ラーチバレーハイキング 【14.07.11】

こんにちは、ヤムナスカガイドの難波です。

本日は現地ハイキングツアーにご予約された、今田ご夫妻様と竹藤様、キャンモア在住の長松様をラーチバレーへご案内してきました。

ラーチバレーは熊の生息地として知られており、人間と熊の距離を保つ目的で4名以上まとまって歩かなくてはいけません。我々は5名ということで、熊の生活圏に少しお邪魔させていただきました。

1時間も頑張って歩くと、こんな景色が待ってました。

d0112928_918174.jpg


今田さんが追っているものは?

d0112928_9191084.jpg


巣穴に枯れ草を運んでいるコロンビアン地リスでした。
この場所は9ヶ月間も雪に閉ざされています。
乾燥した草を巣穴に運ぼうと、真剣に働いていました。
まるで私のようで親近感が湧きました。

d0112928_923048.jpg


天気が良いので、嬉しい気持ちと一緒に足が前に出ましたね。

d0112928_9261252.jpg


とても足並みが揃ったので、お昼前にミネスティマレイクへ着きました。まだ氷の残るレイクでしたが、パスの残雪が映り込み、素晴らしい景色でした。

d0112928_925435.jpg


パスには残雪があり、滑落したら怪我する場所もありましたが、ガイドがスポットすることで安全を確保しました。センチネルパスまで上がると、さらにテンピークスの山々が大きく見えました。70代の竹藤様は、ご自身がここまで来れるかわからなかったため、とても感動して頂きました。

d0112928_9291976.jpg


パスの反対側の景色です。
尖ったグランドセンチネルがカッコいいですね。

d0112928_9314265.jpg


みんなで、おにぎり弁当を頬張りながら、景色を堪能です。

d0112928_9324384.jpg


下山は親日家の通称エド(江戸と書く)さんが一緒に歩きたいと申し出て、グループが6名に。旅は道連れです。とても話し好きで、ずーと日本のことを話していました。

d0112928_9344764.jpg


竹藤さんの足は70代ながらしっかりです。
いつも日本でロードバイクを乗っているらしく、私は脱帽です。

d0112928_9365042.jpg


山の募集ツアーはいいですね。
山好きという共通点があるため、すぐに仲良くなれます。

今日は沢山歩きましたので、疲労は少し残ると思いますが、山の疲労は心地よいですね。私もビールを飲んでから良い眠りにつきました。

この度は、ヤムナスカの現地日帰りハイキングツアーへご参加いただき有難うございました。
by ymtours | 2014-07-11 17:42 | カナダの山旅 | Comments(0)


<< 今田様ご夫妻&TS様、T様 レ... 大阪ファミリー様 エスプラナー... >>