「Yamnuska CJ Link」、ユーコン支店開設のお知らせ

d0112928_6595164.jpg
この度、当社はシェアホルダーの合意に基づき、ユーコン準州のホワイトホースにCJ Link Service(以下「CJ」)の全資産および企業価値を現金にて取得し、同社と合併することになりました。2007年8月1日より、当社のユーコン支店「Yamnuska CJ Link」として生まれ変わることになりました。

本件合併の目的
これまで当社とCJは、「お客様の人生において一番貴重な体験をしてもらう。」という、とても似た理念のもとに経営されてきました。CJの主なプロダクトは冬のオーロラ観光と、8月後半から9月前半の紅葉(ツンドラ)、黄葉(クルアーニ国立公園)ツアーです。双方とも特別な自然現象を売り物にしています。また当社は、カナディアンロッキーの自然を相手にウォーキング、ハイキングから本格登山までの、ガイディング・サービスを軸としております。インタープリティブにおけるノウハウは、両社共通なものが多いのも特徴です。また、すべてのプロダクトのベストシーズンがオーバーラップしていません。本件買収後は通年におけるオペレーションを目的としています。

d0112928_71896.jpg本件合併の狙い
当社はこれまでネイチャーガイドの育成に力を入れてきました。しかし、カナディアンロッキーではネイチャーガイドとして働けるシーズンが短いのが問題でした。本件合併において、通年におけるガイドの仕事を確保するのが狙いです。ネイチャー専門のガイドとして通年働き、生活基盤を作ることができれば、より経験豊富なガイドを長く雇用できるようになります。

合併後のグループ運営体制と
          両社のシナジーについて
当社の親会社「Yamnuska Mountain Adventures」は、ハイキングツアーや登頂ツアー、登山スクールなど、さまざまな現地募集プログラムの企画をしています。CJが当社と融合することにより、カナダ最高峰のMtローガンの定期的な、公募登山の設定が楽になります。また、これまで積極的に販売できなかった、北米/欧米マーケット向けのユーコンプログラムの開発を進めることができます。

Yamnuska CJ Linkのスタッフ紹介
7月29日より当社の本山直人がYukon支店長として配属しました。本山は日本で8年間の営業畑を歩んできました。自分のガイディング・サービスが直に伝わる今の仕事に興味を持ち、当社の3ヶ月間登山スクールを卒業後、カナダ山岳ガイド協会公認のガイドとなりました。お客様との距離をいつも短く保ち、誠実なガイディングに定評があります。これからは、現場の長として、またユーコンのツーリズムを大いに盛り上げてくれることを期待しています。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

Yamnuska Mountain Tours代表
難波 寛

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-11-23 06:30 | お知らせ | Comments(3)
Commented by 本山 直人 at 2007-11-23 10:03 x
支店長の本山です。ずっと北米が好きで、そしてカナディアンロッキーが好きで、現在はyukonにおりますが、ここもすごいです!yukonはとにかく雄大です。人間より動物の方が多いです。これからはここでyukonもこともご報告、ご紹介させていただくことになると思いますが、よろしくお願い致します。
Commented by nozomi nishio at 2007-11-27 21:25 x
先日はお世話になりました。楽しい休暇はあっという間に終わり、帰国翌日から通常勤務しています。
実は今回の旅行は、初一人旅でしたので、行く前から楽しみ半面けっこう不安でした。でも、それもすぐに解消され安心して3日間過ごすことができました。
1日目、2日目はオーロラを見ることができませんでしたが、その代わりに?いろいろお話できて楽しかったです。最終日には念願のオーロラも見る事ができ、ホント良かったです♪
ありがとうございました☆
Commented by 本山 直人 at 2007-12-01 09:01 x
Nishioさん、コメントありがとうございます!この度は当社ツアーにご参加いただきありがとうございました。私も満月が非常に明るくて気になりましたが、本当に見れてよかった。最終日、朝お迎えにあがったときのnishioさんの『見れました!』言葉は忘れないでしょう、、、、また、機会がございましたら、ホワイトホース、もしくはロッキーもございますので、遊びに来てください。この度は本当にありがとうございました。


<< 新年のご挨拶と新サイトのお知らせ 来年もお会いできる日を楽しみに... >>