遂に実現!究極のオーロラ体験 イヌビック・ツアー  第三話 オーロラ大感謝祭

d0112928_03172776.jpg
うわぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
このブログ第三弾!
イヌビック・オーロラ は、どうだったのか!
第一弾はこちらより
第二弾はこちらより

とてつもないことになりました。。。。。
オーロラ 大感謝祭
寝る時間ないほど、連日オーロラ出まくり、

こんなに出るのは久しぶりで、撮影が忙しい忙しい・・・

d0112928_03200572.jpg
今回はロッジに宿泊し、撮影しましたが、やはりこれが一番体にやさしい。
注意してロケーションのいいロッジを選べば、被写体としても十分満足できるはずです。

3月の半ばにイヌビックに訪問しましたが、日照時間の移り変わりが北極圏でははやく、23時頃にならないとオーロラタイムと言われるような暗い時間が訪れません。
連日22時頃の夕焼けが終わった頃からオーロラが出現していまして、忙しい、忙しい、、、、
逆に21時、22時は明るいので、少し仮眠するといいですね。

薄っすらとオーロラが出始めてきまして、おや!こりゃいかん!
すぐに外に撮影しにいかねば、、、、

d0112928_03240672.jpg
外に出たときには、うわぁー、すでにオーロラ炸裂!
こりゃー、早く写真撮らないと、、、、
こういうときのためにも昼間からロケハンとかしておくのは非常に重要です。
自分が使う予定のレンズでどんな画角になるか想定しておくといいですね。

d0112928_03255787.jpg
忙しい、忙しい、、、、
もちろんこの時点でバッテリーの予備も充電完了していましたので、後はシャッターを切るのみ!
第一夜は、『おいおい、こんなスタートで後は尻つぼみってことないよねぇー』と心配になるくらいでした。



第二夜
d0112928_03280270.jpg
うっひょー、また出てます。
仮眠から開けて、ちょっと外にでると、まだ真っ暗になる前から・・・・
まさかの展開に驚きながらも、すぐに準備!出動!

d0112928_03292440.jpg
こんなトグロ巻くとてつもないオーロラがあちこちでガンガン出てくれました。
もう忙しいよ、カメラ2台あればなぁー、と思うくらい。

この日は、初日で撮影できているので、少し余裕で、この後はタイムラプス撮影を多く行いました。

しかし、しかしこの夜は意外に暖かくマイナス15度程度、まぁー、極北人には楽勝の気温ですが、長く外にいると冷えます。
合間にセルフ撮影・・・
d0112928_03323675.jpg

第三夜
しかし、しかし、オーロラを長く撮影していますが、『まったく同じオーロラは存在しない!』ということは、わかっていることなのですが、撮影が飽きなくていいですね。
この夜はまさしくその言葉がぴったり、いろいろな形のオーロラが出現してくれて、また忙しい思いしました。
d0112928_03332484.jpg
いい形、23時頃少し雲があったのですが、みるみる内に晴れてきてくれました。

d0112928_03353700.jpg
全天型、もう魚眼レンズでもカバーできないこの大きさ・・・
贅沢な悩みです。

d0112928_03364310.jpg
真上にどかーん!こうなるともうあちこちでオーロラが出ていて、どれをどう撮るのか、急がないとオーロラは動くし、大変です。
写真でご紹介したように、筋、どぐろ、全天、などなどいろいろなオーロラが出てくれました。



第4夜
d0112928_03384722.jpg
まただよ!右下がまだ夕焼けの影響があるのが見て取れますが、真っ暗になっていなくても、その明るさに負けないオーロラがすでに出現!
まさか、まさかの4夜連続のオーロラ大感謝祭!
今夜もまた違ったオーロラを撮り巻くるぞー

d0112928_03403616.jpg
炸裂しまくり!
これは、ちょっと今までと色が違いますが、ちょっと失敗作、、、、
ホワイトバランスをAutoにしたままで、オーロラが明るすぎるので、カメラが自動的に違うホワイトバランスを選択したわけです。
カメラが間違うのもわかるくらい明るい物でした。
この夜は非常に明るく、動きの強いオーロラが何度も出てくれました。
d0112928_03431226.jpg

はっきり言って、もうこの大きさになるとどうしようもないんですよ。
どんなレンズ使ったって、カバーできないし、その感動は観るしかない!

d0112928_03440622.jpg
途中からは余裕こいて、自撮したりして遊んびました。
もう4夜も出ているしね。
今回は大きくなりすぎて、オーロラが早すぎて、2秒以下程度でシャッター切ってましたが、追い付かないほど、
もうちょっと高感度に強い奴なら1秒以下で余裕でシャッター切れたことでしょう。

雪の上にねっ転がって、ただただ雄叫びをあげながら、オーロラを浴びるだけになりました。
d0112928_03471932.jpg

あっぱれイヌビック!
まいったよ!

ということで、これはツアーにしない手はないということで、急きょツアーを創りました。

オーロラマニアには非常にお勧め、どうせ行くなら、すごい場所でと思う人、
もういろいろな場所にオーロラを観に行った人、
一緒にオーロラ浴びまくりましょう。
新企画ツアーはこちらから

ちなみに、カメラ2台以上、予備電池いっぱい持参をお勧めします。
もちろん、私は目で見るのが専門の方もいいと思います。(実際、私も最後はもう見るだけになってました。)

3回にわけてお届けしたイヌビック!

気になるあなたは是非、お問い合わせください。


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-30 03:51 | オーロラの旅 | Comments(0)


<< 2017年夏のハイキングシーズ... 天高く馬肥ゆる秋、黄金の森を歩... >>