カナディアンロッキー登頂 Mt.Athabasca(3491m)      <8/6、2007>

d0112928_156759.jpg
ヤムナスカガイドの岩田薫です。高知県からお越しの入交様、山本様、藤本様、刈谷様の4名様がプライベートツアーとしてお申し込みいただきました。今までのお客様の中では最も長い28日間の山旅!その内、前半の3本は当社のツアーFay Hut(4日間)、Bow HutとMt.アサバスカ(5日間)、エスプラナーデトラック(7日間)に参加、その後はご自身で車を借りてカナダの北にあるユーコン準州を旅するというスケールの大きな行程です。

今回はプログラムの第2弾に行われた登頂ツアー" Mt.Athabasca<3491m> "(マウント・アサバスカ)をレポートします。今回は山岳ガイドJeff Relph、Patric Delaneyですが、コミュニケーションを確実にする為、私岩田薫が通訳として同行させていただきました。
d0112928_15372042.jpg
登るルートは幾つかあるのですが、North Glacierというノーマルルートで頂上を目指す事になりました。
d0112928_170421.jpg
4:00am 登頂開始(1985m) 暗闇の中、ヘッドランプを付けてモレーン地帯を効率よく登っていきました。月明かりもあり、幻想的なアサバスカを見ることができました。(空には雲が少なく天気は良好)



d0112928_1755281.jpg5:50am モレーン地帯を通過して氷河の末端に辿り着きました。ここからハーネス、アイゼンなどを付けてガイドとロープアップして氷河の上を歩き始めました。コルまでは大きく2つに分ける事ができ、前半は比較的傾斜の緩い氷河地帯を歩き、後半は全行程でもクラックス(核心)となる、傾斜35度以上の斜面をトラバースする区間に入ります。
d0112928_17121728.jpg今シーズンは比較的に早い時期から氷河上の雪が融けておりトラバースする氷河地帯が固くなっている事が一番の懸念材料でした。もし、ここが固くて平らなステップが作れなければ断念するという事になりました。前半の氷河地帯はそれぞれが氷河歩行に慣れるのにちょうど良い区間で問題なく通過することができました。そして後半のトラバースは、少し前から日が差し込んでくれて氷が少し柔らかくなりトラバース可能となりました。山岳ガイドのJeffとPatricが入念にステップを作ってくれて無事に通過する事ができました。絶対に転ぶことが許されない緊張する場面でした。(雲が多くなり始め、天気の変化を注意深く観察していました)
d0112928_1718372.jpg
9:20am コル(3165m)に到着。トラバースからの緊張から解き放たれて周囲の景色を見られる余裕が出てきました。気付くとハイキングコースとして有名なウィルコックスパスも眼下に見下ろすほど高い所に来ていました。ここで十分な休息をとって最終アタックとなります。ここからは氷河と雪と岩場が交互に続く区間です。コルは広く稜線上に出て初めて雄大なColumbia Icefieldを見ることができました。(天気は雲が徐々に高く上がり、晴天へと変わっていきました)

d0112928_17243341.jpg11:40amMt.Athabasca(3491m)登頂!最後は狭い雪稜を歩いてその一番高い所が頂上。頂上はとても狭く慎重に固まってグループ写真を撮りました。皆さま、頂上を踏めてとても嬉しい様子でした。頂上は踏んだ者だけが味わう事のできる最高の景色でした。
(天気は問題なく晴天が一日中続く様子)


d0112928_17274242.jpg温度が上がるにつれて、南斜面では氷河の崩れる雷のような轟音が度々聞こえてきました。帰りも同じルートで下山する予定でしたが、雪の上にある岩や小石が落ちてくる事を懸念して、帰りは別のルートで帰ることになりました。Mt.Andromeda(マウント・アンドロメダ)とMt.Athabasca(マウント・アサバスカ)の間にある氷河AA氷河(両方の山の名前の頭文字Aを取って・・・)を通って下山する事になりました。途中までアサバスカ氷河を観光する雪上車を見ながら下山して、最終的には雪上車乗換え所まで降りてきました。


d0112928_17395574.jpg17:00am 下山。下山ルートを変えたことによって1時間余分に掛かってしまいましたが、無事に下山する事ができました。
再びColumbia Icefield centereに戻り、皆さんでアサバスカの山を望むと「本当に登ったのだろうか?」と未だに信じられない表情を浮かべていました。本当に登頂おめでとうございます!4人全員が無事に登頂できて良かったですね!
d0112928_1749219.jpg
(文・写真 岩田薫)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2007-08-12 15:06 | カナダの山旅 | Comments(3)
Commented by matsui at 2007-08-24 19:13 x
ymtoursさんのブログ読ませていただきました。

素敵な写真ばかりで、登山を知らない私も引き込まれるようでした!!
かっこよくて正直憧れますね~。

また遊びに来ます!!

ymtoursさんのblogを世界中の人に配信してみたくはないですか?
よかったら下記のサイトに是非ご登録下さい!

http://g2g.jp/
世界のブログを地図から検索! -G2G

宜しくお願い致します。
Commented by 山本郷子 at 2007-08-25 08:46 x
岩田様、ヤムナスカの皆様その節は大変お世話になりました。アサバスカ登頂、そしてフェイハット,エスプラナーデ変化のある楽しい山旅ができました。
思いもかけない全員アサバスカ登頂は特に私には感慨深いものがあります。岩田様はじめヤムナスカの皆様のご配慮の賜物と思っております。無事に一同旅を終えそろって予定日に帰高しました。早速ブログを拝見いたし自分では写真を撮る余裕が無くて一枚も無いアサバスカ登頂の写真を今孫たちと一緒に眺め感慨にふけております。私にとって最高に体験ができてありがとうございました。
その後の旅の報告などもまた落ち着きましたらメールさせていただきます.山本
Commented by 岩田薫 at 2007-08-27 03:37 x
入交様、山本様、藤本様、刈谷様
この度は当社のツアーに参加いただき誠に有難うございました。
私も皆さまのロッキーに対する想いに負けないように精一杯ご案内させていただきました。本当に楽しい山旅でしたね!後半のユーコンも楽しまれたようで何よりです。こちらのブログを通して、ロッキーで体験した感動が再び蘇ってきたら幸いです。またお会いできる日をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


<< カナディアンロッキー登頂ツアー... カナディアンロッキー山小屋滞在... >>