8/3発 グレートディバイド・トレッキング5日間

グレートディバイド前半戦はガイド、篠崎がご案内させて頂きました。曇り模様の中を色鮮やかな雨具に身をまといハイキングです。
d0112928_2153832.jpg
雰囲気の良いシャドーレイクロッジ。スタッフもとてもフレンドリーで気持ちの良い滞在を約束してくれます。
d0112928_2213893.jpg
初日はシャドウレイク湖畔をハイキング。マウントボール頂上を雲が覆います。雲裂け目から見える滝は圧巻でした。
d0112928_238281.jpg
朝食、夕食は他のお客様たちと同じテーブルを囲みます。皆様との楽しい会話も旅の思い出の一つですね。
d0112928_2443072.jpg
2日目のギボンパス。峠周辺の岩場には沢山のマーモットがいました!おそらく20匹以上はいたでしょう。
d0112928_2493476.jpg
満開のインディアンペイントブラッシュと一緒に一枚!
3日間曇りがちでしたが、ハイキング中は雨に降られず楽しいものになりました。明日からはガイド、岩田にバトンタッチです!

d0112928_14471645.jpg

岐阜からお越しの平井ファミリー3名様。シャドーレイクとMt.ボールを望む。

今回のルートはバンフのクラシカルルートの一つとして知られている通称"Bow Valley High Line Trail" シャドーレイクロッジ(3泊)⇒エジプトレイクシェルター(1泊)⇒サンシャインメドウを歩きます。

前半は篠崎がシャドーレイクロッジ周辺をガイドして後半は私、岩田がバトンタッチ。久々の「脱オフィス」という事もあってとても楽しくご案内させていただきました!

実は少し心配事もありました。それは私が担当する3日間の天気があまり思わしくないということ、、、今回は濡れる事も覚悟で臨んでいました。しかし、天気は私達に味方してくれてトレッキング中は見事に雨の予報がはずれて晴天の中でのトレッキングとなりました!
d0112928_14544630.jpg
早朝シャドーレイクへ。キンキンに冷えた空気と澄んだ空は晴天を確信しました!
d0112928_1563879.jpg
ウィスリングパスまでは2箇所の急登がありました。よく頑張りましたね!

日照時間が長いのを最大限に利用してのんびり休んだり、花々を眺めたり、動物を探したりと、とても有意義な時間を過ごす事ができました。ウィスリングパスでは、ご主人の幾たびの口笛がマーモットに届き、鳴き返してきたのは驚きでした!
d0112928_15191847.jpg
花もちょうど最盛期でした!高原を彩るインディアンペイントブラシ。

d0112928_1525135.jpg

初夏に咲くアネモネのもう一つの姿。

平井様は、日本からカナダに到着後、バンクーバーからは列車を使ってカナディアンロッキーに入りました。これはロッキーが観光地としてヨーロッパから注目されるようになった頃のクラシカルな旅のスタイルで、初めてのカナダを色々な角度からお楽しみいただけたのではないでしょうか?羨ましい限りです。
d0112928_15455274.jpg
ウィスリングパスに到着。今まで歩いた道を確認しながら達成感に浸りました。
d0112928_15495754.jpg
エジプトレイクシェルターを出発。名残惜しい最終日。
d0112928_15573539.jpg
花の大群落を歩く!遠方からでも紫色のじゅうたんを確認できるほどでした。
d0112928_1691578.jpg
充実感いっぱいでゴール!トレッキング無事に終了!お疲れ様でした!

今回は天気にも恵まれて、カナディアンロッキーの大自然を満喫された5日間だったと思います。ぜひ次回も素晴らしい山旅を提案させてください。そして今度はご家族4人でのお越しを楽しみにしております!この度は誠に有難うございました!

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

【関連リンク】
グレートディバイド・トレッキングシリーズ第1弾


にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
by ymtours | 2009-08-12 16:13 | カナダの山旅 | Comments(0)


<< 8/1発 ワプタ氷原アイスハイ... 夏のラーチバレー 4menハイキング >>