7/14-19 S様ご一行、マウント・ロブソンバックパッキングツアー

ヤムナスカ秋山です。
昨晩、自分にとって今年一発目のバックパッキングツアーから帰宅しました。
今回ご案内させていただいたのは、4年前エスプラナーデでご一緒してから、
なんと4回連続でカナダに来ていただいている、S.トミ様ご一行です。

ちなみに、4回は下記のとおり。いいですねー、徐々にグレードアップしている感じが、まさにヤムナスカマジック。

2008エスプラナーデの山小屋縦走
2009ユーコンのカーキャンピング&ハイキング
2010アシニボインの小屋泊
2011マウントロブソンのバックパッキング

さて、今回の旅は、ロブソンの麓まで行く移動日&軽ハイキング、そしてロブソンの山の中で4泊5日のバックパッキングと二段構成でした。

初日は、キャンモアからマウント・ロブソン近くにあるロッジまで移動。途中ウィルコックスで軽ハイキングを楽しみました。

2日目はロブソンの山の中でのキャンプ。入山はヘリを使用し、一気にロブソン・パスと言われるキャンプ場までひとっ飛び。

3日目は、キャンプ地を拠点とし、スノーバードパスまでの往復21kmのデイハイク。

4日目は、キャンプ地を拠点とし、マム・ベイスンまでのループハイク

5日目は、ロブソン・パスを引き払い、ホワイトホーンまでの標高差650mの下り。

そして最終日は、ホワイトホーンから駐車場まで下り、そのままキャンモアへ。

本当に、あっーーと言う間の6日間。
キャンプ中は、食事、片付けなど手伝っていただきながら、グループとしてのバックパッキングを無事に終えることができました。
この、皆で協力して一つのゴールに向かう。そして自分の足で自分の住居を担ぎ、歩ききる。
この辺の精神がまさに、バックパッキング。ハマる方が多い理由ともいえます。

Sご一行様。この度は4度目のカナダにヤムナスカを選んで頂き、本当にありがとうございました。
5回目も実現できるように、我々独自のツアーをご提案させていただきますので、今後ともよろしくお願い致します!

ツアーの様子は写真と一緒にどうぞ。

7/14日 Day1
d0112928_6354091.jpg

出発の朝、オフィスの前で記念撮影。

d0112928_6414812.jpg

ランチに立ち寄ったペイトレイク

d0112928_638893.jpg

宿泊をしたロッジで前夜祭

7/15日 Day2
d0112928_636057.jpg

行きはヘリコプターで一気にロブソン・パスへ。下には最終日に通るキニーレイク

d0112928_6363725.jpg

夜は、ヤムナスカ特選ちらし寿司

d0112928_6364397.jpg

いただきまーす

7/16日 Day3

d0112928_6361771.jpg

昨晩の雨から一転、ピーカンに。予定を変更し、ハイライトのスノーバードパスへレッツゴー。

d0112928_722264.jpg

お花畑も素晴らしかったです。

d0112928_6365629.jpg

ロブソン氷河を眺めながら一休み。こんな景色あります?

d0112928_637550.jpg

モレーンの上を一列に

d0112928_637119.jpg

最高のランチタイム

d0112928_6371458.jpg

カナディアンロッキー最高峰、マウント・ロブソンとロブソン氷河

d0112928_6371847.jpg

信号娘

d0112928_751699.jpg

気持ちの良いメドウで、マーモットとこんにちわ

d0112928_755914.jpg

たそがれマーモット

d0112928_6372490.jpg

目的地のスノーバード・パスから見下ろす、リーフ氷原

d0112928_6372744.jpg

良いハイクの後は乾杯!


夕食の風景。笑いが絶えません。

7/17日 Day4
d0112928_6373751.jpg

本日は別方面に上がっていく。後ろはバーグレイク

d0112928_714939.jpg

ロブソンを間近に眺めることができる

d0112928_6373916.jpg

知る人ぞ知る、 The Cave

d0112928_6374514.jpg

疲れた足を、トボガンフォールズで癒す。この後大惨事が!?
でも、それはに流したので、内緒。

d0112928_6374646.jpg

ハイクの後は整体師でもあるK様指導によるストレッチ。これが痛かったー。

d0112928_6374832.jpg

ロブソン

7/18日 Day5

d0112928_6402783.jpg

キャンプ、4日目の朝。いよいよ縦走開始。重い荷物を持って記念撮影

d0112928_6375057.jpg

エンペラーフォールズ。この滝は近づけるので、合羽をの上下を着てあえて濡れに行きます。

d0112928_731253.jpg

4日目ともなると、夕食の準備も皆様でOK。私は監督者として見守っております。

d0112928_741193.jpg

そしていただきまーす。

7/19日 Day6

d0112928_6375730.jpg

吊り橋を渡る

d0112928_638038.jpg

緑のおば、おねーさん。

d0112928_638382.jpg

ランチタイム @9:24分。5時おきだったもので。

d0112928_638532.jpg

そして遂にGooooaaaaal。皆様お疲れさまでした!

改めて皆様、今回はありがとうございました。
自分も楽しませてもらっちゃいまして、恐縮でした。またご一緒させてくださいねー。

秋山 裕司
by ymtours | 2011-07-21 06:53 | カナダの山旅 | Comments(4)
Commented by みえこ at 2011-08-04 00:33 x
秋山さまツアー中はお世話になりました。ロブソンの絶景の中を歩くことが出来ましたことを感謝しています。また〇〇才の誕生日をカナダで向かえ年齢的に体力も限界が来ていると思っていたことが、そうではないと気づかされました。諦めずに楽しんで歩き続けます。又こんな感動に出会えることを願って。
Commented by 秋山 裕司 at 2011-08-05 12:25 x
みえこさん
こちらこそ大変お世話になりました!
限界なんてまだまだ、バックパッキングの世界がスタートしたばかりです。これからも日本の、そして世界の山々を歩き続けてくださいね。泊まりはもちろんテントで行きましょう!
Commented by Tomi at 2011-08-15 15:52 x
ブログ賑わっていますね。ロブソンのバックパック無事に制覇できて感激して居ます。これも一重にガイドの秋山君を始め企画担当者の皆さまのお陰と感謝しております。
参加したメンバーの方々にも感謝感謝です。
私の編集するフォトストリーが完成して参加者全員へ送りました。なんと長編で1時間半ですよ。自分でも何回見ても飽きません。参加者の方々からも喜びのメールが続々でした。
スーパーで奥さんとお子さんにお会いできて秋山君のパパ顔見せて頂きました。バックパッキングの時の厳しい顔は何処へ行ったの?でしたね・・・ありがとう御座いました。
Commented by 秋山 at 2011-08-16 00:46 x
Tomiさん

この度はありがとうございました!一時間半の長編ムービーとはすごいですね。是非とも見せて頂きたいです。ロブソンは天気も良く最高でしたね、まだまだ素晴らしいバックパッキングコースありますので、是非挑戦してくださいね!
炊き込みご飯は次は完璧にしますよー。


<< Saddleback Pass... 7/18発 ヨーホーバレー周遊... >>