アプルス御一行様 アシニボインの旅

▽今回泊まったキャビンにて
d0112928_158878.jpg

こんにちは栗原です。今回は山形の生涯スポーツ振興会『APLS』の皆さまとアシニボインの小屋に3泊4日しながら周囲を歩きつくしてきました。カナディアンロッキーでは次第に唐松が黄葉し始め秋の気配色濃くなってきていますが、アシニボインもまたそんな季節の移ろいを見せてくれました。

9/13 Wonder Pass & Marvel Lake Viewpoint
連日快晴が続いていますが、この日も申し分ない快晴。まずはヘリコプターでアシニボインエリアへ。ヘリからはアシニボインの南東壁、Marvel Lake、Mt.Eonなど小屋周辺からは見ることのできない"アシニボインの南”を垣間見ることができました。

▽Marvel LakeとMt. Assiniboine
d0112928_1593881.jpg

そして早速ハイキングへ出発。まずは小屋からほど近いWonder Pass(2395m)へ。色付き始めた唐松の林が見事でした。そしてパスからさらに南へ下りMarvel Lakeの展望台へ。アシニボインのまた違った形を見ることもできました。

▽Wonder Passの唐松林
d0112928_203921.jpg

▽Marvel Lake Viewpoint にて
d0112928_211329.jpg

そして夕食はヤムナスカ名物の"スモークサーモンちらし"。2年前に建てられたばかりのキッチン小屋は水、コンロ完備。快適に食事をとることができます。
d0112928_214796.jpg


▽そしてこんな夕焼け
d0112928_28103.jpg


9/14 Nub Peak登頂
二日目は高所から眺めるアシニボイン。2743mのNub Peakへ登頂しました。4つの湖を眼下にしながら暖かい日差しのなか3時間ほどでピークへ。広い山頂ではライチョウのお出迎え。北はレイクルイーズ周辺の山々まで眺望することができました。皆さんのんびりとランチを食べ、昼寝をし、ゆっくりと頂を満喫。そしてアシニボインロッジまで下り、乾いた喉を潤すのでした。

▽Nub Peakまでの道のり
d0112928_225846.jpg

d0112928_232564.jpg

▽山頂にてライチョウのお出迎え
d0112928_241448.jpg

▽ランチタイム
d0112928_243578.jpg

▽ロッジにて喉を潤す男衆
d0112928_29288.jpg


9/15 湖を巡るハイキング

二日間は高いところから雄大な景色を眺めたので、今日は12kmほどのハイキングで湖をひとつひとつ巡ってみました。まずはLake Magog。アシニボインの映り込みと川原のような湖畔が特徴。誰かが作った石の椅子でしばしアシニボインビューを堪能。
d0112928_253999.jpg

d0112928_26852.jpg

次はSunburst Lake。Sunburst Peakの岩壁とアシニボインが映り込みます。
d0112928_263686.jpg

次はCerulean Lake。セルリアン(青空色)とだけあってとても美しい色。水は飛び込みたくなるような澄んだ色をしています。
d0112928_27336.jpg

そして前日に稜線から鮮やかな色を見せてくれたElizabeth Lake。唐松と湖の色の組み合わせがまた良いです。
d0112928_273145.jpg

▽そしてまた夕焼け
d0112928_2104565.jpg

あまり気温も下がらず快適な夜。ため息が出るほどの無限の星の煌きもまた楽しむことができました。

9/16 最終日
あっと言う間の最終日。ヘリの時間までの数時間でWonder Passの手前まで歩きました。この三日間でさらに黄葉が進み、唐松林は一段と色づいていました。そんな黄色い回廊を余韻を楽しむようにゆっくりと歩き、名残惜しいアシニボインエリアを後にしました。
▽さらに色付く唐松林
d0112928_2101473.jpg


完全な快晴、人けのない山、快適な気温そして素晴らしく息の合ったグループ。秋の山をのんびりと楽しむことができたかと思います。カナダの山の良さが沢山詰まったアシニボインですが、せかせかしないバケーションハイキングを楽しめる場所がカナダには沢山あります。次回はエスプラナーデでまたご一緒できたらうれしい限りです。

栗原治郎
by ymtours | 2009-09-18 02:10 | カナダの山旅 | Comments(6)
Commented by 井上誠一 at 2009-09-19 18:21 x
昨日、日本時18日22時近く帰宅しました。明けて今日はまだ山旅の余韻に浸っています・・。
それにしても、アシニボインエリアがあんなに素晴らしいとは。正直荒涼とした岩塊の連なりのみを想像していたのですが違いました。
太古からの気の遠くなるような時間と、今も動き続けている息遣いを感じさせるような雄大で美しい山容にただうっとり。
寄り添っているラーチの原生林もまた美しい。
こうしたところは、やはりゆったりと歩きながら、五感を研ぎ澄まして楽しむのが最上ですね。
初めてのロッキーハイキングは、これまでやってきた登山とはまた違った切り口の楽しみ方を教えてくれました。
栗原さん。丁寧な説明をしながらの案内、ほんとうにありがとうございました。
来年はエスプラナーデハイキングを実現したいですね!
Commented by 栗原治郎 at 2009-09-19 22:43 x
井上さん、そして一緒に歩いた皆様、長時間の移動お疲れ様でした。アシニボインとその自然を満喫されたようでこちらもうれしい限りです。この勢い(?)で来年のエスプラナーデも是非とも実現させましょう!スタッフ一同心よりお待ちしてます。
さてこれからは日本の秋ですね。カナダモードでゆったりと楽しんでくださいね。
Commented by 吉田 芙美子 at 2010-01-01 16:59 x
2010年 あけましておめでとうございます!
ご無沙汰しておりま〜す!お元気でいらっしゃいますか?
去年は、一緒にカナディアンロッキーを堪能できてうれしかったです。今年もまた是非トライして楽しい時間を持てればと思います。今年も皆様にとっていい充実した一年でありますようにお祈り申し上げます。
たまに近況をこちらにお知らせください!yamakei1116@yahoo.co.jp パソコンが苦手なので、返信に時間がかかるかとおもいますが、その辺は愛嬌で!
Commented by 栗原治郎 at 2010-01-08 11:26 x
あけましておめでとうございます。
今年もまた一緒に山を歩けたらうれしい限りです。ぜひともおいでください。心よりお待ちしてますので。

日本海側は雪がどんどん深くなってきている頃でしょうか?こちらロッキーの東は程よい寒気と深くなりつつある雪でスキーもアイスクライミングも旬な感じです。ただ自分は年末から風邪を持ち越してしまいここ一週間はずっと自宅待機。パーティーとその合間のクライミングでやられてしまったようです。そろそろ復活できそうなのでゆっくりと始めて行きたいと思ってます。お体にお気をつけて冬を楽しんでくださいね。それでは今度はメールにて。
Commented by 吉田芙美子 at 2010-02-18 22:27 x
カナダでスキーすることを夢見て山形県ZAOで、練習を始めました!今年の秋にはオーロラツアー参加が決定し、今から楽しみにしています。またお世話になります。よろしくお願いいたします。
Commented by 栗原治郎 at 2010-02-19 01:13 x
ということはユーコンの次はロッキーでスキーですね!秋のユーコンでお会いしましょう。そしてその後の計画も練りましょうね。怪我のないよう練習してください。


<< プライベートハイキング3日間(... 9/14発 プライベートハイキ... >>