大阪ファミリーさん ロッキー縦断の旅 第二弾

 ヤムナスカガイドの 本山 直人 です。前回に続きまして第二のご報告、アシニボインエリアでのロッジ滞在ハイキングの様子をご報告いたします。

カナダでも有名な山の一つアシニボイン、標高3618mで『カナダのマッターホルン』と言われております。
d0112928_3395243.jpg


このエリアは歩いてはいることも可能ですが、30km弱の中距離ということで、今回は、ヘリインでアシニボインエリアに入りました。実際にヘリに乗る時間はおおそよ5分程度、ヘリだと30km弱も早いものです。
d0112928_3385081.jpg


天気はいろいろと変動しましたが、気まぐれなアシニボイン少し顔を出してくれました。
仲良しになったアメリカ人のビルさんはすごい写真機材をもって一人で寂しいのか我々によく着いてきましたね。まだ彼から写真は送られてこないですが、、、、

お花も春一番乗りのホワイトグローブが見事に咲き乱れておりました。
d0112928_345894.jpg


今年は残雪が多く、なかなかガイドとしては苦労することもありましたが、雪の上を歩くのもこの時期の楽しみ!
d0112928_3461791.jpg


そしてハイキング後はカナディアン・ログハウスのアシニボインロッジの談話室で皆でくつろぎましたね。のんびり、ゆったりとした時間が流れます。
d0112928_3473824.jpg


アシニボインエリアにはたくさんある唐松も新芽をだして、見事な新緑でした。触ると柔らかくゴムのような感触は、新芽の若さを感じます。
d0112928_3491647.jpg


そして、雪の中、登山道もまったく消えてわからない状態での雪上ハイキング、ルートファインディング、安全確保、はガイドしがいがありました。なんと言っても、ラッセルがなかなか深かったですね。皆さんご協力いただきありがとうございました。
d0112928_3521851.jpg


ワンダーパスからの広大な眺め、そして白・青・岩のコントラストは見事でした。
d0112928_353921.jpg


ロッジでののんびりとした生活、めまぐるしく変わる天候(雪も降りましたね)、雄大なアシニボイン、春のお花達、雪上ハイキング、などなど 『山』 の楽しさ満点のツアーでした。

大阪ファミリー様は今回で、2回目のロッキーでのハイキング。まだまだご紹介したいエリアはたくさんございます。
 また皆さんと一緒に歩きたいですねー。岩田共に、皆さんとの再会を楽しみにしております。

この度は2回目のヤムナスカ ツアーへのご参加、本当にありがとうございました。

この旅、大阪ファミリー A野様が 非常に素晴らしい旅のレポートをまとめられております。
こちらのリンクよりご参照いただけます。

大阪フィミリー様 旅の報告書 『2008年 カナディアンロッキーの旅』
by ymtours | 2008-06-30 03:56 | カナダの山旅 | Comments(2)
Commented by 大阪ファミリー山岳会 麻野京子 at 2008-06-30 10:08 x
 楽しいツアーの様子、付け加えることない位です。
このままうちのニュースに載せちゃおうかな・・・
 カルガリーで本山さんにOKのゼスチャーしてからゲートに向かっていると後から「ヤブキさん」と。「ルックJTB 荒木kosukeno」のプレートを付けた男性がパスポートとエアーチケットを持ってきてくれたのでした。ボディチェックで靴を脱がされてまた履いて・・・の時にカウンターに置いてそのまま来たのです。ヒヤーリです。ゲートもB22からB24に代わってて・・・
 バンクーバーではまあ何とか。関空に着くと、機内から出るなり5,6人の名前の書かれたボードを持った女性が。ヨシタケ、マツムラの二人はまたもロス・バケ。今日には届いているでしょう。
 ありがとうございました。

Commented by ymtours at 2008-06-30 14:16
ヤムナスカガイド の 本山です。おおー、JTBのガイドさんがいましたね、あの人が届けてくれたのですか、よかった。しかし帰りもロスバケとは、、、なんともですね。しかし無事ご到着されたようで何よりです。楽しい山旅でしたねー、ありがとうございました。、


<< Glacier Lily 満開 大阪ファミリーさん ロッキー縦... >>