村上様、佐藤様 ロッキーの秘境ゴーストエリア、アイスクライミング

d0112928_06531020.jpg
ヤムナスカガイド谷です。

皆さまあけましておめでとうございます。
今回のブログはカナダにアイスクライミングにこられた村上さん、佐藤さんの旅をご紹介。
お二人は過去3年間すでにアイスクライミングのガイドをヤムナスカに頼んでいただいており、ご自身でこられるのはもう5年連続でいらっしゃっているカナダのアイスクライミングが大好きなお二方。

カナディアンロッキーというと、ハイキングや氷河観光のイメージが強いですが、実はヨーロッパから一番お客が来るのがこの冬のアイスクライミングなんですよ。
バンフは夏より冬の方がヨーロピアンが多い。
理由はここカナダは世界一のアイスクライミング天国だからです。
ヨーロッパにはこのレベルのアイスがあるのですがアクセスがとにかく悪いか、昨今の暖冬で登れないのです。

実は今回お二人は昨年トライしたソーサラーというアイスクライミングのルートをリベンジでいらっしゃったのですが、コンディションが悪く登れない状態だったので GBUというアイスルートへ予定を変更しました。
d0112928_06525886.jpg

ソーサラーの一枚。
チリ雪崩がすごい。一ピッチ目氷がない。ここに来る前の週がとても寒かったのでいい状態を当てることができなかったです。
ですが、ここまで2時間のラッセル、朝3時起き。しかもこのルート2回目…。
二人とも「これは登れないから景色を楽しもう」とあの笑顔。山というものを知っている感じがしました。感服です。

さてそうと決まれば、次のアイスクライミングルートへ。
このカナダは一つダメでもいくらでも選択肢があるのです!!
車を横付けですぐに登れるルートを案内させていただきました。
冒頭の写真がそうです。
d0112928_06533795.jpg
GBUを登るお二人。さすがに早い。
そして後ろにはトラックが。え、でも道も駐車場もないじゃんと思った方。
このゴーストエリアはこれが醍醐味なんですよ〜。北米でオフロードバギーを乗るのもいいですが、このゴーストに来ればアイスクライミングと両方楽しめる。すごい。
もちろん写真通り川には橋はないのでトラックで渡って来ました!!
ワイルドでしょー。
d0112928_06522841.jpg
僕の登りも撮っていただきました。
佐藤さんのヘルメットにいつのまにかヤムステッカーが!!




ムービーです。よかったらどうぞ。臨場感たっぷり。

d0112928_06563700.jpg
そして夜は日本人のアイスクライマーの皆さんと夕食会。
この年末年始、この写真に写っていない沢山の方がアイスクライミングしにカナダへ来てました。
全行程の1日でもぜひヤムナスカに頼んでいただければ、自分たちでは不安な場所も安心安全にガイドさせていただきます。
特に5級6級のハードルートは僕にお任せあれです。
満足すること間違いなし。


ではまた冬のカナダにいらしてください。お待ちしています。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2018-01-11 09:39 | 登頂 / アルパインクライミング | Comments(0)


<< 検証! GoProでオーロラは... 地元の旨いもの巡り!?ちょっと... >>