださいね。

栗原 治郎 (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-07-29 02:44 | カナダの山旅 | Comments(0)


<< Esplanade Track... 盛夏のロッキー >>