秋のホワイトホース 黄葉を満喫

d0112928_02163906.jpg

ヤムナスカ ガイド 本山 です。
ホワイトホース周辺は、9月の半ば頃になるとアスペンの素晴らしい黄葉が楽しめます。
黄葉のする木々の種類は多くはありませんが、『大迫力』がユーコン準州のキャッチコピーにもなっている『Larger Than Life』にぴったりな感じです。

今回は、インオンザレイクにご宿泊され、夜はオーロラを満喫されたお客様U様2名様をヤムナスカならではの旅で演出させていただきました。

今回のU様は、写真の装備もばっちり!オーロラ撮影から日中の撮影まで楽しまれていました。
私も写真が好きなため、黄葉の時期に、ユーコンらしい『広角』ばえする場所を選択してご案内させていただきました。

まずは、ユーコン自然動物保護地区へ
一般的なツアーでは、5kmある地区内を車で回り、1時間程度で終わってしまうもの・・・・
ヤムナスカでは『歩きます!』
理由は、あまりにも黄葉が綺麗な場所で車で動物見学だけして通りすぎてしまうにももったいな場所だからです。
d0112928_02202268.jpg
これは、歩いた方がいいですよね。
保護地区内は黄葉まっさかりでした。

この日はポカポカで動物たちも日向ぼっこ
d0112928_02230363.jpg
柵内の動物だけではなく、小さな野生のリスも楽しめました。
どこまで近くに寄れるか!
d0112928_02250581.jpg
すがすがしい天気の中、風景写真撮影を楽しみながら、歩きます。
d0112928_02255504.jpg
特にこのアルペンの黄葉は、どの黄葉もそうなのでしょうが、光が入ると『美しく輝きます』
d0112928_02265259.jpg
翌日は、登山道のないハイキングコースへ、
私が自分で撮影をしていたときに、ここから広角で大展望のアスペンの黄葉が撮りたい!と思っていた場所です。
とは、言いつつ、、、利用したのはI-phone パノラマ機能。
d0112928_02320601.jpg
なかなかこの迫力は写真ではお伝えするのが難しいのです。
d0112928_02423501.jpg
高台に上るとやはり違います。ちょっと眺めのいい場所で休憩。
d0112928_02434092.jpg
下山時も黄葉を楽しみました。
時にはちょっと赤っぽい黄葉もあり、撮影者を楽しませてくれます。
d0112928_02443346.jpg
北米に来たら撮影したい!まっすぐにどこまでも伸びるハイウェイ!
私もこれにあこがれたものです。
d0112928_02451861.jpg
その後は、実際に上から眺めていた、アスペンの林の中へ道なき林のアスペンの林の中を散策します。
d0112928_02461649.jpg

見事な黄葉!
青空と黄葉、そして白い幹のコントラストは、いつみても見事です。
d0112928_02472291.jpg
今回のブログは、黄色一色ですが、本当にホワイトホース周辺はこの時期、迫力の黄色に包まれます。

オーロラも鑑賞することのできたU様達、
私も一緒に撮影を楽しませていただきました。
また遊びに来てください。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-20 02:30 | オーロラの旅 | Comments(0)


<< 極北の秋 ツンドラ紅葉 フィッ... 秋から冬の銀世界へ スコーキロ... >>