シャドーレイク縦走ハイキングとロッキー縦断の旅

Mt.Ball & Shadow Lake
d0112928_1417306.jpg

ヤムナスカガイドの川嶋亮です。 
今回は関東近辺からお越しのS様グループ5名様をカナディアンロッキーにご案内させて頂きました。皆様、学生時代からのお友達ということで、気心の知れたお仲間同士で始終笑顔と楽しい会話の絶えない旅行となりました。

2008/7/5 Banff→Jasper
1日目はバンフから北へ300km程行ったジャスパーへ専用車で移動。カナディアンロッキーを縦断するこのコースで途中様々な観光スポットを巡ったり、景色の良いところを散策などしました。お天気にも恵まれ、皆様ロッキーの雄大な景色に感動されているご様子でした。
d0112928_144122100.jpg

7/6 Jasper→Banff
2日目は午前中はジャスパーで湖めぐりをしたり、ウィスラーズ山のゴンドラに乗り、景色の良い展望台に行ったりしました。展望台からは更に片道40分程のハイキングでウィスラーズ山の山頂を目指しました。午後はバンフへ帰る途中、昨日寄れなかったコロンビア大氷原の雪上車に乗り、アサバスカ氷河の上に降り立ち、氷河と山並の世界を堪能することができました。

7/7 Banff→Redearth Creek Trailhead⇒Shadow Lake Lodge
今日から2泊3日でシャドーレイク縦走ツアーがスタート。縦走ツアー初日はレッドアース・クリークのトレイルヘッドからシャドーレイクロッジまでのハイキング。歩行距離は13km、高低差440mの良く舗装された森林の中のハイキング道を歩いていきます。皆様の足どりも軽く、素敵な歌声も森の中にこだましていました。(Hさんの歌声も素敵でしたよ!)ロッジからはMt.Ballが良く見え、ここではありのままの自然を体験することができます。 今回は森の中にひっそりたたずむシャドーレイクロッジで宿泊。 設備も良く整い、ログキャビンのお部屋はとても綺麗で快適。 専属シェフによる料理もうわさ通りとてもおいしかったです。
d0112928_21364714.jpg

d0112928_2137551.jpg

7/8 Shadow Lake Lodge⇒Mt.Ball Unfitheatre⇒Shadow Lake Lodge
縦走ツアー2日目の今日はロッジからシャドーレイクの湖畔を歩き、湖を過ぎたあたりから旧ハイキング道に入りMt.Ballの岩壁のすぐ近くまで行くというコースです。 このコースは途中、小川を渡るために木の丸太の上を渡ったり、ハイキング道に大きな倒木が倒れていて林の中を迂回して進んで行くなど、なかなかのアドベンチャーコースでした。シャドーレイクの湖畔歩きも素敵でしたが、Mt.Ballの岩壁がだんだん近づき、山の上のほうに張り付いている懸垂氷河もよく見ることができ、とても迫力がありました。ランチは皆さんで川の横で食べ、周りにはまったく人のいない場所で大自然を満喫することができました。その後ロッジまで来た道を帰り、夕食の時間までそれぞれのんびりゆっくりした時間を過ごしました。
d0112928_22261383.jpg

7/9 Shadow Lake Lodge⇒Gibbon Pass⇒Twin Lakes Trail⇒Parking
縦走ツアー最終日の今日はロッジからギボンパス(標高2300mの峠)を抜け、ツインレイクスを経由して下山するというコースです。歩行距離14km、登り460m、下り850mのロングデイハイキングです。 ギボンパスまでは林の中の緩やかな登りが続きます。途中ウェスタン・アネモネやグレイシャー・リリーなどのお花畑を通過し、峠に近づくにつれ視界が広がり、周りには雄大なロッキーの山並みが姿を見せ始めます。 峠を過ぎてからは下りが始まり、ツインレイクスの畔で昼食。その後は川沿いのツインレイクス・トレイルを駐車場まで歩き、無事に下山しました。 
d0112928_2311828.jpg

d0112928_2314279.jpg

S様、そして皆様、今回はヤムナスカマウンテンツアーズにご参加して頂き、本当にありがとうございました!また皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

<文/写真 川嶋 亮>

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2008-07-09 17:56 | カナダの山旅 | Comments(7)
Commented by 平林達哉  at 2008-07-14 22:25 x
長身でハンサムな川嶋さんには、花の名前も詳しく、山の話などいろいろ教えて頂きました。シャドウレイクロッジlの庭で、年甲斐も無く居合わせた外人の子供と木の棒でチャンバラごっこをやり足をひねってしまい川嶋さんからストックを借りて歩いた次第でした。
初めてのカナダの大自然に満喫し、思いで深い山行となりましたことを感謝申し上げます。
川嶋さんには、これからもお元気でご活躍されますことをお祈り申し上げます。
Commented by ymtours at 2008-07-15 06:34
平林様

ご連絡どうもありがとうございます!
無事に皆様ご帰国されて何よりです。
その後、足の具合はいかかですか? 山行中はお天気にも恵まれ、皆さんで無事に縦走することができて本当に良かったですね。
私にとっても忘れられない良い思い出になりました。
またいつか平林様の素敵な歌声を聞けることを楽しみにしております!
この度は本当にありがとうございました。

川嶋 亮
Commented by 鈴木一雄 at 2008-07-16 14:17 x
川嶋さん、シャドーレイクにMt.Ballが湖面に映っている光景は実にすばらしかったですね。今でも目を閉じるとあの早朝に見た例えようのない見事な景色がまぶたに浮かびます。本当に有り難うございました。朝5時起きしてご案内をいただいた川嶋さんのご親切のお蔭です。今回のトレッキングでは、ジャスパーへの観光コースも含めて全て天候に恵まれて、カナディアンロッキーの素晴らしさを短期間でしたが十分味わうことができ、参加者全員とても喜んでおります。次にいつ訪問できるか定かではありませんが、ぜひもう一度訪れて、ロッジで親しくなったジェームス夫妻が経営するバンフのB&Bにも泊まりたいと思います。 鈴木一雄
Commented by 矢部義久 at 2008-07-16 15:06 x
長い運転大変疲れたことと思います。案内しながら一日300キロも走ることなど日本では考えられないことです。途中細やかな観光案内には大変敬服いたしました。外国での日本の青年の活躍を拝見できたことは、雄雄しいカナダのロッキーを見るのと同じにすばらしい姿を見た気持ちになりました。私も朝早くおきてバンフの街を二回マラソンをして街中を走り、またジャスパーの町も朝早く散策をしましたが、これらの町を開いた200年前の開拓者の魂に触れたことは私に新たな勇気を授けてくれました。川嶋さんにも異国における生活は何かと不自由がありストレスもたまることがあると思いますが、これからも日本からの観光客のために頑張ってください。 
Commented by 川嶋 亮 at 2008-07-17 12:44 x
鈴木様

朝焼けのシャドーレイク、私も感動して何枚もシャッターを切ってしまいました。でも肉眼で見たものには適わないものですね。
今回のトレッキングは本当に天候に恵まれていましたね!車で移動中は大雨の時もありましたが、次の目的地に着くと晴れていたり。 あとで聞いた話ですが縦走最終日のギボンパスを歩いているときはバンフやキャンモア周辺は結構雨が降っていたみたいです。 きっと最後の写真の雲海の下は雨が降っていたんでしょうね。 この度は鈴木様がご計画された山行のお手伝いをすることができ、我々スタッフ共々大変嬉しく思います。また機会がありましたらその時はどうぞよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

矢部様

ご連絡どうもありがとうございます。
そして大変嬉しいコメントもとても勇気づけられました。
トレッキング中はいつも最後尾からサポートして頂き、とてもチームワークが良く大変心強かったです。それとランチのときの蚊取り線香は効き目抜群で、私もこれからのツアーは是非携帯しようと思います!
Commented by 渡邊 徹 at 2008-07-17 23:20 x
初めてのカナダ・アルバータ州 7泊8日の旅、バンフからジャスパーまでの果てしなく続く連山を望む雄大な縦走ドライブと神秘的な湖。 また、バンフ国立公園のシャドーレーク山行ハイキングでの自然との触れ合い。見るのも、肌で感じるのも感動の連続でした。 趣のある山の名前・由来、道端に咲く可憐な草花の紹介、動物と人間との共生について、的確な川島さんの解説により 非常に充実した時間・空間を皆と共有することが出来ました。ありがとうございました。 そして、早々にブログにアップしてもらい、土産話をするのにも、臨場感を伝えることが出来ます。感謝します。
Commented by 川嶋 亮 at 2008-07-18 01:27 x
皆様にこの度の旅行を楽しんで頂けたようで、私もとても嬉しく思います。
トレッキング中の外で食べるランチの時は、いつもガスバーナーを使ってお湯をわかして頂いて、昆布茶やコーヒーなど毎回ありがとうございました。とてもおいしかったです! 
これからもまだまだ学ぶことがたくさんありますが、日々新たな発見を求めていきたいと思います。
ご帰国されてから見るビデオの映像も楽しみですね!


<< ... Glacier Lily 満開 >>