京都洛中勤労者山岳会10名様 カナディアンロッキー山行編 その3/4

d0112928_9583620.jpg


 たびたび石塚です。今日のコースは旅のハイライトの一つ。「ウエスト・ペイトー・ピーク」を目指します。
 このコースはカナディアンロッキーにおいて、ハイキングで登れる山の中では”最も壮大な景色を望めるコース”の一つでして、氷河だけでなく、なんと広大な氷原(アイス・フィールド)を望めるコースなのです! コース難易度も高く、標高差850メートルの上りは、ほとんどがガレ場、急登も多く、まさに健脚向きのコース。天候ももちろんですが、グループの足並みが揃わないと登ることは難しいのですが、この日は雲一つないど快晴! そして、なにより皆さん山岳会の方々なので、チーム力も高く、見事に登頂。本当に素晴らしく感動的な一日となりました。


d0112928_9585548.jpg
ルートのほとんどがガレ場で、急登も多い。ここは最も大変なパートの一つです。

d0112928_959227.jpg
自然の造り出した奇跡の一品。巨大なバランス・ロックはまるでモアイのよう。
ちなみに彼女はデイブの妹でガイドのサンドラ。彼女と私のガイド二人体制で歩きました。

d0112928_9591051.jpg
だいぶ上がって来ましたが、まだまだ目的地は遠い。

d0112928_9591942.jpg
まるで恐竜の肌のようにギザギザに刻まれた氷河の浸食痕を登る。

d0112928_9593777.jpg
ついに山頂が見えた!

d0112928_9592771.jpg
ウエスト・ペイトー・ピークからコルを挟んだ東側に無名峰があるのですが、先にこちらへ登頂!


山頂からのパノラマ動画をご覧下さい!

d0112928_959519.jpg
無名峰に皆で新しいケルンを作成。果たして冬を越す事ができるでしょうか??

d0112928_9594443.jpg
無名峰を洛中ピーク(仮)と命名しました!

d0112928_100177.jpg
一番奥に見えるのが、観光で有名なペイトー・レイクです。

d0112928_100710.jpg
次は隣に聳えるウエスト・ペイトー・ピークへ。無名峰からは15分ほどで登れます。

d0112928_1001246.jpg
ウエスト・ペイトー・ピーク(2896m)サミット!

d0112928_1002188.jpg
見渡す限り山・ヤマ、やま!

d0112928_1002912.jpg
氷河の褶曲が迫力で眼前に聳える。

d0112928_101079.jpg
ミスタヤ・エリアは他のロッキーのエリアと比べても自然の迫力が違いますね。なんというか野性味が強く、ワイルドなのでしょう。

さあ、これでミスタヤ・パートは終わりです。最後は翌日に行った日帰りハイキングである、フェアビュー・マウンテン登頂コースです。
http://ymtours.exblog.jp/19618917/

by ymtours | 2013-09-08 10:30 | カナダの山旅 | Comments(0)


<< 京都洛中勤労者山岳会10名様 ... 京都洛中勤労者山岳会10名様 ... >>