スコーキ・サーキット・トレイル4日間

こんにちは、ヤムナスカ秋山です。
9月1日~4日の3泊4日で、スコーキエリアのバックパッキングをガイドさせていただきました。

今回のお客様は、神奈川からお越しの石井ご夫妻。現在ハリファックスにお住みの石井夫妻の息子夫婦様、そして大阪から参戦の森様の5名様。

な・ん・と、参加された女性3名のお名前が「アキコ」様で全員一緒!
どう呼び合うか?というのが一番の問題でしたが、お母さんをアキコさん、お嫁さんをアキさん、森さんをアッコさん、と呼ぶことに決定し、この難題を乗り切りました。

ちなみに、自分はそのままアキヤマでした。。
関係ないっすね。

バックパッキングのツアーは、山の奥深くに入るため、日帰りのハイキングのガイド資格ではなく、バックパッキング専用の資格が必要となるため、自分の知る限り現在ヤムナスカでしかツアーは行えません。まさに、ヤムナスカの真髄を見せることができるこのツアー、荷物はもちろん重いですが、充実度は120%。多くの方が初めてのバックパッキングを体験された後、虜になる。理由はこの充実度です。

スコーキ・サーキット・トレイルのツアーに付いては、こちらのサイトを、
スコーキ・サーキット・トレイルの詳細については、こちらの特設サイトを、ご参照下さい。


それでは、ツアーの様子を写真と一緒にどうぞ!
今回は、動画もアップしてみました。

d0112928_8303742.jpg

スタート地点。
このページの最後に、ツアー終了後の写真も載せました。さて、どれだけ疲れるのか?

d0112928_8352895.jpg

初日のキャンプサイトである、ヒドゥンレイクキャンプサイトに到着。皆で協力してテントを張ります。

d0112928_8364913.jpg

テントを貼り終えるとあいにくの雪。そうですロッキーは9月頭でも雪が降ります。
でもタープを張ってあるので、安心。



天候が回復したので、早速散策にでかけ、ビッグホーンシープの群れと遭遇。
これも野生動物が多く生息する、カナディアンロッキーの醍醐味です。


d0112928_8385763.jpg

散策の帰り道は、あえて違う道を。若干ブッシュがありましたが、これも楽しみの一つ

d0112928_8395228.jpg

ガイドの特製キャンプ料理。味はいかがでしたでしょうか?

d0112928_8402761.jpg

2日目の朝は一転快晴。素晴らしい朝焼けでした。

d0112928_8411269.jpg

レイクルイーズ方面の山々をバックに

d0112928_843334.jpg

一つめの峠ボルダーパスに到着。ターミガンレイクが静かにたたずむ

d0112928_8455798.jpg

二つめの峠、パッカーズ峠に向かう。
通常は、デセプション峠を抜けますが、なんせ我々は冒険好き!

d0112928_848548.jpg

峠の手前で記念撮影

d0112928_8493195.jpg

なぜこっちのコースを通るかというと、理由1美しい湖

d0112928_8501867.jpg

理由2、さらに美しい湖2


d0112928_8505952.jpg

理由3、天然のトンネル

d0112928_8512910.jpg

3日目の朝、6時半に集合し、早朝散策へ。やっぱり綺麗な朝焼け

d0112928_852327.jpg

マウント・リチャードソンに別れを告げ、我々は更に奥地に進みます

d0112928_8555055.jpg

森の中では雷鳥の一種に遭遇。飛び立つ瞬間をパシャリ

d0112928_8535273.jpg

レッドディアーレイクマイナーですが、素晴らしい景観です。

d0112928_8573395.jpg

コットンウッド峠では、ホースバックライディングツアーに遭遇。
トレイル上では、マウンテンバイク<ハイカー<馬、の順に道を譲るのがマナーです。


d0112928_8594794.jpg

いよいよ最終日。出発前の散策では、9月というのにお花畑を発見!

d0112928_93457.jpg

最後の峠をあがり、ベイカーレイクを見下ろす

d0112928_941377.jpg

冬眠をしないナキウサギも冬の準備に大忙し

d0112928_973931.jpg

遂にゴール!
皆様お疲れ様でした。
初日と比べても全く疲れていない様子。むしろ山からパワーをもらい素晴らしい表情をされています。

石井様、森様
このたびは、ヤムナスカのバックパッキングツアーにご参加いただきありがとうございました。
カナダの誇るグレート・セブン・トレイルズ、あとたったの6個です。
是非完全制覇目指して、またいらしてください!

ヤムナスカ
秋山 裕司
by ymtours | 2010-09-06 09:10 | カナダの山旅 | Comments(4)
Commented by モリアキコ。 at 2010-09-10 00:32 x
秋山さん、岩田さん、ヤムナスカの皆さん。
帰国して数日。。。今だに心だけそちらにいるような感覚です♪
今回、思い切って参加したバックパッキング。
出発前から期待はしていましたが、そんなのはるかに超える充実感。充実度120%なんて低い低い。。。
200%ぐらい、いやそれ以上(^。^)y
自然の中で過ごすことがこんなにも気持ちいいとは。
この感覚、ひさびさに思い出しました。。。
きーんと冷えた空気の中見た数え切れない星空、
少しずつ焼けてくる山々の朝焼け。
遠くにあるはずの山があんなに近くに感じたり。
冬支度中の動物達に出会えたり。。。
いろんな表情を持ったロッキーに今年も出会えました♪
秋山さんの笑いの絶えないガイディング、
初めてお会いしたとは思えない本当に仲のよい石井ファミリーと
過ごしたあっという間の4日間。全てが最高でした♪♪♪
完全にバックパッキングの虜となった今、
次はどこを歩こうかとすでにワクワクしています。
まさにGREATなグレート・セブン・トレイルズ。
あとたったの6トレイル(笑)もちろんぜーんぶ歩きますね!!
本当に素晴らしい時間、ありがとうございましたっヽ(^o^)丿
Commented by モリ母 at 2010-09-10 22:01 x
岩田様へ
お久しぶりです。またまた娘がお世話になり有難うございました。主人のナイフを大切にお預かりいただき本当に有難うございました。この場をお借りして厚くお礼申しあげます。早いものでもう一年がたつのですね。ロッキーでの夢のような日々がきのうのことのように思い出されます。旅行の写真を見せた友人がいたく感動して、厳選した600枚もの写真を友人のご主人がとても素敵なフォトムービーにしてくれましたので、アキコの留守中くやしまぎれに^m^毎日そのCDを見てロッキーをなつかしんでおりました。またぜひ行きたいと思っています。その節はよろしくお願いしますね。

秋山様
この度は娘が大変お世話になり有難うございました。このブログを見させていただき、毎年のロッキー病、娘の名前に問題ありということに気付かされました(^^ゞ元気をもらいにまた訪れるのだろうと思います。またよろしくお願いしますね。それにしても素敵なお声ですね♪
Commented by 岩田薫(ヤムナスカ) at 2010-09-11 08:26 x
モリ母様
お久しぶりです!コメントいただき有難うございます!
ご主人のナイフがお手元に届いたようで何よりです。日本酒もいただき有難うございました。スタッフみんなで大切にご馳走になります!
今回の山旅も楽しい思い出になったようですね。今も興奮冷めやらぬアキコさんのコメントをツイッターで目にしております(笑)。
アキコさんが今年もご両親へカナダへ行くことを伝えたとき、今回はすんなり認めてくれたことを話してくれました事が印象的でした。これも昨年、お越しいただいたから理解いただけたのですね。(逆に羨ましがっていたとか。。。)
ぜひまたご家族でお越しいただける日を楽しみにしおります!ご主人にもどうぞ宜しくお伝えください。
(今フォトムービー作りを勉強中とお聞きしました。今回のアキコさんの写真を題材に作成してみてはいかがですか?健闘をお祈りします!)
Commented by ymtours at 2010-09-12 15:14
森さん、こんにちは、
そして、森母さん始めまして。

無事に日本に到着されましたね!
ご一緒させていただいてからも、既に1週間が経過。早いですねー。
こちらは順調に冬に向かって突き進んでおり、山も更に白くなってきました(笑)
1年分の充電を無事にされたようで何よりです。来年も起こしいただけるように早目に、充電を使いきってください!

森母さん
昨年いらしてから、充電はまだ持っていますでしょうか?
次回もヤムナスカで充電してくださいね。

改めて、今回はありがとうございました。


<< ユーコン準州 オーロラ、ハイキ... シャドウレイクロッジ、氷河三昧... >>