シャドウレイクロッジ、氷河三昧とロッキーの箱庭の旅

ヤムナスカガイドの横堀です。
今回はタニモト様ファミリーをご案内させて頂きました。

初日はレイクルイーズ~レイクアグネスのハイキングで足慣らし。
この日は初端からサプライズな出来事が。
レイクルイーズの駐車場に車を着けるとなんとブラックベアーが!
「ヨーベアー」の掛け声と共にパークス(公園管理局)の職員が熊を発煙銃で威嚇。
間もなく熊は森の奥へ帰って行きました。「ヨーベアー」と叫ぶのは刷り込みの為。
一般人が登山中に「ヨーベアー」と叫べは、熊は遠くに逃げていく仕組みです。
車を出て、レイクルイーズ湖畔を歩いているとまたもや熊が!
今度はグリッズリーベアーが湖を泳いでいるではありませんか?!
d0112928_1044029.jpg


ちなみにこれはグリッズリーの前足の手形。でかいでしょ!!
d0112928_105474.jpg


アグネスレイクで一枚:
d0112928_106893.jpg


ティーハウスで休憩。奥の黒板に書かれているのはすべて紅茶のメニュー。
紅茶にうるさいイギリス人も絶賛していました。English Breakfastがお勧めです:
d0112928_1062033.jpg


二日目から2泊3日でシャドーレイクロッジへ行ってまいりました。
出発後いきなりサプライズ!ベリーをたらふく食べた熊のフンが:
d0112928_10453364.jpg


ロッジへのアクセスは馬とのShared Trail。Redeart Creek沿いのこのトレイルを
物資運搬の馬たちが通って行きました:
d0112928_10104921.jpg


到着後はアフタヌーンティーでお出迎え。
ロッジ正面の草原越しにマウントボールを眺め、ゆっくりとした時間が流れます。
d0112928_10175080.jpg


マウントボール:
d0112928_10191371.jpg

ディナーはローストビーフでした。ん~美味:
d0112928_1020596.jpg


翌日はアンフィシアターまでデイハイク。シャドーレイクへ注ぐ川をどんどん上り詰めると
そこには岩の壁に囲まれたアンフィシアター(野外劇場)がありました。
始めは小雨の中のハイキングでしたが、
到着した時には雲も上がって神秘的な岩の空間が見えましたね。
d0112928_10214274.jpg
d0112928_10215279.jpg



3日目、下山日です。この日はギボンパス、ツインレイクトレイル経由での下山日です。
タニモト様のファミリーはとっても健脚。ギボンパスのすぐ横の名の無いピークの登頂もしてきました!
頂上まであと少し:
d0112928_1022621.jpg


登頂:
d0112928_10221816.jpg


4日目はコロンビア大氷原周辺のハイキングです。
なぜならばタニモト様ファミリーは健脚なのでこの日は氷河ハイキング三昧。
午前中はパーカーリッジからサスカチュワン氷河を眺めました:
d0112928_10222991.jpg

d0112928_10224541.jpg


午後はアサバスカ氷河の末端へ。近づくにつれて色々な年号の書いた看板があります。
これらは過去に氷河の末端があった場所を表します。
このままの早さで後退を続ければアサバスカ氷河は50年以内に無くなると言われています。
地球温暖化、我々に出来ることは一体何なのか?考えさせられます:
d0112928_10433083.jpg


その後はアサバスカ氷河がきれいに見渡せるポイントを目指してウィルコックパスへハイキング:
d0112928_1024732.jpg


アサバスカ山も見えましたね:
d0112928_10255398.jpg


その後、靴だけがアサバスカ山を目指して歩き出しました:
d0112928_10262863.jpg


たそがれ:
d0112928_10265191.jpg


5日目はタニモトファミリー念願のレイクオハラ!
この日はAllsouls’アルパインルート経由でマッカーサーレイクを目指しました。
岩に囲まれたアルパインルート:
d0112928_10274568.jpg


アルパインルートの展望ポイント:
d0112928_1028637.jpg


その後マッカーサーレイクに近づくと、その素晴らしい「青」を絵に収めようと
カナディアンたちがキャンバスを広げていました:
d0112928_10294420.jpg


その青さの前では夫婦は新婚に帰り:
d0112928_10283646.jpg


一方娘は・・・一人昼寝をしておりました:
d0112928_10295767.jpg

と言うのは冗談で、みんなで昼寝タイムをとりゆっくりと
ロッキー最後の瞬間を満喫してきました。

「アー、帰りたくないねー」と湖を見ていると、
何も関係なさそうにリスがモゾモゾしています。これ食べられるかな?:
d0112928_1030943.jpg


皆それぞれの思いを胸に湖を後にしました:
d0112928_10322069.jpg



タニモト様、今回のロッキー三昧は如何でしたか?
短い間でしたが、私自身も大変楽しく過ごさせていただきました。
最終日には天気も良く、フィナーレを飾るには最高のハイキングでしたね!

ヘリハコプターで入山の山小屋縦走やテント泊等の山旅もありますので、
次回お越しの際にもヤムナスカへご連絡くださいね。
またのお越しをお待ちしております。

             ヤムナスカガイド  横堀
by ymtours | 2010-09-05 09:52 | カナダの山旅 | Comments(2)
Commented by タニモト at 2010-09-15 20:21 x
たいへんすばらしい旅でした。ありがとうございました。6日間のハイキングでしたが、もっともっと、この雄大な自然の中で過ごしたいと、心の底から思いました。こんな家族旅行は初めての経験でした。時間に追われる忙しすぎた生活を離れて、やっとつかんだ定年後のひと時。家族への感謝の旅でした。ヤムナスカの皆さんに感謝!!
Commented by 横堀 at 2010-09-18 00:39 x
ヤムナスカのご利用ありがとうございました。
ガイディングを通じて谷本様のご家族への感謝の旅のお手伝いが出来て光栄です! 是非ともまたカナダへおこし頂けるよう色々なプランンをご用意してお待ちしております!

横堀 勇


<< スコーキ・サーキット・トレイル4日間 スタンレーミッチェル小屋泊、ア... >>