エスプラナーデ縦走 8/13-8/17

皆さん、もうしつこい??ヒロです(笑)毎度お馴染み過ぎです。今回は秋山様2名、米田様2名(今回でヤムナスカとのハイキングは2回目)イギリスのアリスとトム、オーストラリアのキムとアンディーで合計8名でBC州はエスプラナーデ山脈へ向かいました。出発当日は強い雨のためヘリコプターが離陸できず待機、、。しかし奇跡的に雲に裂け目が出来てその一瞬を見逃さずに入山しました。そして山小屋へ到着するとそこは真っ白の銀世界!!真夏なのにもかかわらず山中では雪が降っていました。地面の温度が高いためにすぐに解けてしまいましたが、いいもの見ること出来ました。また一気に気温が下がったために虫が少なく最高のコンディションでした。その様子をどうぞ。
d0112928_11112819.jpg
静かにたたずむ山小屋。とても雰囲気の良い小屋です。
d0112928_11212990.jpg
遠くに見えている山脈がカナディアンロッキー。ロッキーとコロンビア山脈の間にある大きな溝(トレンチ)に雲のカーペットが見れました。
d0112928_1142326.jpg
尾根に上がると昨日に積もった雪が残っていました。
d0112928_1149091.jpg
ハイキングから帰ると午後のおやつの準備が出来ています。今回のシェフは経験豊富なデボラ。最高です。
d0112928_11573930.jpg
エスプラナーデ山脈最高峰カポーラ山2632mにみんなさん無事に登頂!
d0112928_1214283.jpg
今回はベテランガイドのアリソンと私2人でガイドを担当しました。余裕のあるガイディング、さすがアリソン。
d0112928_1241757.jpg
夕食後はギター、歌、ダンスとみんなで盛り上がりました。私たちも日本語の歌で頑張りましたね!
d0112928_1253172.jpg
最終日はヘリコプターを待っている間に簡単に散歩。パノラマリッジからはコロンビア大氷原が見えるなど、最後の締めくくりにはふさわしい場所でした!

ハイキングは大成功。そしてこういったスタイルの山旅では、他の参加者たちとの交流がとても大切なものです。私自身、ガイディングはもちろんのこと、食事中の会話や、その他いろいろな場面でも皆様がうまくコミュニケーションがとれるように努力しました。そして皆様にとって掛け替えのない経験になった事と信じております。今回はエスプラナーデ縦走に参加いただき本当にありがとうございました。

                                       篠崎 洋昭
by ymtours | 2009-08-23 12:17 | カナダの山旅 | Comments(2)
Commented by Sa. Yoneda at 2009-08-30 15:53 x
篠崎様、大変お世話になりました。有難うございました。

今回は、愉快なメンバーと美味しかった料理(ホウレン草とチーズの、キッシュの様なグラタンの様な料理、そう、この写真の中の果物の山の奥にある、白いポットの中身。あれ最高でした。レシピを聞いておくべきだったと後悔しています)の印象があまりに強烈で、山を歩きに行ったのだ! ということを忘れてしまいそうでしたが、ブログの写真や、夫が整理し終えた写真を眺めながら、今、じんわりと、山本来の姿を思い返しているところです。一度は入山を諦めた後の飛行で、ヘリから見たエスプラナーデは雪化粧のオマケ付きで感動でした。
Commented by Hiro at 2009-09-01 15:44 x
コメントありがとうございます!今回のエスプラナーデ縦走の旅、本当に良いメンバーに恵まれした!本当に素晴らしい旅になりましたね。料理も本当に美味しかった、、。デボラさんに感謝です。そうでした。一度諦めた入山、到着時の山々の雪化粧、冷水に飛び込む私、、、、いろいろありました。エスプラナーデの特徴は、もちろん最高の尾根歩き、咲き乱れる高山植物などいろいろありますが、他の参加者たちとの交流も重要な要素ですね。私自身も本当に良いメンバーにめぐり合えて感謝です!
この度はご参加いただき誠にありがとうございました。


<< 撮影山行 in アシニボイン&... マウントロブソン バックパッキ... >>