2017年 春のスタッフトレーニング

d0112928_02465306.jpg
皆さんこんにちは!
ガイドの堀口です。

6月に入りすっかり暖かくなり、カナディアンロッキーの玄関口である我々の本拠地、キャンモアも夏らしくなってきました。
最近は日中は20°近くになり、わたくし堀口は街では短パンです。
カナダの夏は短いです。短パンは履けるうちに履きましょう!というのが鉄則です。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが。
夏といえばハイキングシーズン!
そうです、いよいよ今週から夏のツアーがスタートします。
ということで、先日ヤムナスカスタッフが総動員し毎年恒例のスタッフトレーニングをキャンモアのオフィスで行いました。
ユーコン在住の本山と、私ももちろん参加です。

2日間の日程で行われるトレーニングは、
・Day1・・・オフィスにてオペレーション、車両と運転業務、ガイドとしてどのように仕事に向き合うべきかをの確認。
・Day2・・・フィールドにでて実際のガイディングを想定したトレーニング。
という内容です。


d0112928_03062922.jpg
Day 1、クラスルームにてオペレーションの内容を確認します。
オフィススタッフ、現場のガイドがスムーズかつ効率的にコミュニケーションをするために、
ここでしっかりと業務内容をブラッシュアップします。

d0112928_03064395.jpg
d0112928_03065573.jpg
車両のチェックと安全運転は、私たちの最も大切な業務の一つ。
車両の基本的な知識はもちろん、整備の基本、安全に関する情報のシェア、万が一トラブルが発生した際の対応を確認しあいます。
お客様に安全に、安心してご乗車していただくために、安心感を与えるドライビングを常に考えます。
d0112928_03074726.jpg
Day 2、フィールドにでて実際のガイディングを想定したトレーニング。
出発前にはお客様の、体調や様子、装備などをしっかりと確認します。
特筆事項があればガイドノートに記録を取る。
ガイドの基本ですが、些細なことでも記録に取っておくことがプロガイドの一歩目です。
d0112928_03080734.jpg
山に入ってしまえば、ほとんどのエリアが携帯圏外になるため、無線の使い方もしっかりと確認します。
緊急時など無線が唯一のコミュニケーション・ツールとなるため、
各エリアの周波数はあらかじめプログラムし、現場では問題なくエリアがカバーされていることも確認します。
d0112928_03120921.jpg
今年は14名の大所帯!トレイルヘッドまで専用車で向かいます。
今年もレジェンドガイドの岡部氏にオブザーバーとして参加していただきました。
経験値の高いベテランからの意見は大変参考になります。
d0112928_03090306.jpg
トレイルヘッド(登山口)ではガイドがこの日の行程や見どころ、危険個所などを正確に伝えます。
今年は植木がまずはガイド役になります。
他は全員お客様役ですが、もちろん全員がガイドなので途中でそれぞれが持っている知識や、情報をシェアしながら進んでいきます。
d0112928_03083545.jpg
6月初旬のこの時期はまだまだ残雪期。
ゲイター(スパッツ)は必須アイテムの一つです。
d0112928_03092731.jpg
今年はカナナスキスカントリー、スプレイバレー州立公園にある『Tryst Lake』周辺を歩きました。
"Tryst" は "逢引き" という意味があるのですが、どのような場所か非常に気になるところですね(笑)
d0112928_03095743.jpg
はい出ました。さあこの巨大な足跡は何の動物でしょうか。

答えは、グリズリー。
カナディアンロッキーはグリズリーなど熊の生息地となるため、ガイドは熊対策に関する最新情報は常にチェックすることを求められます。

d0112928_03112021.jpg
d0112928_03125574.jpg
これはベアバンガーというアイテムで、打ち上げ花火のように爆発音を鳴らすことにより、熊が出没する危険があるエリアなどで使用し、熊に音で知らせることによって遭遇の危険を下げます。
d0112928_03121998.jpg
それ以外にもどんな動物がこのエリアにいるのか、このように糞を調べ内容物を見ることにより、動物のプロファイリングしていきます。
d0112928_03122916.jpg
ヤムナスカガイドで最もアルパインクライミングに精通した谷が、雪崩の危険について解説。
残雪期はハイキングといえども、場所によっては全層雪崩が発生する危険性があります。

落石の危険のある場所、歩くにはリスクの高い場所、決してお客様と歩いてはいけないような危険なエリアなど、
カナダ山岳ガイド協会が指定する、安全にお客様をご案内できる範囲『ガイドライン』をしっかりと確認し合います。

d0112928_05295958.jpg
安全であることがわかれば雪があっても進んでいきます。
あれ!?なんか写真が古い。。
d0112928_03101793.jpg
失礼しました。上の写真はユーコンのゴールドラッシュ時代のもので、チルクートパスのものでした。。(笑)
あまりに酷似していたので間違えてしまいました。
実際はこちら、ガイドが後方のお客様にステップを作り上りやすくします。
d0112928_03104358.jpg
最後の雪の斜面を登りきると見えてきました、 岩稜"The Fist"
d0112928_03110345.jpg
ロッキーらしい険しい壁ですね。近くで見るとド迫力です!
d0112928_03130440.jpg
目的地にTryst Lake は雪も多く、まだ凍っていたので見ごろはまだこれからという感じでした。
湖畔にて新人ガイドの永谷からロッキー山脈の造山活動と、氷河湖についてのインタープリティブ。
先輩ガイドたちの前で緊張感が伝わってきましたが、持ち前のキャラクターで、一同爆笑でした。
d0112928_03124756.jpg
ヤムナスカガイドは全員 Advanced Wilderness First Aid (野外救急法)の資格保持者。
シナリオを想定して取り組むことで、より現場で適切で迅速に対応できるための訓練となります。
救急法はこの日だけで全てをカバーできるものでなく、日々取り組む個人のブラッシュアップが非常に重要です。
ちなみに今年も患者役は難波で、症状は大腿骨骨折でした。
d0112928_03071065.jpg
トレーニング終了後はオフィス前にてピザとビールで軽く打ち上げ!
こうやってすべてのガイドが集まり足並みを揃えることで、士気が上がり、
ガイディングのモチベーションが上がりますね。

今年もガイド全員が夏に向けて仕上がりました。
皆さんカナディアンロッキーで、それからユーコンでヤムナスカガイドがお待ちしています。
皆さんにお会いできるのを本当に楽しみにしています。
今年もよろしくお願いいたします。

ヤムナスカ・ガイド
堀口慎太郎

by ymtours | 2017-06-07 07:52 | お知らせ | Comments(0)


<< 初夏のヤムナスカショルダー 展... [ガイドの素顔] 救急法の資格... >>