京都洛中勤労者山岳会10名様 ユーコン編その2/2

d0112928_8313966.jpg


ガイドの堀口です。

はい。「オーロラは見れた!」でした。


この日は前日とは違い天気が良く絶好のオーロラ鑑賞日和でした。
皆さん粘り強く待って、肉眼でもしっかりと確認できるモノを捉えることが出来ました。
あの瞬間は感動したね。いやー良かった良かった。

ということで、この日は遅くまで極北の不思議な光を楽しみました。



さて、翌日はちょっと遅くまでベッドで休みこの旅最後の山行。
この日はホワイトホース市内から車で30分くらい移動し、フィッシュレイクという湖のすぐ近くにあるトレイルを歩きました。


d0112928_841565.jpg

綺麗に染まったバーチやウィローの中を歩きます。



d0112928_8451933.jpg

コルまで上がると、息を飲むような美しい景色が。



d0112928_849533.jpg

しばらくここに留まっていたくなる。そんな世界。



d0112928_8512711.jpg

それじゃあここも無名峰ですがピークを目指しましょうか!




d0112928_8531663.jpg

ここにもケルンを積んで「洛中ピーク2」と命名w




d0112928_8543961.jpg

それにしても独特の世界があります。ユーコン。




d0112928_85696.jpg

下りは燃えるトレイルをゆっくりと降りてきます。




d0112928_857227.jpg

ずっと写真を撮っていても飽きることはありません。




d0112928_913079.jpg

こんな景色を独り占め出来てしまうのがユーコンの素晴らしさ。


最後まで紅葉を楽しめる最高のハイキングとなりました。


翌日の早朝ご一行様は日本へと帰られました。
紅葉のタイミングもバッチリで天候にも恵まれ、とても楽しい旅にご一緒させて頂いたこの数日は私自身も忘れがたいものとなるでしょう。

今回はロッキーでの山行もとても素晴らしいものだったと伺っております。
たまにカナダを思い出して、山岳会の皆さまでいらっしゃってください。
我々ヤムナスカガイド一同気合を入れてお待ちしております。

この度は本当にありがとうございました。
次回お会いできるのを楽しみにしてます。

ヤムナスカガイド
堀口慎太郎


カナディアンロッキー編はこちら↓
http://ymtours.exblog.jp/19618173/

by ymtours | 2013-09-15 09:16 | カナダの山旅 | Comments(0)


<< アシニボイン・バックパッキング... 京都洛中勤労者山岳会10名様 ... >>