栗原治郎 Jiro Kurihara 1977 - 2011

2011年6月9日 記:難波

これまで故栗原治郎およびご遺族の皆様へ、また私どもへお悔やみのお言葉やお励ましのお言葉を頂き、有難うございました。治郎は皆様と当社スタッフの心の中に生き続けることでしょう。

お別れ会にて、彼の個人ブログに書かれていた、
彼自身の言葉を朗読させていただきました。
彼の雰囲気がとても出ている言葉です。
お別れ会にご参列できなかった方へ紹介したいと思います。

Jiro’s own words from his Blog
http://taointheworld.blogspot.com/

「親友とともに登る静かな時間。すぐに指は終わってしまったけど、いつまでも続いてほしいと心から思える幸せな時間でした。」

「ガイド仲間、ヒロ&リョーとスタンレーピークという山へ行ってきました。朝6時半スタートで夜10時過ぎに終了。なんでこんなに時間がかかったのかな~。ハイキング仕事でスポイルされちゃった人!次回はもうちょっと頑張りなさい。」

「撮影ツアー。自分は道案内なのでもちろん講師の写真家の先生もいらっしゃいます。アドバイスをこっそりと聞きながら自分もみなさんに混ざって撮影に熱中してしまった。こりゃ駄目だな、と思う気象条件ほど写真は面白くなると実感。でも、こりゃ駄目だと思いつつも撮影へ向かう姿勢をキープするのは本当に大変だと思います。」

「35kgぐらい。。。久々のボッカだけど激務をこなした。ハイキングガイドにはちょろいっす。」

「バックカントリーに滞在しながらハイキングガイドの仕事をしていると時々贅沢な仕事だなぁと思う瞬間があります。山が素晴らしい風景やどきっとするような光を見せてくれる瞬間。なんともいえなく爽やかな風が吹き抜けてゆく瞬間。そんな瞬間があるから山とともにあって良かったと思うのです。」

d0112928_234378.jpg



2011年6月7日 記

栗原治郎のお別れ会にご参列いただいた皆様、および
お悔やみのお言葉をお送りいただいた皆様へ、

去る、6月3日、バンフセンターにてメモリアルサービスが無事に終了しました。
当社のスタッフが中心となり企画させて頂きましたが、バンフセンターを始め、栗原治郎、彼の奥さんと親しいご友人の方々、各関係会社様のサポートがなければ、このような会は出来なかったと思っております。この場を借りてお礼申し上げます。

総勢150人もの友人達が訪れ、治郎とのお別れができました。
彼が逝ってしまったことに対して、まだ実感の無い方が多数だと思います。
短い人生でしたが、彼がもっとも輝いていたと思われるカナダ在住中に出会った仲間内で、治郎との思い出を共有できたことに感謝しております。

有難うございました。


以下は私、難波の個人的な意見であります。
山の遭難に対しては、さまざまな考えや意見があると思います。
もし異なるお考えをお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうぞご容赦ください。

治郎は私の知るアルパインクライマーの中ではトップクラスの技術と知識、経験を持っていました。
人間の知ることができない大いなる自然に対して、敬意を表しながら、山に向かい合っていました。 また、彼が頂上直下でクライミングを断念し、下山することはよくあることでした。いつも慎重で無理をしないクライマーだったのです。

彼はプロのガイドとして、お客様を安全にガイドするには、お客様と行く行程より、何倍も厳しい山登りを経験しなくてはならないという考えの持ち主でした。山に登ることは自然の厳しさを知ることとでもあり、厳しさを知れば知るほど、人間の小ささを確認できる。ガイド技術の向上は彼の永遠のテーマでした。私は彼とこの話で、いつも盛り上がったことを覚えています。

デナリ国立公園のMtフランシスで何が起きたのか?
レンジャーから、ご遺族の方に彼らが分かっている事実関係について説明がありました。その詳細はここでは明かにしませんが、治郎とそのパートナーである淳也君が取った行動は、私としては十分に納得がいくものでした。よって、想像を超えた自然の何かが、彼らを襲ったのだと考えています。いったいそれは何だったのか?我々下界のものには分かりません、そこにいた者だけが知ることなのでしょう。

町や都会で生活していても想定外のアクシデントは起きます。その中には自然発生的なものもあるでしょう。残念ながら、想定できない何かが彼らに起きたのだと思っています。

どうぞ、若い二人が山で無茶な行動をして遭難し、レンジャーを含め世間に迷惑をかけたとは思わないでください。治郎と淳也君は緻密な計算の上で、Mtフランシスの岩壁に取り付いていた、そしていつも生きて下山することを考えていた。山は好きだけど死ぬ場所ではない。愛妻家の治郎は、奥さんに早く会って、アラスカの山の素晴らしさを話したいと思っていたに違いありません。

彼らの尊く若い命が亡くなったことをお悔やみ申し上げます。

難波寛 / ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ



2011年6月2日 記

メモリアルサービスで使う、栗原の遺影写真が決まりました。
ユーコンで石塚体一が撮影したものです。
d0112928_1394196.jpg


明日のプログラムが決まりました。
以下に紹介させていただきます。


MEMORIAL SERVICE FOR JIRO KURIHARA 1977-2011
Rolston Recital Hall, Banff Centre, June 3rd, 2011

Program

1.Opening - Hiroshi Namba

2.Mokuto 「黙祷」 (Silent Prayer)
     * Observe a minute’s silence for Jiro

3.Slide Show – edited by Taichi Ishizuka (5min)
     * Remember Jiro in photos with some his friend’s comments.

4.Speakers
     *Rob Smith
     *Tadashi Fukada
     *Kris Irwin
     *Yuji Akiyama
     *Chris Neve

5.Jiro’s photo collections - edited by Taichi Ishizuka (5min)

6.Readings – Ryo Kawashima
     * Jiro’s favorite words and his own words.

7.Greetings – Jiro’s father, Mr.Kurihara

8.Closing Song – join Hiro Shinozaki and Taichi Ishizaka in singing Hey JUDE



RECEPTION
6:45 – 9:00 at Eric Harvie West Foyer
* Located uphill and WEST of Rolston Recital Hall




2011年5月28日 記

故栗原治郎のメモリアルサービス(お別れの会)の日取りが決まりました。
ここ数日で栗原の交友関係及びお客様にご連絡を差し上げておりましたが、私どもが知る以上のご友人が他にもいらっしゃると思います。

もし、連絡を受けていなく、メモリアルサービスへのご参加をご希望される場合は、どうぞ以下のメールアドレスか電話番号までご連絡をお願いします。
contact(アットマーク)yamnuskaguides.com
403-678-9404

会場の大きさに伴い、ある程度の参加人数の把握をしております。
どうぞよろしくお願いします。

Memorial Service For
JIRO KURIHARA - 1977-2011


At the Rolston Recital Hall, Banff Centre, Banff AB.

Friday June 3rd, 2011 at 5:30pm

Please join us in a celebration of the life of Jiro Kurihara

Jiro was a passionate and talented mountain man who loved
the outdoors and the Canadian Rockies. Born in Tokyo, 1977.
Died in Denali National Park, Alaska, 21st of May 2011

Dress code - Smart Casual
Donations may given by cheque to Jiro's wife, Junko Kurihara
at the registration

Arrangements being made by Hiroshi Namba, Michiko Okuyama
and many of Jiro's friends
contact@yamnuskaguides.com



2011年5月27日記

過去5年間、栗原治郎がご案内させていただきましたお客様から沢山の暖かいお言葉を頂戴しております。 彼が一期一会の精神で、いかに丁寧な仕事をしてきたか、改めて実感しております。
お客様からのお悔やみのお言葉はすべて栗原の奥さまとご両親にお伝えさえていただきます。
この場を借りてお礼申し上げます。

栗原治郎、ご親族へのメッセージは以下のメールアドレスへお送りください。
jiro.kurihara(アットマーク)yamnuskaguides.com

現在の状況を説明させていただきます。
ご遺体はアンカレッジまで無事に搬送されました。
検死も終わり、29日にはご遺族との面会が行われるようです。

尚、来週の末頃にはメモリアル・サービスを栗原の第二の故郷であるボウ・バレー(バンフ/キャンモア、アルバータ州、カナダ)で行う予定です。日時場所に関しては近々発表させていただきます。

難波
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ



2011年5月26日 記

お客様及び各メディアご担当者様

当社の山岳ガイド、栗原治郎についてご心配いただき有難うございます。
残念ながら、現時点ではデナリ国立公園の発表以上の事実関係は、確認できておりません。
以下に当社の気持ちを発表させていただきます。

Jiro Kurihara

All of us at Yamnuska Mountain Adventures and Yamnuska Mountain Tours are deeply saddened by the loss of our friend and colleague Jiro Kurihara after a climbing accident in Alaska on Mt Frances. Jiro was a passionate climber who loved the outdoors and our thoughts are with his family. He worked as a hiking guide and assistant rock guide for Yamnuska on his way through the mountain guiding certification process.

In addition to being a skilled climber he was a gifted photographer. His outgoing personality and big smile will be missed by every member of the climbing community and our focus is on supporting his family and co-workers through this difficult time.

Len Youden
General Manager
Yamnuska Mountain Adventures

Hiroshi Namba
Director
Yamnuska Mountain Tours

(英文訳)
ヤムナスカ・マウンテン・アドベンチャーとヤムナスカ・マウンテン・ツアーズに所属するスタッフ一同は、アラスカ・Mtフランシスで起きたクライミング・アクシデントにて、友人であり同僚である栗原治郎を失ったことに対して、深い悲しみを感じております。治郎はアウトドアが大好きで、特にクライミングに情熱を注いでいました。この場を借りて、ご遺族の方にご冥福をお祈り申し上げます。彼はさらなる上級アルパインガイド資格を進めながら、ハイキング、アシスタント・ロック・ガイドとして当社で働いていました。

さらに、彼は大変高い技術のクライマーでありながら、写真家としても素晴らしい才能を持っていました。ここにいるクライミング社会すべての人たちは彼の積極的な性格と大きな笑顔に接することができないさみしさを覚えるでしょう。私たちは彼の家族と同僚に対してサポートを続けることが急務だと考えています。

レン ヨーデン
ゼネラル・マネージャー
ヤムナスカ・マウンテン・アドベンチャーズ

難波 寛
ディレクター
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
by ymtours | 2011-05-27 07:54 | お知らせ | Comments(16)
Commented by Akemi at 2011-05-27 12:48 x
My deepest condolences. I remember him as a energetic young man with full of dreams. My thoughts are with his frends and family. 謹んでお悔やみ申し上げます。
Commented by arigatou at 2011-05-27 23:19 x
もう一度ロッキーに来たい!と思わせてくれる、素敵なガイドさんでした。もう案内してもらえないと思うと、本当に残念で寂しいです。でも、ヤムナスカには素晴らしいガイドさんがたくさんいます。彼の分まで、たくさんの魅力を伝え続けてください。今はそれしか言えません。いつかまた、栗原さんが楽しそうに説明してくれた岩の山々、見に行きたいです。
Commented by 鈴木謙介 at 2011-05-28 00:57 x
昨年のカナダは忘れない。同い年として、仲良く出来たことを本当に感謝します。山と、そして写真と、素敵な時間をありがとう。心よりご冥福をお祈り致します。治郎くん、ゆっくり休んでください。
Commented by 岩田薫(ヤムナスカ) at 2011-05-28 01:07 x
メッセージをいただき誠に有難うございます。
突然の訃報を知り、スタッフみな悲しみの気持ちでいっぱいです。特に公私ともにした山の仲間ですので、この気持ちが癒されるまでにはしばらく時間が掛かりそうです。栗原と一緒に過ごした日々を思い出しながら、この悲しみを少しずつ乗り越えていこうと思います。

弊社のメールにもお悔みのメールを多数いただき改めて栗原の存在の大きさを認識しております。この場を借りて皆様にお礼を申し上げます。

Commented by ありがとうございました at 2011-05-28 02:28 x
本当に素敵なガイドさんでした。山を愛されていましたね。
いつかまたそちらに行きたいと思います。
心よりご冥福をお祈り致します。
Commented by Maiko at 2011-05-28 11:50 x

栗原さんのご家族、仲間、カナダ、自然に対する想いは、実際栗原さんに会ったことも話したこともない私にでさえヤムナスカさんを通じてとても伝わってました。

そんな栗原さんがそれほど愛されていた自然のこと、山のこと、ヤムナスカさんのこと、これからもその素晴らしさを私たちに伝え続けてください。

突然のお別れは計り知れない悲しみです。
でも栗原さんの存在は事実であり、永遠であります。栗原さんは私にも大きな感動を与えてくださいました。
私はこれからの人生も栗原さんから与えられた感動を糧にして、歩んでいこうと思います。

ありがとう、栗原さん。ご冥福をお祈り致します。
Commented by 若月 歩 at 2011-05-30 11:05 x
2008年、栗原さんにレイクルイーズを案内していただきました。

自然のすばらしさ、雄大さを教えてくれた栗原さん。

その思い出は私たちにとって一生の財産であり、決して消えるものではありません。

今回、ニュースで知ったときには「信じられない」という思いと、言葉では表せないくらいに残念な気持ちでいっぱいでした。

まだまだ登りたい山が沢山あったことでしょう・・・。
本当に残念でなりません。

ご家族の皆様、ならびにご親族の皆様にはお悔やみ申しあげます。

そしてヤムナスカのガイドの皆様も今後たくさんの方々に自然のすばらしさをご案内してください。

本当にありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。
Commented by 岩田薫 at 2011-05-31 16:25 x
栗原へのメッセージをお送りいただき誠に有難うございます。
皆さまからいただいたメッセージは全て一つにして、栗原の家族へお渡ししようと思っております。
Commented by 大関 at 2011-06-01 10:40 x
2007年の秋に、まだガイドデビューしたばかりという栗原さんにレイクオハラを案内をしていただきました。
笑顔の素敵な若者で、岩の種類の説明をしていただいたことを思い出します。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by 三浦美穂子 at 2011-06-01 16:52 x
次郎君 アミスキーロッジ、レイクオハラでご一緒しましたね
元気で アミスキーロッジまで下の駐車場から三度も往復して荷物を運んで頂いたときはマアなんて元気なガイドさんだことと、思い出しております。料理上手で一流セェフのようでした。
足の骨のボルト取るときお帰りになりお会いしましたね。その後のご活躍ヤムナスカのホームページで見ておりました。正月はお母さまから昨年カナダでごいっしょに過ごされたと年賀状いただいておりました。お母さまも治朗君の活躍を見て安心なさっていたでしょうに。 26日の夕刊の記事を見てびっくりしました
なんで なんで にっこりした笑顔が忘れられません
ご冥福をお祈りいたします。 
Commented by 岩田薫 at 2011-06-02 17:00 x
皆さま とても暖かなメッセージをお送りいただき誠に有難うございます。皆様のブログ、メール、ツイッターでいただいた大切なメッセージは、確実に遺族の方へお送りします。
Commented by 大阪のおばちゃん 衣と松 at 2011-06-08 21:27 x
難波さん
JIROさんのガイドを受けたものなら、難波さんのご意見に心から共感します。自然に対しての畏敬を厳しくお持ちでした。車中でブラックベアーの家族に出合った時も、他の会社がバスから降りて写真を撮影されているのを見ても、絶対に車から出てはいけない・・・ここで見守りましょう。と厳しくきっぱり話してくださいました。自然と人間の距離を一定以上持つ必要をツアー中何度も聞きました。グラッシーレイクでも、無謀なクライマーを見て悲しみ、私たちへの距離への注意が続きました。ヤムナスカはこんな会社です・・・と難波さんへの尊敬と会社への誇りも印象的でした。そんなJIROさんに心から信頼を寄せたものです。お母様と同世代の私たちのツアーは、怪我したらあかんよ・・・と最後まで声をかけたものでした。星野道夫氏の写真から、デナリの話もヤムナスカの中腹で食事しながらしたのが、不思議な気がします。私たちも悔しいけど、JOROさんは何千倍も、悔しいと思います。今はまだ信じたくないけれど・・・ただただご冥福をお祈りするだけです。
Commented by 難波 at 2011-06-09 05:14 x
大阪のおばちゃん 衣と松様
治郎の一面を思い起こさせてくれるお話をご投稿いただきありがとうございます。はい、彼はいつもまじめに自然と向き合っていました。
Commented by キャンモア田中 at 2011-07-08 22:51 x
治郎へ

昨日は君の誕生日。
ツアーが終わってから Mt. Lady Mc に登り、治郎の好きだった白ワインで乾杯してきたよ。
登りの身体が妙に重くてかなりしんどかったのは、きっと治郎がザックの上から押さえつけていたのでは?(笑)

「この程度の登りで、ダサッ!」っていう声も聞こえたような。

明日は四十九日だね。今はどこにいるのかな? 
Commented by 新田 at 2011-10-19 18:14 x
昨年の10月にガイドをしていただいた新田と申します。
栗原さんの訃報を知り、今信じられない気持ちでいっぱいです。
偲ぶ会のこと何もできず不義理をしてしまいました。
申し訳ございません。
遅らばせながらコメントを書かせていただきます。

私ども夫婦に、カナダの魅力、山の魅力、そしてガイドという仕事の誇りを教えてくださった本当に素敵な方でした。
嘘であってほしいです。
ご冥福をお祈り申し上げます。

Commented by 岩田薫(ヤムナスカ) at 2011-10-21 01:16 x
>キャンモア田中様 返信遅れてしまい申し訳ございませんでした。栗原の誕生日の時は私たちも栗原のことを想っていました。いつまでもこの谷を見守ってほしいですね。

>新田様 コメントいただき誠に有難うございます。妻の純子さんへもこちらのメッセージを転送させていただきます。


<< STAFF TRAINING ... 栗原治郎に関するご報告 >>