田崎様グループ ユーコン特別ツアー

d0112928_1458556.jpg

こんにちは。
ヤムナスカガイドの小泉です。
今年のユーコンツアーは非常に好評でした。
ツンドラ紅葉、ポプラの黄葉とも例年以上に色鮮やかで、極北の秋を見事に演出。
気心知れたワンゲルOB田崎様グループの皆様を秋のユーコンへご案内致しました。
田崎様とは、以前、カナディアンロッキーで「スタンレーミッチェルハット」にご案内して以来の再会となりました。その模様はこちらから。

前半は、ゴールドラッシュの舞台「ドーソンシティ」への旅。
ホワイトホースから500km車を走らせ、ツンドラ紅葉で有名な「トゥームストーン州立公園」や「トップオブザワールド・ハイウェイ」をハイキング、ドーソンシティでは砂金掘りにも挑戦しました。

d0112928_14593172.jpg
△ドーソンへ向かう途中は、ポプラの森が500kmも続きます。車を止め、ポプラの森でランチ休憩、散策を楽しみました。


d0112928_1512426.jpg
△北極圏へ続く「デンプスターハイウェイ」での一コマ。

d0112928_152146.jpg
△秋深まり、紅葉も終盤を迎えたトゥームスートンの山々。前の晩に新雪が降り積もりました。

d0112928_1535066.jpg
△とても寒かったけど、紅葉がきれいでした!

d0112928_1544618.jpg
△これから長い長い冬を向かえるトゥームストーン。

d0112928_156860.jpg
△ドーソンの夜空にカーテン状のオーロラが現れました。

d0112928_158935.jpg
△トップオブザワールド・ハイウェイ沿いの小さなピークを目指してハイキング。道無き道をブルーベリーを摘みながら登ります。

d0112928_159239.jpg
△赤の紅葉の代表格「北極樺」。ちょうど見ごろで赤い絨毯を敷き詰めたよう。

d0112928_15105988.jpg
△ドーソンはゴールドラッシュの舞台。今でも金を採掘している「ボナンザ・クリーク」で砂金取りに挑戦です!その成果はいかに・・・?

後半はホワイトホースを拠点にハイキングやカヌーを楽しみ、ちょっと足を延ばして世界遺産のクルアニ国立公園も訪れました。

d0112928_15142096.jpg
△前日の雨が山頂では雪だったようです。フィッシュ・レイクのハイキングでは、赤い紅葉と白い雪山のコントラストが非常にきれいでした。

d0112928_15161424.jpg
△ホワイトホース近郊でも手軽にツンドラ紅葉が楽しめます。まさに紅葉はピーク、とってもきれいでした!

d0112928_15175182.jpg
△ユーコンと言えば「ユーコン川」。ゴールドラッシュ時代には、金を求めて北米中から人々がやってきた際、このユーコン川を下りドーソンシティを目指しました。そんな気分を少しだけ味わいます。

d0112928_15201411.jpg
△カヌーのわきを白頭ワシが滑空。獲物を探しているのでしょうか。

d0112928_15214151.jpg
△寒くもなく穏やかな天候の中、静かにゆったりと川くだりを楽しみました。

d0112928_15223591.jpg
△最終日は、世界遺産のクルアニ国立公園へ。ドラマチックに変わる天候の中、クルアニ湖畔でのランチタイム。

d0112928_167436.jpg
△最後を飾るにふさわしい天気と山岳風景。

d0112928_15242224.jpg
△この日は、私の妻も同行させてもらいました。スリムズ河を見下ろす展望地にて、素晴らしい景観を堪能できました。

田崎様はじめ皆様
この度はヤムナスカのツアーへご参加くださいまして、誠にありがとうございました。
スタンレーミッチェル以来の再会ということで、私もとても楽しくご一緒させてもらいました。
紅葉(黄葉)もちょうどよい時期でしたね!
ユーコンと言う土地の広さ、自然の奥深さを肌で体験していただけたかと思います。

まだまだ、ユーコンは見所がたくさんあります。
次はクルアニ国立公園のB&Bのんびり滞在や豪華ロッジインオンザレイクへのご滞在などがお勧めでしょうね。

また、ユーコンで、カナディアンロッキーで、皆様と再会できるのを楽しみにしております。
誠にありがとうございました。

小泉優
Yamnuska Mountain Tours
by ymtours | 2012-09-28 15:41 | カナダの山旅 | Comments(0)


<< Lake O'hara... ユーコンどうでしょう!塩飽様3... >>