黄葉のロッキーハイキング 〈09/19~09/28, 2006〉

d0112928_861950.jpg

<グループ>
ご夫婦
<ガイド>
岩田薫
<期間>
2006年9月19日~28日
<行程>
9/19 カナダ入国→カルガリー空港→バンフへ
9/20 カナナスキス州立公園のポカテラサークハイキング 
9/21 ヨーホー国立公園のレイクオハラハイキング
9/22 アシニボイン、へりで入山(ナイセット小屋泊)
9/23 ナブレットへハイキング (ナイセット小屋泊)
9/24 ヘリで下山
9/25 バンフ→カルガリー空港→バンクーバーへ
9/26 バンクーバー1日フリーデイ
9/27 帰国日
9/28 日本到着


私が知る中で、お二人は一番の「カナディアンロッキーファン」と言っても過言ではないと思います。今回で8回目のカナディアンロッキーでその内の半分以上は当社のハイキングツアーにご参加。今年は春と秋にお越しいただきました。

一緒に歩ける日程がなかなか合わず、2002年以来の再会で私も楽しみにしておりました。
今まで色々な日帰りコースを歩いておりますので、どこへご案内するか企画の段階で迷いました。秋は初めてだったこと、黄葉の素晴らしいエリアということで、お二人のハイキングを始めた原点でもある「アシニボイン」の滞在をツアーに含めました。

7年前に訪れて以来の「アシニボイン」。今回はロッジではなくシンプルな山小屋での滞在。寝袋、ストーブなどのキャンプ道具、食料などもヘリコプターで運んで入山。最盛期の黄葉ハイキングを行うことができました。

天気もほとんど良く、アシニボインエリアで人気のあるピーク「ナブレット」も雪に覆われていて、既に山頂は冬の気配がしました。迫力あるMt.アシニボイン(3618m)の朝焼けの撮影も2回行い、毎朝違った表情を見せてくれました。

寝袋で寝る経験もほとんどないお二人ですが、快適にお休みいただけた様子でした。山小屋の中では既に次回のプランの話しまで出ていました。

お二人は「自然を楽しむ術(すべ)」を良くご存知で、私もお会いするたびに色々な発見をさせられます。これからもますます、「その術」に磨きをかけて楽しい山旅を行ってください。

↑写真はMt.アシニボイン(3618m)とカラマツの黄葉をバックに撮影

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2006-09-19 07:51 | カナダの山旅 | Comments(3)
Commented by キャロットケーキ at 2007-02-28 07:41 x
いつ訪れても違う表情を見せて満足させてくれるロッキーは、今回の山行でも、ラーチの黄葉に雪が色づけをした素晴らしい秋のアシニボインやレイクオハラにポカテラサーク、と心行くまで楽しませてくれました。
アシニボインは朝焼けや夕焼けに昼間の黄白青に囲まれた姿と様々に変化を見せ、岩田さんはガイド+シェフとして私達を大満足させてくれました。
一ヶ月経ちますが、まだ、その時の写真を眺めて余韻に浸っており、さて、来年はどこへ連れていってくれるかな、なんて考えて鬼に笑われています。
体力が落ちないようにトレーニングをつんでおきますので、また、よろしくお願いいたします。
Commented by 岩田薫 at 2007-02-28 07:41 x
キャロットケーキ様
コメントいただき誠に有難うございました。
素晴らしい山旅となったことは私もとても嬉しく思います。
次回はどちらへご案内しようか・・・?プレッシャーを感じながら思案しております。

またお会いできる日を楽しみにしております。
Commented by キャロットケーキ at 2007-02-28 07:42 x
アシニボインハイキングのおやつのクッキーがとてもおいしかったので、買って帰るつもりでした。ところが、バンフのスーパーで探したのですが、みつかりませんでした。来年はキャンモアのスーパーでぜひ手に入れたいと思っています。これで、来年のカナダへの目的が一つふえました。バンフやキャンモアの今は、-20度とか-30度までさがっているそうですね。真っ白い冬のカナディアンロッキーの景色には強いあこがれがありますが、気温を見るとひるんでしまいます。その寒さをほんの一瞬体験してみたいとは思いますけど!レイクオハラで食べたキャロットケーキを思い出しながら、冬のロッキーを想像しています。


<< 「雪のプログラム」 大阪ファミリー山岳会 〈06/... >>