7月14日~22日 エーデルワイスクラブの皆様と。

ヤムナスカガイド 深田 忠

 エーデルワイスクラブの皆様、今回は9日間私とお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。カナナスキス、エスプラナーデ、ジャスパー国立公園、バンフ国立公園とご案内いたしましたが、いかがだったでしょうか? その様子を私の撮った写真と共に報告いたします。

7月15日。
 初日は足慣らしも兼ねてカナナスキスにあるPtarmigan Cirque。 登山口がすでに2206m。登り始めて30分くらいで森林限界線近く、そこにはたくさんの黄色のカタクリが。
d0112928_1003928.jpg



 Cirqueとはカールまたは圏谷のこと。 その入り口あたりで最初の休憩。 後方はElk Range
d0112928_1023292.jpg

この後、2500m付近のモレーン(氷河の残した堆積土砂)まで行き残雪で少し遊ぶ。


7月16日。
 キャンモア町から車でゴールデン町まで移動。 ヘリコプターで一っ飛びするとエスプラナーデ連山中のビスタ小屋。 午後からTrandle Point(2428m)までハイキング。 ほとんどオフトレイル(登山道のないところ)でエスプラナーデならではの歩きを楽しむ。


7月17日。
 さて今日からは小屋から小屋への縦走開始。 ビスタ小屋からメドウ小屋へ。 去年より残雪は多く、所々雪上を歩く。
d0112928_1032845.jpg



 急な斜面を上がると、ベンチ(棚状の地形)に出る。 そこここに残雪が残る。 小さな池が後方にあるが、これもほとんど凍っている。
d0112928_1042239.jpg



 やっとエスプラナーデの名の由来である広ーい尾根(2400m付近)に出る。 ここでほっと一息。 後方右はJalibi Peak。
d0112928_1052253.jpg



 ここからの展望はすばらしく、東を望めばものすごい広がりでカナディアンロッキーを見渡せる。
d0112928_1352522.jpg



 その後少し南下し、いったん下って登り返せば再び広い尾根へ。 昼食後、広尾根に荷物を置いて今回最初のピーク、ワカビへ向かう。 頂上付近は次第に狭くなっていく。 写真内上にはガイドパートナーのオリビアさんが皆さんを見守っている。
d0112928_1363653.jpg



 そしてワカビ頂上直下の核心部。
d0112928_1373891.jpg



 広尾根を慎重に下りて透明感のある青い湖、Electric Blue Lakeへ。 ここでは皆さん靴を脱いで足浴。 オリビアさんはさすがカナダ人、全身浴。
d0112928_1342277.jpg



7月18日
 メドウ小屋からサンライズ小屋。 この日も天気に恵まれ、快調なスタート。 Boulder Lakeから谷川沿いを詰め、Nuclear Lakeへ、その西側を巻いて、広尾根に上がる斜面にぶつかる。 ここからは雪上と岩をうまくつないで上に出るルートを探る。 皆さんの確かな足取りのおかげで無事広尾根に出る。
d0112928_13433885.jpg



 Selkirk山脈のコメディー氷河をバックに歩く。
d0112928_13442375.jpg



 広尾根を快調に進むエーデルワイスクラブの皆さん。 今回最高峰のCupola(2632m)が近づいてくる。 後方にはSelkirk山脈でも指折りの高峰、Mount Sir Sandford(3520m)が見える。
d0112928_1345966.jpg



 荷物をデポして身軽にCupolaをめざす。
d0112928_14134872.jpg



 さあよいよCupolaのミニ双耳峰が目の前に。
d0112928_14142793.jpg



 双耳の間にしばし待機。頂上は狭いため5人づつの登頂。
d0112928_1415217.jpg



 少しルートを変えて下山。 遠くには秀麗なIconoclast山が見える。
d0112928_1416179.jpg



 またまた次の広尾根をめざしてどんどん下る。
d0112928_14163531.jpg



 Cupola登頂後も皆さんの調子は上々と見たはオリビアは、今日第2のピークCorn(2440m)へとリードする。
d0112928_23455741.jpg



 ピークを過ぎた後は緩やかな尾根を下る。 ようやくエスプラナーデ最後のハット、サンライズ小屋も見えてきた。(写真右奥の小さな赤い点)
d0112928_2347355.jpg



 シリセードで遊ぶ。
d0112928_23474457.jpg



7月19日
 午前中はサンライズのビュウポイントへ。 たくさんのカタクリ、ウェスターンアネモネのお花畑を楽しむ。 午後はヘリコプターでエスプラナーデ山域を出て、コロンビア大氷原地区へ移動。


7月20日
 今日は氷河、氷原の大迫力を楽しむ。 Wilcox Meadowで。
d0112928_23483757.jpg



7月21日
 ハイキング最終日はのんびり散策。モレーン湖でゆっくり楽しんだ後、木陰でランチ。
d0112928_23492066.jpg



 ルイーズ湖奥のベンチで。
d0112928_23495653.jpg




 皆さんの団結力そして明るさのおかげで今回の山行を安全にそして楽しく終えることができたと思います。 今後のエーデルワイスクラブの活動が更なる発展を遂げますように。 そして次のカナディアンロッキーへのお越しを心よりお待ちしております。
                   ヤムナスカガイド 深田忠
by ymtours | 2010-07-23 10:44 | カナダの山旅 | Comments(3)
Commented by E.M at 2010-07-25 05:04 x
深田さん お早うございます!
アップが早くてびっくりしています。一番乗りですね。

カナダでは本当にお世話になりました(*^_^*)
いつも笑顔&博識の深田さんとご一緒できた今回の旅はとてもよい思い出になりました。すこしずつですが、深田さんに教えていただいたことを整理して植物のことなど勉強してみたいと思っています。

日本は恐ろしいほどの暑さです。これから3匹の犬の散歩ですが、山歩きより辛いです(笑)
カナダの涼しさが懐かしいです。

また是非訪れてみたいと思っています。

深田さんをはじめ色々と取りはからって下さったスタッフの皆様ほんとうにありがとうございました!
Commented by youko at 2010-07-25 20:02 x
念願のカナダでのハイキングが出来とても感激しました。
深田さんの勉強ぶりには頭が下がりましたし、誠実なお人柄が伝わり安心して毎日を送ることが出来、カナダの雄大さを満喫することが出来ました。
またロッキーやユーコンでのトレッキングが実現したら幸せだなと思います。
深田さんはじめスタッフの皆様ありがとうございました。
Commented by 深田忠 at 2010-07-27 00:26 x
Mさん、Youkoさん 喜んでいただいて大変うれしいです。 皆さんが帰られた後もロッキーは夏日が続いています。 といっても30度は超えていません。 私は少し休息をとった後、キャンプへ出かけようと思っています。 皆さんも次はキャンプ縦走もいいのではないですか? それに対応できるベテランガイドもそろえておりますよ。 では。


<< 7/14-18 アシニボインの... Lake O'hara... >>