シャドウレイク・ロッジへの3泊4日の旅

d0112928_5265521.jpg

こんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの小泉です。

7月の下旬に、ソウルからお越しのYamashita様ご夫妻をシャドウレイク・ロッジへご案内させていただきます。その模様をお伝えいたします。

シャドウレイクロッジは、バンフ国立公園内、秀峰Mt.Ballを見上げ、高速道路からは片道13kmを歩いて入山しなければならない、とても静かな場所に位置する山岳ロッジです。

d0112928_5273485.jpg
△中一日目の日帰りハイキングは、Mt.Ball直下の湖”シャドウ・レイク”を経由し、アンフィシアターと呼ばれる岩壁に囲まれた秘密の場所までご案内いたしました。

d0112928_528951.jpg
△高山植物が好きなお二人。花の細部まで観察していました。

ロッジでは、ハイキングから戻るとアフタヌーンティーの時間があります。
スナック、フルーツ、ドリンクが用意され、バルコニーの椅子に座って景色を眺めながら味わうのは最高のひと時。

d0112928_5283367.jpg
△ディナーの時間は、宿泊客揃ってダイニング・ルームで振舞われる。素朴なカナダの家庭料理を味わえるのは貴重だ。

d0112928_5284953.jpg
△中2日目のハイキングは、天候もよかったので標高2300mのギボン・パスへ。

d0112928_529996.jpg
△その足で、ギボンパス近くの尾根まであがる。お二人にとってロッジから標高差700mは、未経験の領域。それでもちゃんと登りきり、笑顔での一枚!

d0112928_5292672.jpg
△アネモネの穂の中を自由に歩き回る。

d0112928_5294738.jpg
△宿泊キャビンの前での一枚。いつもご主人様が、キャビン外の椅子に座り、Mt.Ballを眺めている姿が印象的でした!

d0112928_530474.jpg
△ロッジから20分のシャドウレイクまで早朝散策へ出かけました。とても静かなMt.Ballの朝焼けです。


Yamashita様:
この度は、ヤムナスカのプライベートツアーへご参加くださいまして、誠にありがとうございました。
シャドウレイク3泊4日の旅では、ハイカーの数も少なく、ロッジ滞在の良さ、自然の奥深さを感じていただけたかと思います。また、今回のロッキーでのハイキングは、未体験の領域まで足を踏み込み、今後よりバラエティ豊かな山旅を楽しめる大きなステップになったことと信じております。
まだまだ、ロッキーには数多くのロッジがあり、どれもとても個性的で魅力的なものばかりです。
是非、また機会がございましたら、カナディアンロッキーへお越しください!
お会いできる日を楽しみにしております。


小泉 優
by ymtours | 2011-08-09 05:34 | カナダの山旅 | Comments(1)
Commented by 山下正、 規子 at 2011-08-09 06:25 x
皆様にはほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。

スイスで知った山の楽しみですが、ロッキーへ行く前の私たちは、正しい靴の履き方さえよく知らず、ただ単に山の姿や花を見ながら、鳥の声を聞きながら、森の空気を感じながら歩いているだけでした。今回、3人のガイドの方々といっしょにあるいていただき、ロッキーの山や森を楽しんだことはもちろんですが、山への接し方やハイキングの仕方、歩き方に至るまでいろんなことを教えていただき、心から感謝しています。ガイドの方々の持っていらっしゃる知識や経験、また自然に接する態度など、いちいち頭の下がる思いで接しさせていただきました。失礼な言い方を恐れずに書くなら、岩田様から見積もりをいただいたとき、「高い」と感じたのですが、実際、ごいっしょいただいて、それがサービス の対価を遥に越える価値があることを感じました。安全に安心して歩けるよう心を配っていただき、また花の名やその特性、動物の習性、季節による山の変わりようなど、ガイドブックでは知ることのできない興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。


<< シャドーレイクロッジ&アイスフ... レイクマッカーサー 一日ハイキング >>